ここから本文です
毎日お暑うございます.....!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

MA考察07

イメージ 1

MA考察7回目。

今回ご紹介するのは「アプサラス」!結構有名ですよね。

出展は「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」。

このモビルアーマーは元々「アプサラス計画」に基づき、ジオン公国軍の技術士官「ギニアス・サハリン技術少将」が全権を任され開発・運用していました。

ちなみにこの「アプサラス計画」かの「デギン・ソド・ザビ」よりの直接指令で開発していました。

他のザビ家の人間はその存在・計画そのもの自体も知らされていなかったのかもしれません。


イメージ 2



搭乗者は「アイナ・サハリン」この作品のヒロインです。

本来ならここで主人公「シロー・アマダ」との話になりそうですが、ここは「MA考察」なので割愛。

美女のパイロットには無骨で不格好、もしくは鈍重ながらも最高火力を持つMS・MAに登場させるという構図は、ガンダム作品における黄金パターンですねぇ。




イメージ 3


この「アプサラス」劇中でストーリーが進むのと同時進行で開発が進んでいきます。

最初に登場したのは、第4話「頭上の悪魔」で、この機体が「アプサラスI」。

機体中央にあるメガ粒子砲口には赤いカバーがかけられ、この段階では武装が存在しません。
劇中で予期せずに戦闘になり、その際はミノフスキークラフトの出力を瞬間的に上げ、生じた衝撃波を攻撃手段としていました。





イメージ 4


次の登場は、第6話「熱砂戦線」。この機体が「アプサラスII」。

ついにメガ粒子砲を装備した機体。劇中ではその威力をテストするために射爆場を飛行中、「第08MS小隊」の仕掛けた罠にはまり、行動不能となります。

しかし、その時のダメージで推進器系が暴走してしまい、「アプサラス」に張り付いたシローの搭乗する「陸戦型ガンダム」と共に雪山へ遭難してしまいます。
しかし結局修理できず連邦軍に回収されそうになると、機密保持が最優先の為自爆させてしまいます。

うーむ...非常に勿体ない。




イメージ 5


そして真打ち登場、最終話の第11話「震える山(後編)」ついに完成しました「アプサラスIII」!

しかし、この完成にこぎつけるまで開発は難航、アプサラスI・IIの段階でも、ミノフスキークラフトを稼働させるために必要な大電力がなかなか得られず(ジェネレータの発電能力に問題があり出力が不安定)更にアプサラスIIIともなるとミノフスキークラフトを2基装備させるという予定であったために、結局「リック・ドムII」のジェネレータ3基分を本機に搭載する事になります。

一年戦争でもこの時期でなら「リック・ドムII」3機分を回すとなるとそれなりに兵力にも大分痛手だったと思われるのですが...やはりそれをしてでも、完成させる意義があったのでしょう。




イメージ 6


最終的な形状はそれまでの形状とは大きく変わり、横長の巨大な楕円型、下部には球状の物体(ミノフスキークラフト)が左右に2基、本体の中心には実験機と同様にメガ粒子砲。

通常は浮遊しながらの移動になりますが、地面に降り立つ事も出来、球状の物体が付いた細長い足のような降着脚を2本、補助として後方にもう一本伸ばし、固定させます。




イメージ 7


劇中での最後は、連邦軍の狙撃用MS「ジム・スナイパー」の攻撃により降着脚とミノフスキークラフトが破壊され、その報復として「ジム・スナイパー」を撃破、最大出力でのメガ粒子砲にて後方本隊のビッグ・トレーまでも粉砕。
しかし、その後地上に落下しかけたところを、「シロー」と「アイナ」の乗る「ガンダムEz8」にて頭部下のコックピットを叩き壊され、撃破されてしまいます......。

意外とあっけない最後でした。

しかし、武装は「ビグ・ザム」とほぼ同等の高出力メガ粒子砲を装備し、さらにミノフスキークラフトによる飛行で神出鬼没に奇襲が出来る、もしも大量生産されれば、ジオン公国の圧勝に終わったかもしれません!

実際に劇中でも第9話「最前線」でジャブローでは破壊された「アプサラスII」の残骸より運用シュミレートを行い、その驚異の攻撃力にビビリまくっています!!

戦いは数だよ、兄貴!!(あ、数じゃないですね....ここでは)



イメージ 8


しかしこのMA「アプサラス」、全バージョンを通して、メインモニターには「ザクの頭部」を使用しています。
確かに、とにかく開発が最優先な状況であれば、こういう部分は既に完成している部品を流用するのが当たり前ですよね。うーんリアル。

今回はここまで。結構長くなってしまい、考察というより紹介ですね...。
文章力ももっともっと鍛えなきゃ...頑張ります。


↓下記より「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」の初回限定BOXが購入できます。
限定版なので、コレクションに加えたい方はどうぞ!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事