銀座のコテコテ周旋屋のよもやま話(アメーバに引越しました)

去年は70の山を愛し、今年は100の山に恋をする・・・不動産・人生相談・株に経済なんでもござれ!!

全体表示

[ リスト ]

 最近になってやっと金融・経済・政治・・・それから世の中の価値観の変化についてハッと驚き目が醒めはじめた方々が、おなじような状況の新聞・テレビやらのマスコミ連中とともに大騒ぎはじめてる。
 だからスットンキョウなことばかりを騒いで右往左往ばかりしているんだが・・・。
 準備の出来ている者と、な〜んにも問題意識を持たなかった者の差が、歴然としてきてる。
 1000ドルで金(ゴールド)を仕入れた者と、300ドルで仕入れてた者の違い。
 昨日も無思慮に上がっていたけども・・・誰も損をしない市場って〜もんは無い。
 すなわちバブルと同じ状況になっている。人間って〜のはヤダヤダ・・・。
 みなが大騒ぎを始めたら、売るタイミングを窺ってなきゃ〜いけないということ。
 あくまでも短期の話ね、長期の方は寝かせたまま、5000ドルを目指す。
 不動産が底を確認出来たら、キレイに売り放つんだが・・・まだまだ其処は底ではない。
 
 不動産投資も、おなじようにやるのがベスト。なかなかプロでも難しい。 すでに買い時だと思い去年・一昨年から買い始めてた投資家も多い。
 これから半値になる商業地もあると、俺は今でも言ってるでしょう!?  残念ながら、俺の言うことは予測ではなく、現実。
 20年前とおなじ時間の流れ、おなじような人間の顔、おなじような怠惰な匂い・・・規模は今回の方が格段にデカイ、世界中を覆ってる損失の規模。
 投資って〜もんは、それ自体が本業になった時、すでに負けが見えたようなもんさ。
 いつでも自分の裁量で手を引けるのが投資。斜めに構えて、決して正面から相対しない。借金してやってた連中は勝手には止めることもできない。
 ガンジガラメ、それまでの利益も水の泡。すなわちサイコロ賭博とおんなじさ。
 キチンとコテコテの本業を第一にして、余った精力でやるもんだ。
 俺は若い頃から絶倫と言われていた・・・確かに、それも獣のように・・・。
 いろんな人生経験積んで、身体で覚えなきゃ〜、理論だけでは弱い心が弄ばれる。
 たとえ独りになろうとも、自信を持って自分の気持ちに正直に生きていられるか?
 
 ところで・・・そんなことよりも、我慢してジッと耐えていたプラチナが暴騰した。
 しょせんは短期の訓練だから、世界を眺め渡して考えよう。南アフリカの方角から、まだまだ上だ!という声が聞こえるんだが、気のせいか・・・。
 負ける戦は最初からやらない。
 だから損をしないだけ。
 
 いまはユーロ圏とアメリカの舵取りの話題ばかりが騒がれているけども、春から黙々とひたすら株価を下げ続けてる大国がある。
 そう、中国。
 上海万博の話題はどこにいった? というくらいの気味の悪い状況、重〜いモノがぶら下がっている。
 すべてはこの国の舵取り一つで、吹っ飛んでしまうくらいの国になってしまってる。
 
 銀行が金融商品を窓口で売り始めてた時、本当に大事な説明をしていなかった。
 不動産屋が投資用マンションを販売する時、本当に大切な話をしていないのと同じ。
 それはね〜・・・銀行や不動産屋が潰れて無くなった時の話。
 いつの時代も、机上で考え得るリスクって〜ものは、それを考えてる人間の存在が無になることまでは想像だにしていない。
 俺はそういうリスクを見ている。
 幸せな人たちが、幸せな顔をしたまま、丸裸になってゆくのがバブル崩壊。
 
 アメリカでは中小の銀行が史上最悪のトンデモナイ勢いで破綻して行ってる。
 このままで済む訳もない。大きな銀行・大きな企業の破綻がはじまる。
 それは連鎖という最悪の流れになるんだろう。
 3月末の好決算を発表しながら・・・すでに退場しかかってる銀行の姿も見える。
 
 20年前、俺はまだ若かった。
 芸能界・スポーツ界の実力者と言われてた連中や、石原都知事の大臣時代の第一秘書やら政治の関係者やらと飲み歩いてばかりいて、まさかの坂を落ちて行ってることをウスウス気がついていても、日本一の負債を抱えていることが妙な安心に繋がっていた。
 頭では理解は出来ないんだよ。
 人の一生とおんなじだな。
 我が国でも銀行の破綻が始まる。
 そこから始まる世の中の急変が解るかな?
 銀行なんざ、体の良い高利貸しでしかない。
 証券・投資顧問業はタダの予想屋、電通を筆頭にしたメディアは、タチの悪いチンドン屋でしかない。
 そういえば、この春の花見の時期、向島で昔ながらのチンドン屋を見かけた。
 子供達が面白そうに追いかけていたな〜。
 世の中が原点に戻ることを、子供達は気がついていたのかも知れないね。
 愉しいことには、違いない。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事