銀座のコテコテ周旋屋のよもやま話(アメーバに引越しました)

去年は70の山を愛し、今年は100の山に恋をする・・・不動産・人生相談・株に経済なんでもござれ!!

全体表示

[ リスト ]

 昨日の夕方は、確かゴールド価額は1280ドル台にまで調整していたんだけども、深夜には1310ドルを超えていた。
 10時間の間に30ドルの上下動。
 激しいことになってる。
 対ドル円高も進んでいた。
 昨夜のアメリカではFRBが460億円相当の自国国債購入をやった。
 弱い経済指標が出てきても、それが一層の緩和を呼ぶのではないかと『好感』されて、株価は上昇に転じた・・・って、解釈しだいではなんでもありの無茶苦茶な報道。
 
 日本政府は優柔不断、何を考えてるのか確たる自己主張もなく、た〜だ困るとアメリカ政府に抱きついて来る幼児のようで、男勝りのクリントンにはそれが我慢ならない。
 ところがそのアメリカの明確な自己主張というものが、実はその場かぎりの調子の良い論調ばかりだったという過去に気がついているアメリカ人は少ない。
 オバマの支持率が下がり続けてる原因は、イエス・ウイ・キャン の、そんな嘘と虚飾の論調にあるのではなくて、本当に出口の無い不景気を実感してるからなんだと、彼ら政府の人間は気がついてきた。
 アメリカンドリーム、誰でもチャンスがあり、やる気さえあれば成功は手中に! は、一部の金持ちたちが格差の酷い庶民のガス抜き用に作ったキャンペーンでしかなく、そんなものは戯言だと逆のキャンペーンを張られ始めると、一人また一人と、オバマの取り巻きは黙って去っていってる。
 
 経済指標や統計の結果が良かろうが悪かろうが、最初に結論ありきの解釈。
 これじゃ〜統計や指標の意味がな〜んにも無いと言ってるようなもの。
 こんな展開を、あなたは正気で眺めていられますか? 
 地方の競艇場の予想屋でも恥かしくて言えないようなことが堂々とまかり通ってることじたい、世界は病んでいる証拠だと思うのは、豆腐屋の婆ちゃんだけか?
 京橋公園に最近やたらに出て来る黒猫も、怪しい目で俺に訴えていた。
 お前ら人間は身勝手な生き物だ・・・って。
 
 中国がドルを買うのを控えて、かわりに円を買っている。
 近隣諸国もドル買いから円買いに変えてきている。
 日銀がドル買い円売り介入すれば、彼らはドル売り円買いを続ける。
 これは 頑張れ!菅! 頑張れ!ニッポン! ということか?(笑)
 
 そんな世界でも類まれなノロマで斬新さの欠片もない菅ホームルーム内閣が、内向的にグチョグチョやってても、日本という国の価値は下がるどころか円も買われてしまう不可思議な状況、これは日本の国民がしっかりしている証でもある。
 中国もアメリカもどこもかしこも、各国首脳は本当はそんな日本が羨ましいんだ。
 そしてそういう国民の賢さに唯一気がついてない連中が、いつも政府を作ってる。
 だから我が国の政治家や役人達の質の悪さばかりが目に付いてしまう。民主主義が成熟している証といっても良いのではないだろうかね。
 
 う〜ん、それにしても、当社は売買のお客様が次々にやってこられて、こんな不景気なのに黙っておきたい気分。
 風向きが変わった。
 こういう忙しさ、景気の上向き? 気味の実感は、た〜だ風向きが変った時に表れる。
 驚くことはなにもない。
 世界は大恐慌の真っ只中にいるんだ。
 
 さ〜、後悔しない賢い日本人は、ゴチャゴチャ言わずに日々のお勤めに精を出す。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事