銀座のコテコテ周旋屋のよもやま話(アメーバに引越しました)

去年は70の山を愛し、今年は100の山に恋をする・・・不動産・人生相談・株に経済なんでもござれ!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 中国が米国債を買わなくなったという報道と同時に、そんな余力も無い筈の英国が米国債を買っていたというような漫画みたいなニュースを、我が国のマスコミは一切報道していないが・・・英国経由で中国は米国債を買っていたんだとしたら・・・古典落語だな。
 その米国債も、先週は入札が不調となっていた。
 FRBが買い取っていた買い手のつかなかった不動産関係の債券、この引き受けを今月末で止め、既に100兆円以上も買い取っているモノもまた市場に引き受けさせなくてはならない。
 さて、だ〜れが引き受けるの?
 こんな状態で呑気に株価が上がってる訳は?
 これで不動産市場は底を打った? 景気が底を打った?
 ドルが対ユーロで高くなる訳は? アメリカは景気が良いからドルが上がってる?
 ただ単にユーロ圏の国家破綻リスクの方が大きいという理由だけでしょ?
 みんなが悪けりゃ、その悪さ比べで上下してるだけの話。
 
 金(ゴールド)にしても、例えばロシアは旧ソ連時代に経済破綻に瀕して、持っていた金(ゴールド)を売り払ってしのいだという事実があるけども、その過去があるだけに今回の天然資源バブル時からコツコツと買ってきてる訳だけども、あんまり派手に買うと価格が暴騰してしまう。中国もやはり他国経由で買っていたり、神経を使っているんだけども・・・単なる表の動きだけを追って報道してる馬鹿な我が国のマスコミってのは、他国の入知恵には従順だけども、我が国の国民を守ろうとする真摯な報道をしなくなった。
 目に余るという表現があるけども、ただ与えられた職責に忠実であり、同じ忠犬同士の競争ばかりをやらされていた連中は、最近のおかしなマスコミの動きに嫌気がさしてきてはいる。
 自分自身の過去を振り返って、いかに阿呆な人生だったのか? そういう想いから逃げる為に、嫌気がさしてきているだけなんだが、それこそ愚の骨頂だろうさ。
 生きている限りは戦ってなきゃ〜いけない。
 過去を拭い去る為にも立ちあがるべきなんだが、それが出来ないからこそ、体制や権力に疑問も湧かずに従順に生きてきたということなんだろう。
 優柔不断な国民性が、世界の恐慌の中で果たして吉と出るのか?凶と出るのか?
 悪弊は、身につかずという。
 歴史の、時間による、大掃除が始まっている。
 残るものはだ〜れ?!
 
 俺が今もし思春期の10代だったら、最近のテレビや新聞の報道を見ていて、いかに世の中にまともな大人がいないのか?・・・ガッカリするんだろう。
 俺の思春期時代から、な〜んにも変わってはいない。
 猿の群れと変わりゃ〜しない。
 イワシの群れの中で、だれが一番大きいか?!早いか?!強いか?!そんな話ばかり。
 少なくとも、俺はそのチンケな群れを一口でパクリ!!と飲み干す生き方を望むだろう。
 嘆いていても始まらない、同じ時代に同じ国に生きているんだから・・・さ。
 ここは一つ、脳みその足りない大人と称する連中相手に、な〜んにも身の無い議論などせずに、関わることもせずに、一儲けすることを考えてやろうと思うだろうさ。
 話をしたって、使ってる言葉の貧弱さ、浅薄さ、奥行きの無さに会話が成り立たない。
 つまりはその生き方がそのまま現れているだけのことで、日常の生活が垣間見れるだけ。
 ふん!そんな退屈な人生・そんな変わり映えしない毎日、な〜にが愉しいんだい?自分のことだけ考えて日々過ごしてる虚しさから逃げてるだけ。
 偉そうに能書きタレた挙句がその程度の毎日で、挙句に経済的にも行き詰まっていってやがる。
 俺はこんなに愉しんでいるんだが、阿呆な大人の子供に生まれた子供たちは、さっさとそんな大人は見捨てて自由に生きたほうが利口だな。
 こういう歴史の過渡期、大きな転換期の生き方はそうやって考えるものさ。
 愚かな一時代を作った旧体制の元総理やら、元大臣やら・・・彼らはキレイに自信を持って生きてなかったようで、いまだに都内の高級ホテルに身を潜めて、ゆっくり人里離れた庵で隠居生活さえも出来ずに、ドギマギしながらあちこちに命令を下してるが・・・その力もすでに失いつつある。
 寂しいだろうな、孤独だろうな、最後はタダのロボットみたいなイエスマンたちに囲まれて、歴史に裁かれるのを待っている。
 お白洲に正座して裁きを待っている極悪人にも似て、往生際は極めて悪い。
 なんの話か?詳しくは言わなくても、解る人たちには解るでしょうよ。
 哀れ提灯、灯火の消え行く時を、なにを思って過ごしているんだろうかね。
 それとも復権成るとでも?・・・人の恨みつらみの重さを、最期まで味わえば良いのさ。
 地獄行きの癖に、三途の川を渡ろうとしてる奴らは、あんた情け無いがな。
 俺みたいに最初から地獄に行こうと決めて生きてる者から見てると、丸見えだぜ。
 
 下世話にも、民主党を過度に応援始めてる奴らにも、そんな連中が現れてる。
大手企業やら、公務員やら、旧政権・権力を持っていた連中が、マスコミと束になって新しい政権に反旗を翻している。
 無法地帯となりつつある。
 これから何が起こるのか? 息をひそめて見守っている国民には、残念ながら新しい時代は来ないんだろう。
 道連れとされて苦難の日々を送り盾に使われるんだろうと思うよ。
 まだ、地球上で何が起きているのか解って無い人たちの方が多い。
 
 さて、俺はまだまだ鬼のように話を決めて行ってる。
 当社の勢いが落ちないことこそ、先がおっかないと言う証拠なんだけどもね。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事