ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

スージーステム

スージーステムを購入しました。

イメージ 1

今のポジションに問題は無いのだけれど、フレームからの流れで見た目のみに
不満があったので。

イメージ 2

交換前。
ステムが太くてなんか不恰好。


イメージ 3

交換後。
見た目良し
しかし、ワイヤーキツすぎ。
スペーサー足りない。

ワイヤー短くしてスペーサーかまして乗ってみて、大丈夫ならコラムカットしよう。
当日は、4時半起きです。
まず、トイレの列にならばないといけません´д` ;
山頂行き荷物の預け時間が6時10分までなんで、ゆっくりはしてられないです。
スタート地点の周りを適当に走り、軽くアップします。

イメージ 1


イメージ 2

いよいよスタート。

イメージ 3

最初の平坦区間8.9kmを19分○0秒。
ここから激坂区間。

イメージ 4

7.4kmを39分。
かなりの人数で抜きつ抜かれつします。

イメージ 5


登りきった後は、頂上のアップダウン区間10.3kmを29分○○秒。
ゴールで1時間28分○0秒です。

去年から約3分の短縮。
スタート時からちょっとしたトラブルが発生してまして、セーブしながら走らなければいけなかった´д` ;
来年は25分を切りたいなぁ。

ヒルクライム大台ケ原は、町をあげての協力体制がすばらしくて、沿道からの暖かい応援をいただき、とても気持ちよく走れます。来年も絶対参加しようと誓うのでした。

イメージ 6


イメージ 7








去年からチャレンジしている、「ヒルクライム大台ケ原」。
今年も参加してきました(^O^)
ヒルクライムレースの中でも日本有数の過酷さをほこります。
前日受付のみなので、遠征組は宿の確保が必須です。
僕らはテント設営して、アウトドアを満喫してましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

イメージ 1

イメージ 5

受付を済ませたら、試走に行きます。

コース概要はこちら。
http://www.oodaigahara.com/course/

平坦区間の後、

イメージ 2


ここから激坂区間開始。

イメージ 3

イン側をダンシングで攻めるのが楽しいw

イメージ 4

到着、ここからアップダウンのある区間走ってゴール。

僕は、最後のアップダウン区間が苦手です。体重軽くて下りが遅いからタイムが稼げない´д` ;

試走後は、無料チケットで温泉に入ります。ローディーで超満員w

イメージ 6

夕食はカレー(^O^)

イメージ 7

外ではバーベキューしてたりローラー回してたり賑やかです。
しかし、明日は5時前起きなんで早めに寝ます。

明け方はすごく寒いです。
タイム狙いの人は、ホテルに泊まった方が良いでしょう。

続く。




ペダル死亡、BB死亡。

圧入されてるビンディングピンが抜けてきました。

イメージ 1

これが抜けると、ビンディングが固定されません。あまり着脱しない右が抜けたのが納得いきません。
2年8ヶ月使用のPD-5700Cです。
とりあえず叩きこんだんですが、次抜けてきたら、ロックタイトで固めようかな。
しかしこれはリコール案件ではないだろうか?

次はセラミックBB。

イメージ 2

スギノのセラミックBBです。
1年3ヶ月使用。
約7千キロほど?
錆びてゴリゴリになってました。
ちょっと耐久力がないなぁ。



やってきました「Rapha Manchester」
イメージ 1
ここでバイクを借ります。
コーヒーを頂いている間に準備してくれました。
ここの店員さん、異様に仕事が早く、プロフェッショナルです。
また、お姉さん達がみんな可愛いすぎる^_^
バイクは、キャニオンアルティメイトDi2。ガーミンマウントとボトルケージが付いてます。
ペダルは持参すれば取り付けてくれます。その時にセンサーも。
明朝のライド時に受け取りということで、今日のところはホテルへ戻ります。

翌朝9時。
ラファに集合。
現地メンバーが続々やってきます。
握手を交わして自己紹介。
コーヒーを飲みながらしばし談笑。
のち、スタートです。
英国・キューバ・スペイン・日本人の集まり。
途中でイギリス人1人が合流しました。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
今日のリーダーのジュアン。左がセルジオ、奥がドグマおっちゃん、右が、、忘れたw
イメージ 5
街中から田園地帯を抜けての150kmカントリーライド。
時速30km弱で進みます。
折り返し地点でカフェに入り、トイレを済ませます。
イメージ 6
行き止まりを無理やり超えていくイギリス人達www

イギリスの道は日本とよく似ていて、アスファルトや歩道なんかそっくりです。
日本と同じ左通行で道幅も同じくらい。
路面は荒れていますが、そんなに気になりません。
車は何気に多く、クラクション鳴らされたりもします。
ライドは、基本2列で、めっちゃ会話しながら走ります。
ハンドサインはよく似た感じ。穴ぼこは「ホール」車は「カーアップ」「カーバック」OKなら「クリア」とか声出しながら行くのでわかりやすい。
道は、うんこが落ちまくりw
馬が歩いてるので、うんこが巨大です。
踏むと悲惨ですね。
いろいろありすぎて書ききれないんですが、初めて海外ライドするならイギリスはオススメですね。日本感覚でいけます。
コンビニは無いので、補給食は多めに持って行ってください。
走るのが目的なんで、ルート確認時以外止まらず、走りながら食べたりします。
トイレは茂みですw
常に曇りで小雨なんで、気温は夏でも20度弱。
どんよりしてるから、普通のジャージよりRaphaのジャージの視認性の高いこと高いこと。
なるほど、イギリスの天候と道に合わせたデザインなんだと分かりました。

で、なんやかやありながら、無事にショップに帰着。
また握手を交わしながら今日の出来事を談笑します。
とにかく、イギリスなんで、挨拶と会話。これが重要ですね。
中学英語で十分通じるので、積極的に話しかけてくとすぐに仲良くなれます。
イメージ 7
店員さん(ものすごく有能)と、セルジオ。

英語での手続きやメールのやり取り等大変でした。
しかし、友達が増え、色々考えさせられることもあり、なかなか貴重な体験でした。
イメージ 8
今回の買い物。ポンド安と免税でめっちゃお得でしたw
来年も行くぞ〜!!!!!





全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事