ここから本文です
ヘルスフードレポートhealthfoodreportⓇ
健康志向食品市場動向1,500円/事業者一覧9,800円/申込メールhealthfoodreport2@yahoo.co.jp

書庫『hfr素材市場動向1997~』

記事検索
検索

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ローヤルゼリー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ローヤルゼリー 2018収載
素材 ローヤルゼリー
1997市場規模 500
1997市場動向 主婦層を中心として根強い女性利用者がおり、一定価格の愛用ブランド品と低価格・徳用タイプのふたつに分かれる傾向。流れは品質重視の方向。
1998市場規模 450
1998市場動向 高品質品を適正量摂取する流れ。製造方法や販売方法も含めた丁寧な啓蒙により、利用経験者が自覚、理解。
1999市場規模 400
1999市場動向 女性ホルモン的機能により更年期等自覚型素材のひとつ。TV通販等により業績拡大した企業も。価格帯からも通販に適した素材。
2000市場規模 400
2000市場動向 固定利用者に加え、通販等で新規利用が徐々に増加。健食主要購買層の中高年女性が自覚。若い層へのアピールも。
2001市場規模 420
2001市場動向 体感自覚できる高単位品が定着。無店舗ルートであらためて動き。プロポリス以外の機能素材との組合せ模索。
2002市場規模 450
2002市場動向 訪販ルートで再積極提案が行われており、これを契機としての動きが各所でみられる。体感自覚機能の高さが特徴。
2003市場規模 430
2003市場動向 体感自覚継続利用者、個人代理店化図る動き。中高年体質改善、美容機能で口コミ普及。通販等での低価格品影響も。
2004市場規模 430
2004市場動向 優れたアミノ酸機能注目。更年期の様々な状態の体感自覚で支持される。利用者が輪を広げる。蜂蜜ショップ人気が新規利用を促すか。
2005市場規模 400
2005市場動向 高単位品継続摂取で体感自覚。低価格品の影響直接はないが、機能内容について丁寧な説明必要。
2006市場規模 380
2006市場動向 摂取体感素材として、美容・老化対応素材として再びモニター展開の動き。生活習慣等様々な健康に対する臨床研究進められる。
2007市場規模 350
2007市場動向 高含有量摂取で体感自覚促進。継続利用者増やす提案。継続摂取方法示し判断の材料に。原産地表示。
2008市場規模 350
2008市場動向 滋養強壮機能を食品として発揮できるよう設計。更年期対応機能は比較的短期間で体感。継続利用に結びつく例多い。「医薬部外品」との差別化必
要。
2009市場規模 330
2009市場動向 体感素材として信頼。試用展開により継続利用者増。製品の品質、内容等を判りやすく示し、どのように役立てていけばよいか利用者が判断。
2010市場規模 300
2010市場動向 訪問販売分野がどこまで踏みとどまるか。体感できる一定期間継続摂取利用者をどこまで増やせるか。高価格帯製品の品質内容厳選。
2011市場規模 270
2011市場動向 優れた生理機能、体感自覚機能をより多くの人に提案する。店販系での製品供給不安あるも、補う方法、状況提案される方向。特に高齢者向けの試
用展開により支持増。
2012市場規模 250
2012市場動向 中高年女性層に根強い継続摂取利用。体感自覚による支持。原料内容、品質保持を確保した上での市場形成可能性探る。新たに男性層利用開拓も
進めていく。
2013市場規模 200
2013市場動向 若さ維持前面に打ち出していく方向。体感できる機能成分量設計し支持増やしていく。試用機会も増やす。対応年齢層幅広く想定。
2014市場規模 180
2014市場動向 会員、訪問販売分野高価格帯定番商品。世代交代、家族間引継ぎ、会員数減少など課題増。通販では利用後体感自覚がポイント。利用、試用による
広がりが基本。
2015市場規模: 160
2015市場動向: エナジードリンク、美容ドリンクでの採用増。改善自覚高単位製品によるリピート利用。百貨店での「高級」健康食品。男女それぞれの機能示す。原料
調達安定が課題。
2016市場規模: 140
2016市場動向: 高価格帯素材として認知、継続支持。中高年齢層女性が中心であるが、その美容・滋養機能内容から、幅広い年齢層対象の製品で採用されている。
「エナジー」素材。
2017市場規模: 150
2017市場動向: 美容・滋養機能性表示が今後示されていく可能性。摂取して体感が得られやすい素材として認知度高い。養蜂関連専門メーカー多く、地道な取り組み
で信頼。






この記事に

ローズヒップ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ローズヒップ 2018収載
素材 ローズヒップ
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模
2002市場動向
2003市場規模
2003市場動向
2004市場規模 20
2004市場動向 一昨年ブームの残りとみられる動き。美容、ダイエット製品で原料採用する需要増。原料内容チェック必要。
2005市場規模 20
2005市場動向 ハーブティー定番。ダイエット素材として引き続き採用。品質規格等示された使いやすい原料求められる。
2006市場規模 10
2006市場動向 コラーゲン等美容素材との組合せで動き。美容・ダイエットハーブとして定着するか見守る。参入再び増。
2007市場規模 10
2007市場動向 美容素材のひとつとして位置付けられる。様々な美容素材と組合せ製品化。機能品質情報積極提供必要。
2008市場規模 10
2008市場動向 独自の色を活かした製品開発。コラーゲン等と配合した粉末飲料流通。美容素材として認知度有。生理機能メカニズム示す必要。
2009市場規模
2009市場動向
2010市場規模
2010市場動向
2011市場規模
2011市場動向
2012市場規模
2012市場動向
2013市場規模
2013市場動向
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向:





この記事に

レスベラトロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ レスベラトロール20110717 2018収載
素材 レスベラトロール
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模
2002市場動向
2003市場規模
2003市場動向
2004市場規模
2004市場動向
2005市場規模
2005市場動向
2006市場規模
2006市場動向
2007市場規模
2007市場動向
2008市場規模
2008市場動向
2009市場規模
2009市場動向
2010市場規模
2010市場動向
2011市場規模
2011市場動向
2012市場規模 30
2012市場動向 昨夏長寿遺伝子関連成分として取り上げられる。一時原料供給不足気味となる。ブドウ、赤ワイン、ベリー、ピーナッツ種皮、インドキノキ等由来ポリ
フェノール。動き注目。
2013市場規模 40
2013市場動向 即効性、体感性が緩やかな特徴を受けた製品提案。支持も、機能を丁寧に説明するなど少しずつ広がる。長寿遺伝子情報提供。美容、老化対応素材
として組み合わせ検討。
2014市場規模 30
2014市場動向 若さ、美容対応素材として認知少しずつ広がる。美容ドリンク、飲料へも提案。各種由来原料などの情報提供発信必要。体感性のある素材との組み
合わせ模索。
2015市場規模: 30
2015市場動向: TV紹介される話題のエイジング対応素材としての認知さらにすすめる。老化、美容の「力」としてエナジードリンクでも採用。由来原料も含めた情報提
供必要。
2016市場規模: 20
2016市場動向: 話題とされることが多いが利用者の充分な理解までには至らず。若さ維持の実感がどのように得られるのか。具体的な点示す必要。美容等別の機能
分野探すことも課題。
2017市場規模: 20
2017市場動向: 老化予防、若さ維持の機能実感しにくいためか、認知、採用製品の動き鈍い。継続利用での体調維持など健康管理面を植物油機能成分とともに情報
提供。





この記事に

レシチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ レシチン 2018収載 素材 レシチン 1997市場規模 80 1997市場動向 高齢化社会対応素材として、同様の機能を持つ素材との複合、相乗機能を図る方向。原料自体への関心も高まる。 1998市場規模 80 1998市場動向 レシチン、サポニン、イソフラボンなど高齢化社会対応機能を含有する各素材(大豆、卵等)に注目集まる。 1999市場規模 60 1999市場動向 原料素材が判る製品の継続利用多い。中高年対応機能の具体例欲しい。これまでの研究報告を整理し情報提供を。 2000市場規模 60 2000市場動向 大豆、卵黄等安心素材面打出す。認知対応、脳内栄養データ啓蒙さらに必要。カプセルに加え、明らか食品に近い形状品支持継続。 2001市場規模 60 2001市場動向 高齢化社会対応素材としての認知広めるためにも、機能研究データ積極公開を。原料(大豆、卵黄等)による違いも。 2002市場規模 60 2002市場動向 脳内栄養について、他の脳内機能素材とも比較してより判りやすい説明必要。食事摂取との比較も必要。 2003市場規模 70 2003市場動向 大豆、卵黄、卵油由来それぞれの生理機能比較必要。PS等構成成分との違いも判りやすく。ヨーグルトとの組合せ支持継続。 2004市場規模 70 2004市場動向 先行認知の頭脳栄養以外の生理機能示す必要。中高年層だけでなく女性層へのアプローチを。 2005市場規模 70 2005市場動向 高齢化社会対応、積極予防機能の内容を判りやすく示すとともに、美容機能の認知も広めたい。 2006市場規模 60 2006市場動向 市場での美容素材の動きをとらえ日常摂取、美容機能提案積極的に。引き続き脳内栄養機能情報提供を。 2007市場規模 50 2007市場動向 脳内栄養機能、「眼」対応機能素材との組合せで提案。体感自覚で継続利用。美容機能も売れ筋素材と組合わせ模索。 2008市場規模 40 2008市場動向 高齢化社会対応素材として、喜ばれて継続利用。まだ認知していない対象者があり、情報提供の方法検討を。 2009市場規模 40 2009市場動向 粉末顆粒製品を食事の中で利用。酸化を抑えたカプセルタイプ有。継続摂取により年齢体調維持図る。 2010市場規模 40 2010市場動向 高齢者対応素材として根強い。粉末、顆粒、細粒にしてヨーグルト、飲料、料理に混ぜて摂る習慣も。大容量で息の長い製品有り。 2011市場規模 40 2011市場動向 食生活に利用できる形態のものが支持。特に高齢者分野では、シンプルな製品を、料理・デザートに取り入れている(豆腐、ヨーグルトなど)。一定量 継続摂取がポイント。 2012市場規模 50 2012市場動向 料理やデザートにふりかける粉砕、顆粒タイプで、従来から食生活に取り入れている製品は継続支持。定番品普及広がる。高齢者まで幅広い利用者 の体感度調査を。 2013市場規模 40 2013市場動向 高齢者対応機能素材として、30年以上継続して市場で支持。毎日の食生活の中での利用が定着。利用者の年齢層情報提供を。具体的な改善自覚例 示し説明。 2014市場規模 30 2014市場動向 顆粒タイプをデザート、飲料、スープ、主菜にかけて摂取する従来からの利用方法を実践する人継続。中高年者だけでなく女性にも広がり。食生活ラ イフスタイル提案。 2015市場規模: 20 2015市場動向: 従来、ヨーグルトなどデザートや飲料、食品などにふりかけて利用されてきたが、普及し始めたスムージーでも利用。幅広い年代層での日常食生活の 中に位置づけ提案。 2016市場規模: 10 2016市場動向: 中高年栄養補助食品として50年以上前に紹介された大豆粉砕物が、味や形状を整えながら継続支持。最近のスムージー、グラノーラなどにも採用。 利用年代層幅広がる。 2017市場規模: 10 2017市場動向: 高齢層対応脳内栄養再注目され動きが出始めている。古くからの栄養学製品が現代風にどうリニュアルされていくか。病院売店等でも安心して並べら れる。






この記事に

霊芝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ レイシ(チャ) 2018収載
素材 霊芝
1997市場規模 80
1997市場動向 新たに茸関連素材の免疫機能に注目が集まっており、機能成分の内容等差別化することでの啓蒙が必要。
1998市場規模 100
1998市場動向 免疫機能発揮量(摂取量)が多いため、高濃度品に動き。高分子多糖体の機能研究が客観的に実施されるべき。
1999市場規模 100
1999市場動向 より機能を発揮されるよう高濃度品開発進む。それぞれの茸類と差別化するため、含有機能成分の内容及び研究をあらためて紹介すべき。
2000市場規模 90
2000市場動向 欧米のデータも含め、免疫に関し積み重ねられてきた研究内容再確認を。他の免疫賦活素材との組合せ模索。
2001市場規模 90
2001市場動向 高濃度品に期待。機能成分品質の確保をした上で免疫学的摂取方法情報提供を(リンパ球数等指標数値提示)。
2002市場規模 90
2002市場動向 ネットワーク販売で茸類素材のひとつとして採用増。機能成分・生理機能発揮量情報整理必要。
2003市場規模 90
2003市場動向 免疫賦活機能について有用量、摂取期間情報提供必要。高濃度品利用者増。肝臓対応機能期待。
2004市場規模 90
2004市場動向 新参入通販採用で動き。追随採用するメーカー増える見込。免疫賦活機能臨床データとられる。
2005市場規模 100
2005市場動向 原料種類増。それぞれ科学的に生理機能内容説明必要。海外からの製品引き合い増。インターネット対応整備進められる。
2006市場規模 110
2006市場動向 通販で引き続き伸び。宣伝講習販売での堅い動き。原料製造方法等選択される。情報公開求められる。
2007市場規模 100
2007市場動向 支持根強い。海外へ製品輸出も。専門メーカー日常提案活動で地道な努力。種類による機能情報提供を。
2008市場規模 90
2008市場動向 宣伝講習販売で体感素材として支持。品質に最大関心。利用者、より高い品質へと向かう方向。
2009市場規模 90
2009市場動向 滋養素材が探されている中、従来からの一定品質品支持。過去利用者再び戻る傾向。製品内容について、丁寧に説明を。
2010市場規模 90
2010市場動向 一定品質価格で、信頼できる素材が国内だけでなく海外でも引き合い。継続利用にもつながる。ドリンクに加えエキス加工品(粉末、顆粒、タブレット等
)でも味を検討。
2011市場規模 90
2011市場動向 様々な機能の中で支持される免疫対応機能。継続摂取でコンク品の需要増えている。店販ルートでの一部商品提供不安から、利用者自ら探す努力
みられる。
2012市場規模 80
2012市場動向 古くからの免疫対応素材として経験的信頼性高い。継続摂取しやすさ、高濃度品、原料品質など目的にかなう製品開発。医療現場でも臨床例積み重
ねられる。
2013市場規模 80
2013市場動向 世界各地域で評価されてきた漢方素材として認知度高い。摂取方法について、臨床データが積み重ねられる。継続摂取がポイント。その内容情報提
供必要。
2014市場規模 80
2014市場動向 5億本規模ブランド健康茶採用。ドリンクでも広がり。一定価格帯製品選択、定期利用支持拡大。海外からの引合い増。国内栽培農園増。地域産健康
素材として情報発信。
2015市場規模: 90
2015市場動向: 漢方素材として、医薬品併用の臨床例採用も多く認知度高い。健康食品としても一定価格帯製品として継続支持。国産、海外産原料の調達の課題(量
、時期)解決探る。
2016市場規模: 100
2016市場動向: 特定旅行者ニーズ受ける。高価格帯商品のひとつとして認知。いわゆる輸入漢方素材としての扱い(薬系ルート)とは別に、毎年生産される素材によ
る健康食品市場伸び。
2017市場規模: 100
2017市場動向: 毎年生産されている事実を知らない利用者多い。乾燥漢方素材のイメージ有。全体の生産量等は把握されていないが、海外生産原料輸入し製造する
動きも。




この記事に

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事