ここから本文です
毎日お暑うございます.....!

書庫全体表示

MA考察12

イメージ 1

MA考察12回目。

今回は本当に久しぶりの「機動戦士ガンダム」、つまり「1stガンダム」よりの出展!

宇宙に咲いたチューリップこと、「エルメス」!です。またの名を「とんがり帽子」!

もう、今更説明する事もないくらい、有名なMAな気がしますが....(汗)

無人攻撃機「ビット」を多数搭載した、ガンダム史上初の「ニュータイプ専用機」でした。
いやぁ本当に強かった!

その強さは「シャア」をもってしても成し得なかった「サラミス級戦艦」を一日に4隻撃破!
うーむ...凄まじい!しかもそれが、まだ戦場に出たての一兵士がですからね......。


イメージ 2

搭乗者は「フラナガン機関」の秘蔵っ子「ララァ・スン」 もう有名すぎるくらい有名ですね!

「シャア」により類い稀なるニュータイプ能力を見いだされ、ニュータイプ研究所「フラナガン機関」で更なる能力開発を極秘裏に行われた後、いざ戦場へ送り出されると、その戦果は先に記した通り!

そのニュータイプ能力の前ではあの「キシリア・ザビ」も一目置き、「シャア」にいたっては完全なる敗北宣言......。「アムロ」にも追い抜かれ、「ララァ」にも及ばず...「シャア」の道は苦難の道のりでしたね(笑)


イメージ 3

武装に関しては.....「メガ粒子砲×2」、「ビット×12」

実にシンプルですが、そもそも近接格闘に主眼をおいたMAではありませんので、まぁこの程度で十分なのでしょう!

しかしこの「ビット」という兵器、資料をみてみると「モノアイ」がついていて、攻撃対象の映像をパイロットに「サイコミュ」にて伝達するとのこと......マジすか?!(笑)

ただでさえ「機体本体の制御」「ビットの遠隔操作」など、「サイコミュ」を通してやらなきゃならない事が多いっていうのに.....忙しいなぁ...ララァちゃん(笑)

それから2基装備しているメガ粒子砲、殆ど飾りで有効活用しているようには見えませんでしたが、まぁ確かに近接武器が何も無いと、敵に近寄られた場合、ちょっと怖すぎですもんね(苦笑)

精神衛生上、何かあるだけで大分違うのでしょう...。

イメージ 4

さて、毎度恒例の開発経緯。

当初は「ニュータイプ専用機」という名目で一年戦争末期に「ブラウ・ブロ」が開発されました。

しかし「ニュータイプ専用機」というのは名ばかりで、実は普通に一般兵士でも乗れるMAでしたが、この設計思想をさらに進めて、「本当の意味のニュータイプ専用機」を作ってみようと開発されたのがこの「エルメス」という事でした。

コクピット内部も他のMA・MAと大きく違い、コンソール類が少しあるだけで、本当に必要最低限の機器のみになっています。

常に念じていればOKという感じでしょうか?(笑)

イメージ 5

アニメ映像の中では「ララァ・スン少尉」が搭乗しただけでしたが、設定を紐解いてみると実はこの「エルメス」、3機が製造されたとの事。

1号機には「ニュータイプ能力」が未熟なパイロットが搭乗したため、自ら操作する「ビット」に攻撃を受けて爆破したらしいです.....こわっ(汗)

そして2号機がこの「ララァ・スン少尉」、そして3号機は「クスコ・アル少尉」という「ララァ」同様の女性ニュータイプパイロットが搭乗しました。

この「クスコ・アル少尉」、富野監督が書き下ろした「小説版 機動戦士ガンダム」の中で登場しますが「ララァ」と違い、結構快活な印象のキャラクターだったような気がします!

最近ではゲームなどの媒体にも色々登場しているようですね。

イメージ 6

劇中ではソロモン陥落後に登場しました。当初は「ソロモンの亡霊」と噂され、連邦軍を恐怖のどん底に突き落としましたが、その正体が発覚した後は「とんがり帽子」、「ビット」は「フロク(付録)」と呼ばれていました。

ちなみに命名したのは「ミライ」さん。観測データを初めてみた時に「チューリップだか尖んがり帽子みたいなの」という台詞があり、その後は皆、そう呼ぶようになったようです。

当初の「ソロモンの亡霊」というミステリアスなネーミングから一気に弱そうなコードネーム...。
「ソロモンの亡霊」のままの方が強そうですね!
是非「ソロモンの悪夢」こと「アナベル・ガトー」とご同行して欲しいものです。

イメージ 7

最後はその後の「ガンダムシリーズ」では半ば恒例となりつつある、仲間をかばっての戦死!です。

今更説明は無くても良いか?と思うくらい有名なシーンですが、上官であり想い人でもある「シャア大佐」の駆る「ゲルググ」を庇う形で、ガンダムにコクピットを貫かれてしまいます。

キャァアアアアア.....という絶叫とともに天に召されてしまいました.....。

しかし劇中での「大佐、どいてください!邪魔です!!」という「ララァ」の台詞、ほんと「キシリア」様曰く「赤い彗星も地に堕ちたな...」という言葉通り、正直この「アムロ」と「ララァ」の戦いの中では既にお荷物的な存在になってしまいましたね......大佐...。

これがMA「エルメス」の最後でした。映像では第39、40、41話と3話だけの登場でしたが、非常に強い印象を残した兵器でした。

イメージ 8

この「エルメス」もご多分に漏れず、当時は当然のように「ガンプラ」として発売されましたが、ここで「ある事件」が起こりました。

そう、私ダロタも例外無く「ガンプラブーム」の洗礼を受けていましたので、玩具屋に行き「エルメス」を購入しようとしましたが、何故か「エルメス」と書いた製品が見つかりません。

しかし、よーく見るとその代わりに「ララァ・スン専用モビルアーマー」と表記されたプラモデルが!

当時は何故?「エルメス」と書かずにこのような表記になったのか.....大人の事情がわかるまでそれから数年の月日が必要でした(笑)

でも、今になって考えると.....本家本元、同名ブランドの「HERMES」さん....別にいいじゃない....?って思うのは私だけですかね....。なんかこんな事くらいで揺らぐようなブランドじゃあ無いじゃないですか!と言いたいです...。そんなに当時の「子供向けアニメ」のイメージは嫌でしたか...?!

逆に快諾して「懐の深さ」を見せて欲しいものですね......! そう考えると「サザビー」は大丈夫なようなので、バッグを買うときには私ダロタには印象の良い「SAZABY」製品を購入したいものです!


イメージ 9

話が大分逸れてしまいました(汗)

最後に....今こうして見ると、この全体的に有機的なデザイン、その後の「キュベレイ」などに受け継がれているのが非常に良くわかりますね。(キュベレイ自体がエルメスIIという設定だったはず....?)

後年のガンダムシリーズに数多く登場する有機的なデザインは、ここから始まったのでは無いでしょうか...?

さて、今回もダラダラと長く書き綴ってしまった考察でしたが、「エルメス」、如何でしたか?

「1st」関係は資料が多く非常に書きやすいです! ではまた次回!

  • 顔アイコン

    改めてみるとエルメス、ムチャクチャデカイですね!?
    コックピットも広くて快適そうですw
    デザインもシンプル、一体成型で金型も少なく済みそうなんでバンダイさんはエルメスのプラモで相当もうかったんじゃないでしょうか(笑)

    [ フンデミーネ ]

    2010/1/17(日) 午後 5:38

  • 顔アイコン

    安室専用エルメスってなんなんでしょうね。
    だって元のエルメスが 「ララァ・スン専用MA」 なのに・・・
    ロンブーとの報道にはがっかりしましたよ。

    [ 無九 ]

    2010/1/17(日) 午後 6:28

  • 顔アイコン

    リアル・マッコイさん!まいどです!コメありがとうございます。
    そんな私もリアルタイムで「ララァ専用MA」のガンプラを購入した口です.....w
    途中からパッケージの「エルメス」表記が消えたっけww

    [ ダロタ注意 ]

    2010/1/18(月) 午後 4:42

  • 顔アイコン

    agogakusyaさん!まいどです!いつもコメありがとうございます!
    確かに!!.......という事は「安室専用「ララァ・スン専用MA」」になるのでしょうか.....?!

    [ ダロタ注意 ]

    2010/1/18(月) 午後 4:44

  • 全然関係ないですが
    画像すごいですね☆
    自分で編集して作るのですか??

    ララァの機体、エルメスってゆうんですね。
    一度、1stガンダムは、見たのに私の記憶力といったら!^^;
    ポチ☆します^^

    あられ

    2010/1/23(土) 午前 0:23

  • 顔アイコン

    あられさん!まいどです〜!コメありがとうございます!
    画像は映像からキャプチャーして編集してますよ〜。本業がそっち系なんで....。ポチありがとうございます!

    [ ダロタ注意 ]

    2010/1/23(土) 午前 0:36

  • そうなんですか〜〜〜???^^
    いいな〜〜〜☆
    私も画像編集の達人になりたい!!!
    でもド素人です(TOT)

    あられ

    2010/1/25(月) 午後 7:21

  • 顔アイコン

    あられさん!まいどぉ!コメありがとうございます!
    いやいや....達人だなんて....w そんなに難しい事やってないんですよ!(汗)実は....!

    [ ダロタ注意 ]

    2010/1/25(月) 午後 11:50

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事