merry-akkiiのそうか日本語、そうだ日本語

日本語が不自由な外国人や帰国子女などのためにする「越谷にほんご勉強会」の日本語教室での日本語教師ボランティアは、趣味?

全体表示

[ リスト ]

放射能汚染と産地偽装

  「かもめの玉子」とは、岩手県は三陸海岸の有名なお土産だ。この「かもめの玉子で有名な さいとう製菓の社長が撮影した動画」ということで、東日本大震災に伴い発生した大津波が市街地を襲う様子を撮影した動画がYouTubeにUPされている。8分13分の動画で、次のURLをクリックして視聴できる。
URL:http://www.youtube.com/watch?v=QsJiALhs9eU
  
 大地震もさることながら、この巨大津波は本当に恐ろしい。このような自然現象が起こりやすいといわれる日本列島に、人智の及ばないところで核反応を繰り返す恐れがある原子力発電所が各地に設置されている。
そして、日本の有史以来、今回のような大地震と巨大津波の記録がなかったのかと思ったら、そうではないという。平安時代に大地震と大津波が起きて、大きな被害があったことが文献に残されているというのだ。そして、自然科学的にもそれが立証されているという。

 ところが、その記録を無視して、日本の過去400年間のみの地震の記録を参考にして、起こりうる地震のレベルを想定し、日本の原発安全基準を策定しているというのだ。そして、その基準に基づき各地の原発が設置されているという。経済性を考慮すると、科学的記録を無視して原発安全基準を考える必要があったからだと、解析されている。こんな危険な日本列島に原発は要らないだろう。

 福島第一原子力発電所は、いまだに放射性物質を放出し続けており、アンコントローラブル状態だ。東京電力は、きのう、今後6ヶ月間から9ヶ月間でこのアンコントローラブル状態から脱却する計画であることを発表したらしい。これは恐ろしい状態だ。

 なぜならば、放射性物質の放出をコントロールできないということは、それがコントロールできるようになるまで、多量の放射性物質が周辺環境にばら撒かれることになるということだからだ。福島第一原発事故による放射能の放出により、土壌と大気と海洋の放射能汚染が深刻だ。

 魚介類には、食物連鎖による放射性物質の蓄積や濃縮が起きることが懸念される。そして、今までもそうであったが、ウナギやワカメ、玉ネギなどの産地偽装が頻発したように、産地を偽装した放射能に汚染された危険な水産物や農産物が、市場に出回ることが懸念されるのだ。そうならないように流通を厳しく監視していく必要がありそうだ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事