防府シティバンド通信

孫が二人いるじーじベーシストのブログです!

全体表示

[ リスト ]

手のひらを太陽に

 「手のひらを太陽に」(てのひらをたいように)は、日本の童謡。作詞はやなせたかし、作曲はいずみたく1962NHKみんなのうた』で放送された。
 
イメージ 1
 
 1961、作詞者のやなせは『木島則夫モーニングショー』の前身である『NETニュースショー』の台本構成をしており、番組内に音楽を流すコーナーがあった。そこで自身で作詞した「手のひらを太陽に」を、知り合いであったいずみたくが作曲し発表したものである。歌は、いずみの推薦により宮城まり子が歌った。
 1962、ようやくNHK『みんなのうた』への売込みが成功し、宮城まり子の歌で放送された。
 その時、歌はあまり反響もなくヒットしなかったが、1965にはボニージャックスが歌ってキングレコードから発売され、暮れの『第16回NHK紅白歌合戦』で歌唱したこともあり、大きな反響を呼び現在のように広く知られるようになったものである。1966にはボニージャックスの歌で、改めてNHK『みんなのうた』で放送された。
 作詞者のやなせは、「厭世的な気分になって追い込まれていた時のことです。暗いところで自分の手を懐中電灯で冷たい手を暖めてながら仕事をしていた時に、ふと手を見ると真っ赤な血が見える。自分は生きているんだという再発見と、その喜びを謳歌して頑張らなくちゃと、自分を励ますためにこの詞を作った」と述懐している。
作詞者のやなせによると、元々は童謡ではなくホームソングを作るつもりで書いたという。
 手話バージョンも制作されている。
 歌詞の中でアメンボが出てくるが、これは当初はナメクジであった。
 
【出典:Wikipedia

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事