ここから本文です
毎日お暑うございます.....!

書庫全体表示

記事検索
検索

全208ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

どうも〜!毎度お世話になっております、ダロタ注意です!

本日の関東地方はもの凄く湿度が上がり、非常に肌触りの悪い一日となりました...。

何やら関西方面ではもの凄い豪雨の地方もあるとか...。

幸い東京ではほんの少しパラリと降っただけで何とか持ちこたえましたが、いつどのタイミングで急な雨に出くわすかもしれませんので、常に傘は手放せないところですね....。


さて、本日のタイトルは少し気になる書き方をさせて頂きました。


「当ブログの存続について。」


実は最近、自分のブログを最初の頃の記事から見直すタイミングがありました。

ご存知の方も多いとは思いますが初期の頃は「MS考察」を軸に書き始め、その後「Gグッズ」や「作品考察」、「G-BOOK」や「G-ヨロズ談義」など、結構幅広い視点から色々記事を書いていたのですが、ここ最近はかなり様子が変わりました...。

それなりに読んで楽しんで頂けていた方には少し申し訳ないのですが、ズバリ言いまして...。


「完全にマンネリ&つまらない!(汗)」


はい......自分でもよく分かっています....。


ここ最近の記事を大きく分類してみると、ズバリ「ガンダムカフェ」記事が50%、「Gイベント」の記事が40%、残り10%が細々とある感じ....。

ここでこうして書いただけでも完全なるマンネリ化しております(汗)

結局、東京に在住の方でなければ「ガンダムカフェ」記事ばかり読んでいてもつまらないでしょうし、各イベントも似た様なレポート記事はどこでも読めますからね...。


もちろん私ダロタも出来るだけ楽しんでもらえるよう、工夫を凝らしていたつもりではありました。

例えば「ガンダムカフェ」の記事でも新しく発売されたメニューであれば、必ず自分で食べて味の感想やモチーフとなった作品の解説なんかを稚拙ながらも自分の言葉で書くようにしていましたし、「Gイベント」では遠方の方や資金的に厳しい方々のために出来るだけ詳しくリポートしようと地図形式で説明したりと、それなりに情熱を注いで来ました。

が、しかし....。

自分で言うのもなんですが、正直あまり面白く感じませんでした....。

もちろんこれらのリポート記事に関しては以前より言ってますように「私ダロタの個人的な備忘録」として機能させるために書いている側面もあったので続けて来た訳ですが...。


それでも....それでも何か違うと感じているのです...。


実のところ、一番分かりやすいのはやはりコメント数に如実に表れているとも思います。

もちろん記事によってはコメントしづらい内容が多いという事もあるのかもしれませんが、やはり内容的に面白くないという部分も往々にしてあったのだと思います。

ありがたい事に毎日平均160〜170人の方々には訪問下さっているのに対し、頂けるコメント数がゼロなんて日も...。

必ずしもコメント数が多い記事が面白い記事とは限りませんが、それでもやはり頂けるコメントの数は人気のバロメーターの一つだと思います。

検索すれば引っかかりやすいキーワードをタイトルに使う事によって訪問者数をアップさせる事は可能ですが(この行為になんの意味があるのか分かりかねますが...)、頂けるコメントはやはりちゃんと楽しんでもらえている証でもありますしね...。

あ、コメント数が伸びないから不満がある訳ではありませんよ、念のため(汗)

訪問された方々が楽しんで頂けているかを図る目安の一つとして取り上げただけです。


という事で.....。


無期限の活動停止として、当ブログを閉鎖......じゃない(汗)


ちょっとだけ当ブログの方向性を変えて行こうと思っています。


どのような形になるのかは今ここでは明かしませんが、今後も当ブログに立ち寄って頂ければその変化が少しずつお分かりになると思います...。

まぁ...そうはいっても100%変化する訳ではありませんけどね(笑)


ではまた次回お会いしましょう....!

イメージ 1

毎度こんばんは、ダロタ注意です!

さて.....今日の話題はもちろんコレですよね!

TVアニメ新ガンダム最新作「ガンダムビルドファイターズ」!!


「ガンダム好き」と表明されている方々であれば既にご存知だとは思いますが、ついに本日7/2、11:59分より新作発表会のライブ配信が行われました。

以前の告知内容で「1/144 GUNDAM 機動。」というキャッチコピーが明かされていた事から、大方の予想通り「ガンプラ」をモチーフにした作品になるとの事。

残念ながら事前に予想した「gundam-bf」=「ガンダム・バトルフィールド」というタイトルではありませんでしたが(笑)、実際の内容も予想通り古くは「プラモ狂死郎」、近年でいえば「模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG」辺りとほぼ一緒のコンセプト。

予想が当たって嬉しいような、物足りないような......(汗)

まぁ、ある程度予想されるのを見越しての事前情報だったのでしょうね。



念のため未見な方は以下よりどうぞ。


GUNDAM.INFO
「TVアニメ最新作「ガンダムビルドファイターズ」テレビ東京系列にて10月より放映開始!」



ガンダムビルドファイターズ 公式サイト
http://gundam-bf.net/


さて....では私ダロタの率直な感想ですが.....。


ズバリ!.....うーん.......って感じの感想ですかね....(汗)

ここで「ダロタはオールガンダム応援するんじゃないの??」と思われた方、違うんです(汗)

はっきりいえば「私ダロタ個人の好み路線ではない」という事です。

その要因としては....。

私ダロタが一番気にするところ「世界観」です。

PV映像を見て頂ければ分かるとは思いますが、事前に「オールガンダム」と言われているように過去の様々な作品に登場したMSが一同に介し戦っています。

もちろんこれは「ガンプラバトル」という世界観の中で戦っているからこそ許されるのかもしれませんが、しかしながら戦闘シーンの映像はやはり従来のMS同士の戦闘シーンの他なりません...。

そもそも「宇宙世紀」という作品群の中には「ミノフスキー粒子」(何やら今作にはプラフスキー粒子なるものが存在するようですがw)というものが存在し、様々な制約がある筈なのですが、それが他の作品世界に登場するMSと普通に戦える事に対し、結構抵抗感があります.....。

「コズミック・イラ」の世界にはその世界のルール、「西暦」世界にはその世界のルール、最新作「AGE」の世界観「AG(アドヴァンス・ジェネレーション)」にもその世界独自のルールがあります。

そのような様々なルールの上にのっとった上で作られてきた過去作品のMSが「ガンプラバトルなんだからw!」という一言だけで同じ世界観の中で戦っている姿を見るのがどうしても受け付けないんですよ....(苦笑)

我ながら不器用ですよね...。

ちなみに私ダロタがあの超有名対戦型ガンダムゲーム「エクストリームVS」をプレイしない理由がここにあります....。

過去の「連邦VSジオン」や「連合VSザフト」をプレイしてきていながら、アレにだけは食指が動かなかったなぁ......。

あとは.....そうですねぇ.....これはスゴい簡単な理由、ただ単に私ダロタが「ガンプラ」を作らなくなったという事でしょうか。

やはり現在もモデラーとして現在進行形な方々には非常に堪らないものがあるのでしょうね.....。


さて、ここまで完全なる私ダロタの個人的主観で書いちゃいましたが....


はっきり言えば今作の路線は非常に正しいと思います。

当時の「第一次ガンプラブーム」をリアルに体感してきた世代としては、やはり現在の「ガンプラ」産業はブームというものからは非常に程遠くなっていると感じます。

我々世代が「アニメ」から「ガンプラ」、「ガンプラ」から「アニメ」という形で「ガンダム」コンテンツを支え続けてきたように、これからの時代を担う子供たちに今一度「第二次ガンプラブーム」を呼び起こさせて「ガンダム」人気を再燃させようというのが大元の狙いなのでしょう。

本来は前作(もう前作という呼び方になるのかw)の「機動戦士ガンダムAGE」がその役割を担う筈だったのですが、結果は皆さんご承知の通りですので、今作はもう二度と同じ轍を踏む訳にはいきませんしね。

おそらく今回は「サンライズ」&「BANDAI」の気合いの入り方ももの凄い事になると思われます...。


以上、勝手な感想をダラダラ書いてきましたが、それでも私ダロタは今作を応援していくつもりです。

今までのTVシリーズ作品とは少し毛色が違いますが、それでも新しく生まれた「ガンダム」作品の仲間、まずは温かく迎えてあげたいと思います。

こういう作風がお好きな方も大勢いるでしょうしね!

また次回。


※PV映像の中で「ガズR」&「ガズL」や「リグ・シャッコー」、「アインラッド」に搭乗した「デナン・ゾン」などが登場したシーンは少し興奮しちゃいました(笑)

そこ(アインラッド)は「ゲドラフ」や「ゾリディア」じゃねーのかよ!wとツッコミたくもなりましたが、まぁこうして脇役MSたちが日の目を見る事になるのはある意味良い機会なのかもしれません。

でも.....そのおかげで、いよいよ大元の登場作品を見ようとされる方が減りそうで、逆に怖くもありますが......。

毎度こんばんわ〜!ダロタ注意です!

本日も一日お暑うございましたね〜.....聞けば沖縄や奄美の方では既に梅雨が明けたとか。

うーむ.......こりゃあ関東地方も猛暑になるのは時間の問題ですねぇ....(汗)


さて、本日はそんな暑い夏にピッタリの記事!

ガンダムカフェ秋葉原店とダイバーシティ東京プラザ店で現在発売中の「ジャブローソフトクリーム」¥340の紹介です!


説明文によると......

「濃厚でまろやかなミルク味と、ガンダムカフェでしか食べられない!ジャブローコーヒー味の2種類です。さくさくのコーンフレークと相性ぴったりです。」

との事。


では商品画像を見ていきましょう。



イメージ 1

こちらが「ミルク味」。

いわゆる普通のソフトクリームですね。濃厚なミルクの味がまさに王道!といった感じで美味しいです!

既に溶け始まっています....(汗)



イメージ 2

そして「ジャブローコーヒー味」。

ほんのりですがコーヒー色に染まった色合いになっています。

実際に食べた感じでは確かにコーヒー味というかモカな味というか、ほろ苦さを感じる大人な味になっていました。


どちらもカップの底面にはサクサク食感のコーンフレークが敷き詰めてあり、上部のソフトクリーム部分と混ぜて食べると非常に美味しいです!


ちなみに現在はこの「ジャブローソフトクリーム」以外にも「スーベニアカップ付ソフトクリーム」¥1,500や「ガンダムカフェカキ氷」¥600などが続々とラインナップに加わっています。

こちらのメニューもまた暑い日が続いたタイミングにでも記事にしたいと思います!

今回は以上ここまで。

ショート記事は楽でいいですねw

また次回。

イメージ 1

本日も気持ちの良い青空が広がりましたねぇ.....!どうもダロタです。

今日は洗濯日和!と思いつつも朝に少しだけ雨が降ったので若干心配していたのですが......何とか持ち直したようで思わず(洗濯)2回戦をこなしてしまいました!(笑)

今日は特に予定が無かったので久しぶりに自宅でゆっくりできましたねぇ....ふぅ。


さて、ではアノお話をしましょうか(笑)

タイトルにもあります通り、本日お送りする記事は昨日参加して参りましたガンダムイベント「ガンダムAGE 〜MEMORY OF EDEN〜 プレミアム上映会」リポート!

いつもみたいに「詳細リポート」ではなく「リポート」とする訳は.....!



ズバリ!ネタバレ出来ないので、殆ど紹介できません!(笑)


昨日まではこうして記事を書く際に(少しだけネタバレしようかなぁ...)とも考えていたのですが、司会の方などから「始めて見る時のワクワク感、奪ってはダメですよね...!」みたいな事も言われていましたし、やはりマナーを考えれば.......ね...。

まぁ私ダロタも今作が本当に好きなので、作品を大切にするという意味でもここはルールをきっちり守りたいと思います。


ですので今回は簡単にサクッと概要のみをお伝えします。


TOP画像は会場となった「バンダイナムコ未来研究所」。

撮影画像は建物の裏手から撮影したモノです。

他のブロガーさんからお聞きした情報によりますと、この何とも近未来的な構造の建物には以前「松下電器産業」が入居されていたそうです。

なるほど....そう言われるとそのようにも見えてきます....。

いずれにしてもかなり立派な建築物でした!



イメージ 2

正面玄関。

少し早めに到着したせいか(1時間前)、さすがにまだ誰もいませんでした...(笑)



イメージ 3

しっかりと社名が刻印されています。

「株式会社バンダイ」(台東区 駒形)さんには以前に企画の仕事をしていた際、よく出入りしていたのですが、こちらの「株式会社バンダイナムコホールディングス」には始めて伺いました。



イメージ 4

入口前、自動ドアを開けたところに立て看板形式で案内が。

おぉ!なんかテンションが上がってきますw



イメージ 5

入場開始と共に社内のロビーへと移動。

さすが「遊び」を大切にする「バンダイナムコ」さん!

何故か南国リゾート風なオブジェが多数飾られていました。今の時季にはピッタリですね(笑)



イメージ 6

ここまで楽しそうに社内の雰囲気作りをする姿勢、ホント羨ましいです!

おっ、何やら「ガンダム」関連のものが.....(右下)




イメージ 7

先日発売された「ガンダムブレイカー」やお馴染みの「戦場の絆」の巨大告知POP、「1/12 RX-78-2 ガンダム」や「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト」の筐体も。

この先以降は撮影禁止エリアでしたので、これが限界.....(汗)


ここで会場となる「ファンシアター」へと移動開始。

とその前に......入場受付にて当選案内メールの確認。やはり当選者になりすまして入場しようとされる方がいるのでしょうか....?!



イメージ 8

「ファンシアター」入口前に設置された「ガンプラ」展示ケース。

今作に関連した機体が飾られていました。(全てプレミアムBANDAI商品)


手前「HG ガンダムレギルス MEMORY OF EDEN」(立ち姿・アクションポーズ状態)

奥左「MG ガンダムAGE-1 2号機」

奥右「MG ガンダムAGE-2 特務隊仕様」


現在全て申し込み受付中ですので、興味のある方はいかがでしょうか?!




イメージ 9

指定座席よりパチリ。

今作のイメージビジュアルとタイトルが簡易的に投影されています。

今回当選した座席が前より3列目の丁度ど真ん中という非常にラッキーなシートでしたが、見終わった後は少々首が疲れたので、もう少し後ろでも良かったかな....?!



ではここからがイベント開始になります。

進行手順を説明いたしますと....


1.「ガンプラコンテスト」受賞者発表

2.「本編・前編上映(約72分)

3.「トークショー 1」(綿田 慎也監督、小川 正和プロデューサー)

〜休憩〜

4.「本編・後編上映(約78分)

5.「トークショー 2」(綿田 慎也監督、千葉 道徳氏 小川 正和プロデューサー)


になります。


イメージ 10

(会場内で配布されたチラシにプログラムが掲載されております。)



最初の「ガンプラコンテスト」受賞者発表ですが、こちらは以前に「ガンダムinfo」で応募されていた「ガンダムAGEオリジナルMSガンプラコンテスト」の発表になります。

今作にて「地球連邦」系MSデザインを手がけた「海老川兼武」さん賞、そして「ヴェイガン」系MSデザインを手がけた「石垣 純哉」さん賞の2部門の紹介。

どちらも迫力のある独創的な制作事例で、会場からも「おぉ!」という声が上がっていました。

確か「石垣 純哉」さん賞を受賞された方は場内にいらしていたようです!



そして本編の前編上映。

今作はなんといっても150分という長尺の作品になりますので、前編・後編の2部構成で上映される事になりました。

(トイレが近くなったらどうしょう....)と少し不安気味だった私ダロタですが、ちょっと安心(笑)

で、肝心の内容ですが.....。


えー.....書ける範囲で書かせて頂くと、さすが当時から言われていた通り、「アセム」の学生生活の様子が非常に丁寧に書かれています。

先日事前に公開された冒頭24分で既にご覧になった方も多いとは思いますが、一部キャラクターの設定変更や、小説版でしか描かれなかったあのエピソード等、より今作への理解を深める事が出来る内容に仕上がっていました!

ここまで観た感じでは会場内の雰囲気も皆さんも満足そうな印象でした!



次に「トークショー 1」。

ここで話された内容に関しては.....うーん......どこまで書けばネタバレにならないのか何とも言えないのですが、しいて言うなれば今作は「ゼハート目線の構成」という事でしょうか...?

実際に観た印象としては確かに「アセム」より「ゼハート」から見た視点がかなり多かったです。

あとは..後半でやりきれなかった事や以前に企画段階であった事等を色々追加出来たのが良かったとの事でした。



そして休憩。

今イベントの参加比率は男女で見るとほぼ半々、いや少し女性の方が多いでしょうか? オリジナルのターゲット層だった子供さんも何人か見かけましたが、そもそも「アセム編」に的を絞るという関係から、若い女性がかなり喰い付いている感じがしましたね。

まぁ狙い通りという事でしょうかw

おかげで休憩中のトイレは女子の方が大混雑で、後編が開始される時間も少し遅れていましたw



続きまして本編の後編上映。

ここからもみっちり78分!結構な長丁場になっております....!(笑)


さて感想ですが......。

うん、さすが熟考に熟考を重ねただけの事はある感じ!非常に分かりやすく、それでいながら大胆な編集がなされていました。

私ダロタもずっと気になっていた「キオ編」の編集方法や「三世代編」の見せ方、終わってみると「そういう手があったか〜」という印象を持ちましたねぇ。

いやはや、お見事でした!

ちなみに感想を一つだけに絞るとすれば.......


ズバリ!!泣けます(笑)、いやマジでw ホント感動しちゃいますよ....。


ここまでなら「いやいや、お前(ダロタ)が今作を好きなだけだろ?!」とおっしゃられる方もいるかもしれませんが.....ここでハッキリと書かせて頂くと、実際に会場内のあちらこちらから嗚咽というか、かなり多数のすすり泣く声が聞こえてきました....。

私ダロタもこのような「ガンダム」イベントには数多く参加してきましたが、これほどに場内から多くのすすり泣く声が聞こえるというのは始めての体験でしたね.....(汗)


この後に「トークショー 2」が始まったのですが、やはり司会の方も「そりゃ泣くよね〜」というコメントでしたw

他にも色々お聞きしたのですが、やはり書けるのはここまでですかね....。うーん難しい....。



以上、これにて簡単ではありますがネタバレ無しの「ガンダムAGE 〜MEMORY OF EDEN〜 プレミアム上映会」リポートを終わります。

あっさり内容で申し訳ない....(汗)

しかしながら.....今回こうして改めて今作「機動戦士ガンダムAGE」を見終わった後に感じたのは.....やはり今作のコンセプト、作品の存在意義は間違ってなかったんだなぁ....と思いました。

まぁ今後こうした企画として「フリット編」や「キオ編」のスペシャルエディション版が検討される事は中々厳しいかもしれませんが、まずはこの作品を取っ掛かりにして本編映像全48話を見てくださる方、興味を持って頂ける方が増える事を願って止まないですね。

最後まで長々とお付き合いくださりありがとうございました!

また次回。

おはようございます!ダロタ注意です!

こんな時間に記事をアップするのは非常に珍しいのですが、本日6/29はいよいよ「ガンダムAGE 〜MEMORY OF EDEN〜 プレミアム上映会」開催当日!

これから品川の某所までテクテク出かけて行きます....!

また細かな感想やイベントの雰囲気等は明日以降に記事にしたいと思っていますので、是非遊びに来て頂ければと思います....。

待ちに待った「機動戦士ガンダムAGE」の新作映像!(スペシャルエディション扱いですが)、楽しんで参ります!

また次回。


※久々にプロフィール画像を「AGE-2 ハロ」に変更。

昨日で「新機動戦記ガンダムWフェア」の記事が完結したので、ちょうど良いタイミングでした〜!

「デスサイズ ハロ」ありがとう.....!

全208ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事