銀座のコテコテ周旋屋のよもやま話(アメーバに引越しました)

去年は70の山を愛し、今年は100の山に恋をする・・・不動産・人生相談・株に経済なんでもござれ!!

全体表示

[ リスト ]

悪党は悪党を知る。

 与謝野大臣とS&Pは増税のために裏取り引き? そういう見出しはどこにも無い。
 ギャンブル予想屋のS&Pが我が国のバーチャルソブリン号のオッズを引き上げた。
 これが昨日に起きた無駄話の内容。
 倍率アップした訳だから、ガッカリすることではないだろう・・・逆に本物の国債でもない怪しい似非国債商品ばかり作っては格付けして売って来ているS&Pそのものの格下げを世界に対して総理は進言すべきなんだが・・・そんな余裕なんざありゃしない?
 菅総理は国債には疎いと言ってるが、昨日の格下げは国債ではないだろう? そんなことさえ取り巻きは教えてやらないのか? 哀れ提灯フグ。
 国債そのものを格下げしたのではなくて、S&Pが組成して売ってる日本国ファンドともいうべき商品を格下げしたというナゾナゾ話。
 くだらん、国債の格下げならばアメリカ・イギリスだって我が国よりも先だろう。
 予想屋は雰囲気作り、オッズを乱して畑をならすようなことばかりやってる。
 そもそも日本国債の引き受け人のほとんどが日本人だ、本来ならば半分以上を怪しい外国勢に買われて持たれてる世界中の国々の国債から格下げになるよ。
 だけんども、S&Pだなんて会社は、ま〜だ存在してたんだな〜、そっちの方が驚きだ。
 損アンドプア〜で、S&Pか?(爆)
 ま〜、いまは得体の知れないギャンブルマネーが飛び交ってるんだから、魅力無いと言われてた方が健全な買主に手が届く。
 そういう報道がまるでなかったことも・・・おら〜、笑っちまうぜよ。
 ・・・国債が格下げになりましたが・・・
 ・・・わたしはそれには疎いから・・・
 聞くほうも答えるほうも、意味が解らないで問答やってる。
 国債ではなくて、S&Pが勝手に作って売ってる日本国債ファンドが格下げされただけ。
 無駄な会話に、無駄な報道、意味も解らず混乱してる国民? 全部が全部、間抜け者か!
 それでマーケットは疑心暗鬼? 輪をかけて阿呆か? 五重の塔ならぬ、五重阿呆。
 
 サッカー日本代表の香川の代わりは本田、FWを1枚増やす。そういう見出しはどこにも書いてないか・・・。
 
 昨夜はイエメンでも暴動が起きているが、これはずっと言ってきてる世界中で起きてる価値の大転換の証。
 結果や成果が問題なのではなくて、問題意識の欠如していた特定の連中の尻に火がつくことに意味がある。
 ただ、まだ民衆みなには意識は薄く、方向は決まってても、時間はかかるんだろう。
 
 ということで、昨日は売買の契約やら他の売買の契約打ち合わせやら、複数の賃貸の契約打ち合わせで出たり入ったり潜ったり飛び上がったりズッコケたり・・・港区の方では1棟のビルの依頼査定に出掛けてお婆ちゃんとお茶を飲んだり・・・頭痛にもメゲずに走り回っておりますが、そんなとき、古い付き合いの右翼のボスから電話があり、息子がひきこもりになって弱ってるというお話。
 みんなさ、いろんな悩みを持って頑張っているんだよ。(笑)
 はたから見る姿とはぜんぜん違う苦労を、みなさんジッと我慢して隠して頑張ってる。
 それでも笑って、今の自分に出来ることをなんとか精一杯やらかして生きて行こうとしている人間が好き。
 
 自分の感情を支配し、コントロールできてない大人は、所詮はそんな自分に振り回され続けて、支離滅裂、ドツボにハマってドッピンシャン。
 
 ところで、こんだけ好き放題言って、大手企業や公務員さんの悪口言って商売やってるのに、大手企業さんや公務員のお客様がひっきりなしにやってこられる当社は・・・なんじゃらほい?
 お金持ちの悪口ばかり言ってるのに、そんなお金持ちのお客様が多いのも七不思議のひとつ。(笑)
 きっと誰でも平等に、そんな肩書きで判断しない商売をコテコテやってるうちに定着したんだろうか・・・。
 みな一人になると色んなモノを背負って生きてる自分と向き合わなきゃいけなくなる。
 結局ね、傷だらけの人間対傷だらけの人間になるんだよ。
 どんな悪党も一人対一人になるとただの人。
 俺の魅力にはかなわない・・・。
 ・・・誰が悪党やねん!? って?
 
 
 その人の懐奥深く・・・秘密の小部屋にまで入りこんで、商いをするんどっせ。(笑)
 そして一切を口外しない。
 死んで糞尿漏らしても、肝心なことは漏らさない。
 
 さ、今日も忙しいわい!!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事