世界の事を考えてみた

「お気に入り登録」「傑作投票」「コメント」をして頂けると幸いです。

全体表示

[ リスト ]

コンサル時代の上司で過去に食品会社を起業したパートナーがいました。彼から聞いた話なのですが、食品業界には万有引力のような普遍の法則があるそうです。

それは、「生>チルド・冷蔵>冷凍」という順番で食品の美味さは決まるというものです。


確かに、スーパーに行ってみてみると「生」と書かれたものが「冷凍物」よりも相当高値で売られています。また、冷凍した刺身よりも生の刺身のほうが美味いと確かに感じます。

ところが、そのパートナーが言うには、「この普遍の法則に逆らう食品が一つだけある」のだそうです。それは、加ト吉の冷凍ウドンなのです!

ウドンだけは、生のウドンよりも加ト吉の冷凍ウドンのほうが美味いのだそうです。


言われて試してみましたが、確かにこれは美味い!今まで美味しいうどんを食べたいときは「生うどん」を選んでいましたが、今や必ず加ト吉の冷凍うどんです。

更に彼が言うには、うどん通と言われている人たちにとっても、加ト吉の冷凍うどんは悩みの種だそうです。相当のうどん好きの彼らでも、結構名前が知られているうどん屋さんのうどんと、加ト吉のうどんを食べ比べると「加ト吉」のほうが美味いと判断してしまうのです。

これは蕎麦ではありえない現象ですよね。手打ちの蕎麦よりも美味しい店で売っている蕎麦なんてありませんし、まして冷凍の蕎麦なんて手打ちの足元にも及びません。

しかし、うどんだけは、加ト吉だけは違うのです・・・。皆様も騙されたと思って一度試してみてください。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事