merry-akkiiのそうか日本語、そうだ日本語

日本語が不自由な外国人や帰国子女などのためにする「越谷にほんご勉強会」の日本語教室での日本語教師ボランティアは、趣味?

全体表示

[ リスト ]

 今朝(5月29日)のテレビニュースで、インターネット(IT)でテレビ映像を違法配信していた容疑者2人が、著作権法違反などの容疑で逮捕された、との報道があった。

 海外向けにITで、NHKや民法などで放映されたテレビ映像を配信し、月5千円などの会費をとり、月2,000万円以上を違法に稼いでいたと言う。荒稼ぎだ。こんな違法配信が許されたとしら、多額の費用をかけて映像を制作し、放映している多くのテレビ局はたまらないだろう。

また、国によっては、報道の自由を認めていない所もあるのだ。こういう国では、インターネット上でテレビが自由に放送されることを歓迎していないだろう。もし、インターネット上にこれらの違法配信が横行すれば、ITの接続環境そのものが制限されてしまう恐れがあるのだ。 

 南国暮らしのあこがれを誘うタイやマレーシアなどでは、日本人が日本語で楽しめるテレビ番組はほとんどない。これがあるとすれば、一部の高級ホテルで、一定時間放送されるNHKのニュース中心の海外向け番組くらいである。日本語で楽しめるエンタメの娯楽番組もないのだ。

 あるアンケートの調査結果によると、日本人高齢者の娯楽の一番は、テレビ観賞であるという。ところが、この日本語で楽しめるテレビ番組もない海外にあこがれて、ロングステイしようという中高年者が多いと聞く。

 しかし、海外ロングステイを始めた中高年者の多くは、異文化コミュニケーションに失敗し、カルチャーショックを受けて、失意のうちに退散する人が多いという。住まいのために、現地に投下した資金の回収もままならないままにだ。

 海外ロングステイを始めるには、楽しめるテレビ放送もない世界に自分が適応できるか、また、現地の気候風土や社会や文化に適応できるかを、事前に自分の目で確かめてからにした方が良いだろう。

 これには、海外ロングステイの勧誘目的の下見ツアーに参加しただけではだめである。バックパッカー的な海外旅行が効果的だ。その中で、どんなテレビ番組を視聴できるかを自らが確かめた方が良いだろう。


 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事