ここから本文です
ヘルスフードレポートhealthfoodreportⓇ
健康志向食品市場動向1,500円/事業者一覧9,800円/申込メールhealthfoodreport2@yahoo.co.jp

書庫『hfr流通ルート1998~』

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

老人ホーム/市場動向流通ルート50音順1998- 山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreport登録商標Ⓡ』著作権所有Ⓒ

  ルート・フリガナ            ロウジンホーム

    ルート                  老人ホーム

    1998年市場動向            栄養士への情報提供必要。家族などの年代層の考慮も必要。カルシウム、腸内環境改善製
                         品流通。炊飯等料理への栄養補給型製品採用。
    1999年市場動向            施設タイプ把握必要。腸内環境改善素材、骨粗鬆症対応素材提案。自然食品(特に菓子)
                         にも支持。

    2000年市場動向            シャンピニオン、オリゴ糖等腸内環境改善素材が大容量・特別価格で提案採用。間食菓子
                         製品に栄養機能付与。

    2001年市場動向            引き続き腸内環境改善素材が求められ流通。まだ一部しか普及されておらず開拓の可能性
                         有。改善実感への試供品展開を。

    2002年市場動向            高齢者対応素材、腸内環境改善素材が理解の得られやすい価格帯で提案。摂取しやすさ
                         も重要。健康茶関連普及しやすい。

    2003年市場動向            施設給食民間委託の流れ把握。食事・間食シーンへの提案と、高齢者対応製品販売事業
                         提案が行われる。運営主体見極め必要。
    2004年市場動向            老化予防、筋肉・関節栄養素材提案。腸内環境対応素材、毎日利用できる価格帯で採用。


    2005年市場動向            高齢者対応素材、製品、摂取しやすいかたちで提案。腸内環境対応素材、ミネラル吸収促
                         進素材に理解。

    2006年市場動向            施設給食外部委託化進む。間食も含め入所者のために、免疫を高める素材選択に理解。便
                         性改善素材も。

    2007年市場動向            腸内環境改善素材先行採用。着実な浸透。少量摂取がポイント。喜ばれる素材として提案。
                         モニター提案。

    2008年市場動向            便性改善素材、臭対応素材が現場、家族の要望により普及。系列で本格採用検討も。試供
                         品提供し改善理解。

    2009年市場動向            お茶、料理などに入れる、無味無臭の嚥下対応素材製品普及広がる。施設として便性改善
                         、臭対応機能は関心度高い。利用者が積極試用する例増。

    2010年市場動向            高齢者対応素材(腸内環境改善、嚥下等)が日常的に利用されている実態を多く紹介する
                         必要。利用して喜ばれる素材として支持。社会的な意味、貢献度知る。

    2011年市場動向            嚥下対応分野は身近な情報。植物由来、動物由来等素材による選択有り。情報発信地とし
                         て、家庭での摂取方法の参考となるよう公開を。
    2012年市場動向            食事、間食、嚥下、排泄、睡眠、精神状況等は重要な要素。それぞれに関わる食品につい
                         て、メーカー、施設、利用者間の情報共有を。

    2013年市場動向            施設数、利用者数、待機者数は今後も増加していく。新たな用途開発のひとつとして、具体
                         的な食品製品、素材を絞り提案。まず試用、モニター利用から始める。

    2014年市場動向            保険利用可能な給食、栄養食品範囲確認。高齢者で支持されている間食、自然食、嗜好品
                         の幅を広げた選択提案を。楽しみもひとつの材料。少量摂取での機能発揮も選択肢。

    2015年市場動向:           おいしく、摂取しやすく、便性改善など判りやすいシロップタイプのオリゴ糖が継続支持。同
                         様のコンセプト持つ機能素材探す。直接提供する施設サイドへの働きかけ。

    2016年市場動             施設給食、嚥下関連食材・食品、関食品などでの採用。一定期間無料試供による提案が多
                         い。そのためのメーカー間競争も激しい。低価格化、多種・多様化図られる。

    2017年市場動             1施設100人年間1000食合計10万食規模に対する間食含む食材提案。トップダウンの熾烈
                         な月間試供提案競争続く。コスト意識高い。嚥下関連必須。



出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
■『ヘルスフードレポート/HealthFoodReport登録商標 健康志向食品市場動向』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
………………………………………………………………………………………………………

この記事に

量販店/市場動向流通ルート50音順1998- 山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreport登録商標Ⓡ』著作権所有Ⓒ

 ルート・フリガナ            リョウハンテン

    ルート                  量販店

    1998年市場動向            サプリメントが菓子コーナー、レジ周りコーナーに並び始めた。PB化する動き。ダイエットシ
                         ーズンには健康茶などとイベントコーナーも。
    1999年市場動向            スペースあるが売れ筋商品選択難しい。一般食品と並べて納得のいく製品開発求められる
                         。イベント展開模索。

    2000年市場動向            健康食品は店内ドラッグコーナーでの採用増。健食コーナー設置課題。他の陳列品同様、
                         量販可能な製品をイベントで模索。

    2001年市場動向            自然食品は一般食品コーナーに。健康食品は店内ドラッグコーナーに。明らか食品機能成
                         分、食品生理機能PR検討必要。

    2002年市場動向            売れ筋品、徳用品飲料、茶等扱い。各種コーナーの商品と関係のある健食製品を、レジ周
                         りに機能目的別に置く提案を。

    2003年市場動向            機能性飲料大量陳列。シリアル、プロテイン、青汁、健康油、自然塩等毎日の食事関連製品
                         採用広がる。
    2004年市場動向            健康油、健康酢、糖類、塩等調味料分野定番化。チルド分野1兆5千億円中健康機能製品市
                         場拡大。

    2005年市場動向            「健康」関連コーナーに改善自覚可能な商品採用される。割安感価格に敏感。売場提案含
                         め戦略的にアプローチ必要。

    2006年市場動向            売れ筋売場提案必要。来店者層に対応した素材選択、売り場構成。「健康」関連コーナー
                         以外への提案模索。

    2007年市場動向            体感素材中心に、健康機器・器具コーナーで売場提案。サンプル、モニター提案で継続利
                         用者開拓。レジ周辺で採用図る動き。

    2008年市場動向            売れ筋、体感素材製品の健康コーナー提案を。医薬部外品も可能性探る。体感素材製品試
                         供品提供。マネキンでキャンペーン展開。

    2009年市場動向            眼、関節、滋養素材製品を、判りやすく、関連する製品の周辺に。健康機器コーナーだけで
                         なく、レジ周りでの展開も促す。

    2010年市場動向            健康関連機器、用品コーナーへの併設提案。ブーム素材製品は大量、島小間陳列。継続利
                         用製品のまとめ買いも。ドリンクコーナー拡大。ポイントカード普及へ。

    2011年市場動向            高齢者対応食品のコーナーづくり提案。継続利用も狙う。健康用品・機器とのコラボ実施。
                         地域により、海外からの旅行客向け提案。
    2012年市場動向            ブーム時のコーナーづくり臨機応変。健康関連、介護・看護関連、老後関連、防災・安全関
                         連等様々な組み合わせ提案。

    2013年市場動向            体重、体脂肪計関連での食生活提案に年代層の広がり。食事メニュー、サプリメントに加え
                         ライフスタイル提案も。生活家電含む売り場構築。

    2014年市場動向            関連会社設立し店舗以外に会員化、通販分野開拓。ダイエット、メタボリック等判りやすいコ
                         ンセプトで品揃え、PB。セール、キャンペーンなど店販並みの展開試す。

    2015年市場動向:           会員組織化し直販分野広げる例増。店名ブランドの浸透、囲い込み図る活動のひとつとして
                         、店内にある様々な商品を順次紹介。健康食品は継続利用狙い。

    2016年市場動             特定旅行者ニーズを受けたかたちでの商品品揃え。軒並み売り上げ増。売り場拡大、出店
                         続く。どこまで対応していくのか。見極めが今後の課題。

    2017年市場動             「爆買い」内容の変化に対応。日本独自の素材、商品選択、価格帯など引き続き検討重ねら
                         れる。医薬品・健康食品コーナー設置増。



出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
■『ヘルスフードレポート/HealthFoodReport登録商標 健康志向食品市場動向』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
………………………………………………………………………………………………………

この記事に

理容/市場動向流通ルート50音順1998- 山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreport登録商標Ⓡ』著作権所有Ⓒ

  ルート・フリガナ            リヨウ

    ルート                  理容

    1998年市場動向            所属団体イベント、会報誌協賛。サンプル配布が第一歩。家族への働きかけ有効。

    1999年市場動向            地域密着型。話題製品には興味。独自に代理店となる場合も。


    2000年市場動向            来店者の家庭への情報持ち帰り期待。「髪」関連素材への関心を製品販売に結びつけるに
                         は実績・信用必要。待合コーナーへの提案模索。

    2001年市場動向            規制緩和微量ミネラル素材の内容紹介。メカニズム説明も含め地道な啓蒙、普及活動必要
                         。

    2002年市場動向            微量ミネラルと毛髪の関係への理解深めるための努力必要。メカニズムも含め生理機能情
                         報整理されるべき。改善自覚迄の期間長いことを考慮。

    2003年市場動向            食品、食事との関係示す科学的データ提供必要。モニター展開等改善自覚により普及可能
                         性探る。
    2004年市場動向            モニター参加型のミネラル関連製品提案。老化予防等シルバー関連も増。既存出入り業者
                         と検討。

    2005年市場動向            健康食品を副業採用する店増。代理店化の可能性探る。抗酸化機能素材製品を中高年層
                         に。「若さ」提案。

    2006年市場動向            コーナーどり行う店も。体感素材選択。大会、研修会協賛、納入業者への働きかけ、店主の
                         充分な理解必要。

    2007年市場動向            体感製品利用者、代理店になる例増。店内コーナーに品揃え提案。モニター提案に理解。
                         継続利用者開拓目的。

    2008年市場動向            総会、イベント協賛。食品機能内容判りやすく。利用者家族構成考慮。試供品提供幅広く。
                         改善自覚で継続利用。

    2009年市場動向            試用機会を利用者が持てるよう情報提供。改善自覚体感期間分、必要に応じて。申込みに
                         より利用者開拓。継続情報提供。

    2010年市場動向            体感期間個人差有り。食生活への提案試用機会多くする努力を。継続利用しやすい形態を
                         。家族で利用できる情報も。本部PB品品揃え。

    2011年市場動向            長期間の試用過程明らかにし提案。食生活との関連示し参加募る。男性、女性の両方に対
                         し提案。年齢層も幅広く設定し可能性探る。
    2012年市場動向            独自PB製品提案。老化対応、積極予防、前向き摂取の試用展開図る。機能素材による摂
                         取期間の設定を具体的に機能毎に検討。

    2013年市場動向            会員大会、イベントでの紹介、提案。若さ維持分野をあらためて開拓。70代以上に加え、50
                         〜60代を対象とした予備軍への働きかけ探る。

    2014年市場動向            利用者年齢層毎に試供、モニター提案。馴染みやすい食品素材、オーガニック素材を使用
                         した製品開発検討。オーナーへの働きかけ、jコーナーづくり、サンプル提供図る。

    2015年市場動向:           毛髪関連の健康食品普及は長く試みられているが数は少ない。毛髪ケア商品ブランドに品
                         揃えされた対象年齢層向け栄養補給サプリメント(滋養、関節関連等)は試用。

    2016年市場動             理容用品メーカーによる健康食品提案に対応。モニター利用による参加。毛髪関連以外の
                         年齢対応(老化予防関連)サプリメントの割合が多い。

    2017年市場動             健康食品PBを品揃えする本部を持つ関連製品企業も。1日利用客は少ないが、モニター提
                         案などしやすい環境を活かした取組み。



出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
■『ヘルスフードレポート/HealthFoodReport登録商標 健康志向食品市場動向』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
………………………………………………………………………………………………………

この記事に

養蜂/市場動向流通ルート50音順1998- 山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreport登録商標Ⓡ』著作権所有Ⓒ

  ルート・フリガナ            ヨウホウルート

    ルート                  養蜂

    1998年市場動向            古くからの顧客名簿をもとに各種製品独自提案。自然食品としてのイメージ強い。

    1999年市場動向            長年の利用者に小分け販売。地方代理店を兼ねる業者有。


    2000年市場動向            ローヤルゼリー、プロポリスが主だが健食全般に興味度高い。小ロット取扱い。配置薬と同
                         様の業態が多い。

    2001年市場動向            昔からの利用者名簿をもとに展開。現代的な直販システム模索。全国各地に業者。


    2002年市場動向            全国に家族で行う小規模事業者有。中堅事業者は直販システム構築、蜂産品だけでなく幅
                         広く健食製品取扱い。大きな業績示す企業も。

    2003年市場動向            蜂産品各種取扱い。長年の利用者に他の健食製品紹介する業者も。通販・フリーダイヤル
                         設定で業態変更・規模拡大図る動き有。
    2004年市場動向            蜂蜜専門ショップ人気をどのように取り込むか。落ち着きをみせるローヤルゼリー、プロポリ
                         スに再期待。

    2005年市場動向            古くからの愛用者に向けた提案。プロポリス生理機能あらためて情報提供。各種原料提案
                         で採用検討。

    2006年市場動向            はちみつブーム追風なるか。原産地表示適切に。各種健康食品の代理店となる業者も。


    2007年市場動向            あらためて、「蜂の子」に動き。改善自覚体感素材。仕入製品品揃え。受け継ぐ得意先さら
                         に開拓。会員化図る動きも。

    2008年市場動向            耳鳴り対応機能「蜂の子」継続。把握利用者への体感素材製品試供品提案。天然の滋養機
                         能で改善自覚。

    2009年市場動向            滋養機能持つ素材をあらためて試してもらう努力を。日常食生活に取り入れることで体感、
                         改善自覚、体力に結びつく提案。

    2010年市場動向            利用世帯、世代つなぐことができるか課題。品質の確かさ、信頼による。新・継続利用素材
                         製品提案。家族での利用も促す内容を。

    2011年市場動向            引き続き原産地情報に敏感。素材内容等適切な情報提供必要。ウイルス対応機能素材とし
                         てプロポリスが注目。その味等から判り易さ支持。
    2012年市場動向            歴史ある滋養、美容健康食品としての蜂産品が再評価。体感型素材として支持。天然品原
                         料に限りがあるため、製品設計、利用方法に工夫。

    2013年市場動向            自家消費、固定客消費に対応した規模のため、大きな展開は見込めない。基本的な健康自
                         然食品情報に敏感。日常摂取。新たに養蜂家養成の動きも。

    2014年市場動向            従来からの個人経営での規模は約1,000万円。これまでの愛用者に支えられて提供維持。
                         インターネットを使って通販取り入れるが、急伸はみられていない。さらに工夫必要。

    2015年市場動向:           蜂蜜、ローヤルゼリー、プロポリス、花粉、蜂の子など蜂産品とされる素材、製品の生産、製
                         造、提供サイドから利用者へアドバイス。味、機能体感による支持。

    2016年市場動             国内養蜂家による生産品、海外原料採用商品の紹介などは既存の継続利用者対象。販売
                         拠点としての土産物店、専門店、デパートでも継続利用者多い。新規利用者開拓課題。

    2017年市場動             個人事業規模は1000万円以下と小さい。長年の固定利用客を対象にきめ細かい販売展開
                         。インターネット利用し全国への情報発信も。商品選択見直し。






出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
■『ヘルスフードレポート/HealthFoodReport登録商標 健康志向食品市場動向』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
………………………………………………………………………………………………………

この記事に

薬局・薬店/市場動向流通ルート50音順1998- 山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreport登録商標Ⓡ』著作権所有Ⓒ

  ルート・フリガナ            ヤッキョク・ヤクテン

    ルート                  薬局・薬店

    1998年市場動向            薬系ルート再編、チェーン店化などで再構築中。売上横ばい。

    1999年市場動向            売上直接伸びないものの、説得商品販売には有効なルート。中高年対象、漢方薬利用者対
                         象、慢性状況対象の製品を着実に説明。

    2000年市場動向            製品を推奨する会員店の組織化図るメーカーの動き活発。適正価格・適正啓蒙での製品定
                         着目的。免疫製剤等使用者に情報提供。

    2001年市場動向            推売品になるまでには様々な提案必要。医薬品製剤との比較も。副作用が解消される製品
                         に関心。

    2002年市場動向            慢性状況改善素材、副作用代替素材に関心。会員化図るメーカーの動き次々と。新しい直
                         接卸のシステム各社模索。

    2003年市場動向            肝臓対応素材情報収集の窓口となる可能性。データ提供し理解図る必要。系列専売品を推
                         売する傾向有。
    2004年市場動向            専門性活かした利用者への情報提供模索(副作用のない疾病対応健康食品など)。疾病積
                         極予防素材提案。

    2005年市場動向            医薬品利用者に適切な情報提供。小セミナー等も開催。店主に臨床データ研修提案必要。


    2006年市場動向            店主つうじ利用者参加セミナー開催。副作用対応素材紹介。日常食生活で利用できるアレ
                         ルギー対応素材情報提供を。

    2007年市場動向            美容・美肌製品棚どり続く。体感素材製品モニター提案する例も。ネットワーク系素材製品、
                         低価格帯で売れ筋。副作用代替素材に理解。

    2008年市場動向            部外品の通販展開に連動。自からエリア内継続利用者開拓する店も。健康食品売れ筋製
                         品さらに絞りこみ。

    2009年市場動向            エリア内、医薬品、医薬部外品、健康食品の利用者を開拓、アフターケア。雑貨等日常生活
                         必需品割安情報と組合せ。

    2010年市場動向            副作用の無い健食素材データを引き続き提供。長く支持されている、滋養関連、便関連、美
                         容関連の試用再提案。摂りやすさでエキスタイプ製品に理解。

    2011年市場動向            漢方系、ハーブ系サプリメント内容(医薬品併用等)確認。健康食品研修会、講習会参加者
                         増。高齢者対応製品のコーナーづくり検討。
    2012年市場動向            地元地域エリア内の利用者会員化図る動き活発。各店で、医薬品との併用利用、摂取方法
                         の小規模な講習会要望に対応。体感型素材モニターに理解。

    2013年市場動向            昨年副作用のない血栓溶解機能・EPA製剤300億円市場に、ジェネリック品100億円上乗
                         せ。今年さらに増え合計500億円規模に拡大する見込みも。健食分野期待。

    2014年市場動向            otc医薬品市場、メーカー約200社・約10,000アイテム・約6,000億円。全国薬系店舗6〜7万
                         店・1店舗平均医薬品1,000万円程度(売上のバラつき、差はチェーン店、個人店で大きい)。

    2015年市場動向:           otc医薬品市場、メーカー約200社10,000アイテム約6,000億円。1社50アイテム約30億円。
                         薬系ルート専売品(経口補水液等)開発提案。便対応健康食品支持。

    2016年市場動             抜歯や手術前の服用停止医薬品、妊産婦や子供などの制限等重要情報説明の役割。全体
                         として進めるジェネリック医薬品普及による医療費削減にも役割。

    2017年市場動             「爆買い」対応は落ち着き。継続した需要に対する準備課題。従来はチラシ等での情報発信
                         だったがインターネットへと移り内容検討具体的。





出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
■『ヘルスフードレポート/HealthFoodReport登録商標 健康志向食品市場動向』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
………………………………………………………………………………………………………

この記事に

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事