ここから本文です
o ♥。*...Ordinary Days...*。♥ o
自分で言うのもなんですが、かなりカオスなブログです。。.

書庫全体表示

 
ファッション界に詳しい方なら、名前に聞き覚えがあるかと思うけど、
 
GUCCIYSLのデザイナーをしていたトム・フォード。
 
その彼がなんと、映画監督デビューしたんである。
 
イメージ 1
 
脚本も彼が手掛けているんだけど、これがなかなか素晴らしくて。

個人的には後からジワジワ来るセリフの数にマイった。

とにもかくにも、細かいディテイルが美しい。
 
内容が内容だけに、受容れられないヒトもいる、かも?しれない。
 
主演は、今までのイメージを一掃するかのような役に挑んだコリン・ファース。

三流大学の文学教授のジョージ役で、ゲイ。

「プライドと偏見」や「ブリジット・ジョーンズ」の両方のMr.ダーシーがウソのようである。

今回は役柄のためか、少し痩せて更に髪をブロンドに近くしていた。
 
 
彼の生徒であり、それ以上の関係になりつつあった美少年のケニー。

その役をニコラス・ホルトって子が演じてたんだけど、なんと、

ヒュー・グラント主演映画”ABOUT A BOY”の男の子、マーカスだったの。

そこに一番びっくりしたかも!だって、とても美しくなっていたんだもの。
 
で、この子の役がかなり重要なんだけど、彼のセリフがどれも良くって。
 
バーでジョージと初めて一緒に飲むシーンは好きだったなぁ。
 
 
ジョージの元恋人で、永年の友人であるチャーリーにジュリアン・ムーア。

彼女の部屋でお酒を飲むシーンが、もうとても良くってね。
 
私生活の彼女も、トム・フォードとは大の仲良しらしい。

透き通るように白い肌のせいか、日頃は無機質な役が多い彼女だけど、
 
今回の役どころはなかなか良かった。
 
 
時代は、煙と酒のイメージが強いスタイリッシュな60年代。

もうそれだけで十二分に洗練されている。

男性は細いネクタイに黒ブチメガネ。女性は盛りまくったヘアにミニスカート(笑)
 
さすがデザイナーだけあって、衣装は当然だけど、

部屋のインテリアもエクステリアも、
 
車やベンディングマシーンに至るまで、相当なこだわり。

映像がとにかく美しくて、ヨーロッパの作品かと見紛えるほど。

でもLAが舞台。
 
 
三流大学の文学教授であるジョージは、

16年も一緒に暮らしてきたパートナーのジムを交通事故で亡くしてしまう。

それ以来、全てが無の世界。
 
生きてる意味を失い、考えることは死のことばかり。

ある朝、彼は自殺をしようと決心するのだけれど・・・
 
 
そう決めた朝からラストまで、じわじわと惹きつけられる淡々と美しいシーンの数々。

もしかして、彼は生きる糧を見出したかも?と思ったら・・・

彼の亡き恋人のジム(マシュー・グッド・彼も良かったよ〜!!)が嫉妬したのかな。
 
 
あ〜ん、もうこう言う終わり方って、決してキライじゃないんだけど。
 
うん、やっぱり好き。
 
(ただし、ケニーはちょっと可哀想。)
 
 
インデペンデント作品だけど、決してあなどれない。
 

トム・フォードがまた映画を作ったら、
 
是非観に行こう。

  • 顔アイコン

    これは実にいい映画でした。ファッショナブルで静かで、きれいな映像で。いつまでも頭から離れません。ちなみにスペインから来たリカルド? の強い視線にやられてしまいました。出てくる人がみんなすてき。そして、の彼だったと知った時のショック!!!!! 面影はあるものの、ずいぶん変わりましたねぇ。また見たくなりました。

    [ countess ]

    2010/10/21(木) 午前 3:38

    返信する
  • 顔アイコン

    うゎ〜ん、みたい…美しいモノ大好き‼

    [ カサブランカ ]

    2010/10/21(木) 午前 11:17

    返信する
  • ★countessさん★本当に良かったですね。私も相当余韻が残ってます。
    ゲイ役の方みんな素晴らしすぎです。皆瞳が美しくて・・・そこは監督も意識してたんでしょうね。
    ”ABOUT A BOY”の頃からニコラス・ホルト君は目だけはつぶらで相当美しかったですからね。
    あと・・・思わずcountessさんが同じ処に喰いつかれてたのが、とーーっても嬉しかったスペイン人のカルロス!(確かカルロスでした。)
    本当は一番喰いつきたかった人なんですけど、文面がミーハーチックになるのを恐れて今回はガマンしたんです^^;あの瞳ですよね!
    電話掛けてるところからすでに釘付けでした。あの駐車場のシーンも焼きついて離れません!
    個人的にはジェームズ・ディーンよりロブ・パティソン系の色気を感じました^^;
    ご存知かもしれませんが、彼はスペインのスーパーモデルなんですよ。やはりトム・フォード繋がりで。もしよろしかったら、http://models.com/models/Jon-Kortajarena を覗いて見てください。
    余韻に浸れます^m^ 彼のこと、ココで話せて良かった!ありがとうございました

    shane♪

    2010/10/21(木) 午前 11:18

    返信する
  • ★白百合姫★観に行って!きっと好きだと思います。
    KBCでやってるよ〜♪
    スパニッシュのカルロス見てきて〜*:.。☆..。.(´∀`人)
    スペイン訛りの英語もセクシーだから。

    shane♪

    2010/10/21(木) 午前 11:29

    返信する
  • 顔アイコン

    そうでした!カルロス!!!情報ありがとうございました。
    タバコの煙を吐き出す唇の映像のきれいなことといったら。カルロスに限らず目とか唇のアップの映像がきれいでしたねぇ。たまりません。映像も音楽も頭を離れません。そして、どうしようもない絶望感について考えてしまいます。

    [ countess ]

    2010/10/21(木) 午後 0:09

    返信する
  • ★countessさん★いえいえ〜(●´艸`)ヾ !
    なんか顔のアップの撮り方も絶対にこだわってましたよね。
    ものすごくその誰もの顔のアップは妖艶だった気がします。
    カルロスとジョージがスモッグでピンク色になってる空気の中で、
    タバコを吸いながらする会話も、実に洗練されてましたね。

    ジョージが全てを失った気分で朝、目が醒める時の辛さ。考えてると苦しくなりますね。
    また少し経って、また改めて観てみたい作品です。

    shane♪

    2010/10/21(木) 午後 11:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事