四季の花&身辺雑記

庭の野草が芽を出し始めました。観察するのが楽しみで庭に出たらなかなか家に入れません。

日本水仙&稲村ヶ崎

春がそこまでなのにがっかりです。このブログが2019年12月15日サーバーの
都合で終了となります。皆さまとお別れするのは辛いので移行先を考えております。
その内ヤフーから移行先のお知らせがあるようです。それまで更新頑張ります。

今回は昭和記念公園の花&稲村ヶ崎の海岸、夕景です。
よろしくお付合いください。

↓1  ニホンスイセン(日本水仙・ヒガンバナ科)
シンプルな美しさと可愛さに魅せられています。

イメージ 1


↓2

イメージ 2


↓3

イメージ 3


↓4

イメージ 4


↓5  ガクアジサイ(額紫陽花・アジサイ科)の残花。
花後、装飾花は逆向きにひっくり返ります。冬は葉が枯れてからも渋く、趣のある
雰囲気を醸しだしています。

イメージ 5


↓6

イメージ 6


↓7

イメージ 7


↓8            題名  「疾 走」
昨年9月 「片倉つどいの森」にて流鏑馬が開催されました。
第4回 「八王子流鏑馬写真コンテスト」に応募し銅賞に入賞しました。
手前味噌ですがUPしました。

イメージ 8


↓9  題名  「春 の 兆 し」     稲村ヶ崎海岸

イメージ 9


↓ 10  題名  「波 の 泡」  

イメージ 10


↓ 11  波

イメージ 11


↓ 12  優しさに包まれた波       (シャタースピード10秒 F25)

イメージ 12


↓ 13  夕日を真正面から撮影

イメージ 13


↓14  夕 景  (右 富士山 左 江の島)      稲村ヶ崎公園より撮影

イメージ 14

稲村ヶ崎は夕景の撮影スポットです。
江ノ電に乗って・・・稲村ケ崎駅から・・・てくてく5分です。
1回目は富士山が見えましたが、2回目の撮影はお顔をださずでした。
波ばかり撮影していました。海岸で夢中で撮影していたら大きな波が押し寄せたのに気が付かず靴がびしょ濡れになりました。
           最後までご覧頂きありがとうございます。




この記事に

開く コメント(20)

ご無沙汰しております。2月も終わろうとしているのにブログ更新は一度のみ。
我ながら呆れています。おまけに携帯電話をスマホに変えたら操作が難しく、
てんやわんや状態です。
スマホ操作に熱中し、新しい発見が面白く更新もそっちのけになってしまいました。
今回は1月下旬に昭和記念公園で撮影したサザンカ・ススキたちです。
よろしくお願いいたします。

↓1  セツブンソウ (節分草・キンポウゲ科)    2月23日撮影
地植えの庭の節分草です。地面すれすれからスマホで撮影しました。
背景が上手くボケずですが、何となく手軽で良いような気がします。

イメージ 1


↓2  昭和記念公園のサザンカ (山茶花・ツバキ科)
花びらが散るときはばらばらに離れるのがツバキと異なります。
サザンカの撮影は背景の玉ボケを意識して撮りました。

イメージ 2


↓3  サザンカ

イメージ 3


↓4  サザンカ

イメージ 4


↓5 ハートの花びらを意識して・・・ 

イメージ 5


↓6  パンジー    (スミレ科)

イメージ 6


↓7  ススキの穂(薄・イネ科) 別名尾花・秋の七草の一つ。

イメージ 7


↓8  ふさふさした穂が逆光で輝いています。

イメージ 8


↓9  造形を撮りました。

イメージ 9


↓ 10  着物の模様を感じて頂ければ・・・。

イメージ 10

次回は昭和記念公園の日本水仙を予定しております。
お付合いありがとうございました。

この記事に

開く コメント(14)

寒中お見舞い申しあげます。
厳しい寒さで庭の鉢の土はカチカチに凍りついています。
そんな折、草丈3cmほどの節分草はうつむきながら花を咲かせています。
寒さのもと小さな花々を眺めているとほっこり暖かい気分になります。
もう直ぐ節分、春が待ち遠しい毎日です・・・。

今回は早春の花、お付合いよろしくお願いいたします。


↓1  セツブンソウ (節分草・キンポウゲ科)     (1月07日撮影)
節分の頃に花を咲かせるのでこの名あります。
我が家は節分を待たずに咲き、現在も小さな花が30個ほど咲いています。

イメージ 1


↓2

イメージ 2


↓3  白い花びらは萼片、花びらは紺色のオシベの周りにあるオレンジ色です。

イメージ 3


↓4  ユキワリソウ(雪割草・キンポウゲ科) (1月07日撮影)
寒さでいじけて咲き、花も綺麗ではありません。草丈もほとんど伸びません。

イメージ 4


↓5  ソシンロウバイ (素心蝋梅・ロウバイ科) 落葉低木 中国原産
知人よりお正月用に切り花として頂きました。玄関に活け周りがいい香りに包まれています。

イメージ 5


↓6  パフィオ ディラム (ラン科) 半着生ラン
地上や岩の上、樹木に着生。花の咲く時期は冬咲き、春咲き、夏咲きなどがあり、
一番多いのは12月〜翌年3月の冬咲きだそうです。
花持ちも良く草丈40㎝ほど、花も大きく豪華です。1年中室内で育てました。

イメージ 6


↓7  パフィオ ディラムの蕾。  

イメージ 7


↓8   花は中央のリップ(唇弁)が袋状になった奇妙な形をしている洋ラン。
一見食中植物のように見えるランです。

イメージ 8


↓9  花の造形が面白いので撮ってみました。

イメージ 9


↓ 10

イメージ 10


↓ 11  題名  「帽子の貴婦人」

イメージ 11


横サイズ写真は右下写真内をクリックすると拡大されます。
お時間がございましたらご覧ください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

インフルエンザが流行しているようです。

皆さま体調管理にご注意ください。



この記事に

開く コメント(14)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事