銀座のコテコテ周旋屋のよもやま話(アメーバに引越しました)

去年は70の山を愛し、今年は100の山に恋をする・・・不動産・人生相談・株に経済なんでもござれ!!

全体表示

[ リスト ]

 ・・・熊さんだって、冬眠するんだからお腹一杯にご飯食べたいんだよ
 ・・・鹿や猪さんだって、子供たちに餌を分けてやりたいんだよ
 って、子供たちの前ではお話してるけど、あんたはなんか行動を起こしてるのか?
 
円高だ、株安だ・・・といっては、山から冬眠のために腹ごしらえをしにやってきた熊を撃ち殺している。
 国家の危機だ、都民の生活第一だ、市民運動だ・・・といっては、小さな村や町を見殺しにして潰してしまう。
 大企業は大き過ぎて潰せない、中小零細にも影響は大きい、大事をなすには小事には目をつぶれといっては大企業を優遇し、先に中小零細を潰す方策を選ぶ・・・
 
 なにもしないことが、そんなりっぱな行動となっていることに気づきはしない。
 
 さ〜、今朝もみなさんご一緒に! どいつもこいつも、みんな阿呆か〜〜!!
 
 くっだらね〜話ばかり信じてって?・・・テレビ・新聞は裏を読まなきゃいけない、いまやネットの世界のほうが真実がある・・・な〜んてすでに洗脳されてやがる【自分はB級ではない】と思いこんでるズッポリB級国民が多くなってる。
 楽して手に入れる情報は、平和な時にはたんなる暇つぶしだが、すでにそんな時代ではなくなってる今、すべての情報は自分で苦労して手に入れるのがほんとうだろうさ。
 他人とおなじ立ち位置で、それが自分にも合ってると共有しようったって、所詮は他人の井戸端話の又聞き説教。
 痛い目に遭う前に、心を無にして、欲をもすべて捨て果てて、初心に戻って自分の毎日を省みることから、はじめようか。(爆) 
 
 昨日は世の不正を糾す為の小沢氏の冤罪をはらすデモが行われているが、マスコミは一切を報道規制しいて黙殺している。
 どっちもどっちの青イソメとミミズの争いだな。
 腐りきった大勢と、ネットの力を過信している遠吠え勢力、毎日の生活で個々に戦ってきてる自営業者たちは、そんなごく最近になって目覚めたボンクラの騒ぎをそのうちすぐに醒める連中だと看破している。
 
 ・・・こちとら何十年もそういう狂った大勢と戦ってんだよ!
 俺なんかは、人生50ゆう余年、ぜんぶがそうだと言っても良い。(笑)
 
 そもそも我が国には海外からやってきたデモクラシーというものの意味を、自分たちの国家の現実に照らし合わせて深く考えた形跡がまるでない。
 主権は市民に! 市民のための国家! というが、この国に住んでいるのは町男・町女・町奴・町人・・・村の長。
 我が国には市民なんぞというあやふやな層は昔からなかったんだが、民主主義を声高に叫ぶようになった時から、市民という層がいつのまにか定義された。
 市民運動家という訳のわからない左翼か右翼かも判別のつかないおかしな連中がたくさんいるけども、俺には彼らの言ってることややってることの意味がまったく理解できないでいる。
 弱いものを助けるのに、なぜそんな組織が必要なのかさえ理解できない。
 市民運動家たちの言ってる正義とは? 大昔から村や町の老若男女の民が、隣近所とともに普通に築いていたセーフティーネットのことであって、そんなものを通りすがりの旅人がワザとらしく首謀となって叫ぶこと自体が不思議なことだと思うがね。
 そんなものを頼る方にも問題はあるが、それが個人の権利を救うというときには役に立っているのも現代では事実なんだろうが、そんなものはいつも近所で共に暮らしてる連中が真っ先にやってなければいけないことなんだな。
 遠く離れたとこに住んでいるものらにまで理解されたって、嬉しくもなんともない。
 いま、そばに居るものらに理解されたい。
 人間って生き物の本音は、そういうものだろう。
 
 
サブプライムの騒動にしても、その前に不動産バブルの崩壊という直接的な原因がないまま、地価の上昇が終わりもなく続いていれば、起こらなかったという事実がある。
ということは、いずれはそういう騒動が起こることはわかっていた連中もいる。
 すべての金融・経済の事件には訳があり、それぞれに絡みがあり、そしてそれによって利益を得ようとしている商売人がいる。
 その訳が、最初から仕組まれたものだとすれば、その後の流れも多岐にわたるとしても、その流れが行き着くところは決まっているとすると・・・?
 なんでもそうだけども、騒げば騒ぐほど、事の真相は闇に深く潜航してゆき、新たな問題の陰で隔世遺伝のように次の火種を作っていってる。
 アメリカでは住宅の差し押さえに対して、金融機関の担保権の設定じたいに虚偽や嘘があって、それらはすべて無効だという訴訟が起き始めている。
 借金したもの勝ち、金融機関が全部損を被るという面白い話が出てきるけども、これらには報道で騒いでることとは別に落とし穴がある。
 
 借金癖は治らないし、不動産価額は下がり続けて居る。
 
 楽したい人間の癖は一朝一夕では治らないし、答えは、簡単には手に入らない。
さ〜、今朝はいろんなことを、よ〜く考えてみようか・・・。(笑)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事