Heartail---ココロのシッポ

特亜問題や凶悪犯罪が続く上、度重なる天災等でいささかココロも疲れてゆる〜いブログにしてます

今!伝えたいこと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

文科省に「反対」のパブリックコメントを!

イメージ

 昭和の時代、「財布の中に聖徳太子が何枚ある」とか、印刷された一万円札を「聖徳太子」と呼んだものだ。
その聖徳太子もいまや福沢諭吉に変わってしまった。

お札の世界ならばそれも致し方ないが、いま学校の歴史教科書から聖徳太子が消えようとしている。
23日の産経新聞コラム「正論」で藤岡信勝拓大客員教授が取り上げている。

まったく知らなかった。安倍政権の歴史教育改革は順調に進んでいると信じていたばかりなのに。
Ponko同様に知らなかった人のためにその抜粋を以下ご紹介する。


⇒産経新聞(2017/2/23)
周到な「聖徳太子抹殺計画」 次期指導要領案は看過できない 
拓殖大学客員教授・藤岡信勝


イメージ
               拓殖大学客員教授・藤岡信勝氏(栗橋隆悦撮影)

≪国民に「厩戸王」の定着を狙う≫

 文部科学省は2月14日、次期学習指導要領の改訂案を公表した。その中に、国民として決して看過できない問題がある。日本史上重要な人物で、日本国家自立の精神的よりどころとなった聖徳太子の名を歴史教育から抹殺し、「厩戸王(うまやどのおう)」という呼称に置き換える案が含まれているのである。


(改訂案ではこの聖徳太子が「厩戸王(聖徳太子)」に突如として置き換えられてしまった)

ということは、新学習指導要領とそれに基づく歴史教科書によって「厩戸王」が国民の間に定着すれば、次期改訂ではこの注記は無くしてしまえるということになる

改訂案は、小学校ではこの表記の前後を入れ替えて「聖徳太子(厩戸王)」と教えることにするという。学校段階に応じて「厩戸王」という呼称に順次慣れさせ、「聖徳太子」の呼称をフェイド・アウトさせる。周到な「聖徳太子抹殺計画」といえるだろう

今から20年近く前に、日本史学界の一部で唱えられた「聖徳太子虚構説」と呼ばれる学説だ

ところが、事情は不明だが文科省は、この珍説が歴史学界の通説であるととらえてしまったようだ。
この説は日本国家を否定する反日左翼の運動に利用されているのであり、その触手が中央教育行政にまで及んだ結果である


 聖徳太子抹殺の影響は古代史のみにとどまらない。明治以降発行された紙幣の人物像として最も多く登場したのは聖徳太子である。このことが象徴するように、聖徳太子は日本人の精神の支えとなる人物だったのだ。」

 聖徳太子の抹殺は日本国家を精神的に解体させる重大な一歩である。『日本を取り戻す』ことを掲げて誕生した安倍晋三政権のもとで見逃されてよいはずがない。」

 だが、まだ間に合う。文科省は学習指導要領の改訂案について、3月15日まで国民の意見をパブリック・コメントとして募集している
。『聖徳太子の呼称を厩戸王に変えるな』という明確なメッセージを文科省に届けて、日本の歴史教育を救わねばならない。(拓殖大学客員教授・藤岡信勝 ふじおかのぶかつ)


(抜粋終わり)

聖徳太子は「日出るところの天子」と中国を見下した手紙を小野妹子に持たせて隋の煬帝を激怒させたという話は有名である。
中国に毅然とした態度を取れない現在の日本の不甲斐なさに比べれば大したものである。
保守派にとっては福沢諭吉の「脱亜論」と並び称されている。

左翼メディアは当然のことながら聖徳太子虚構説に与する。
日本人に根付いている聖徳太子のイメージを払拭し日本人の自信を挫こうとしているのかもしれない。

学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施について案件番号 185000878

キーワードで検索し、下部にある「意見提出フォーム」から「聖徳太子を歴史教科書から抹殺するな」と意見しよう。

*************************************
クリックをお願いします。
『にほんブログ村』政治ブログランキング
 『FC2ブログランキング』 
************************************



転載元転載元: 反日勢力を斬る(2)

10月15日(木)

午後6時すぎ〜救う会東京連続集会に参加した。
いつも芝公園で開催する際はつい遅刻しがちになってしまうが、きょうは逆に早すぎたので開催前に着いて少しだけお手伝い。
マスコミも何社か、カメラのセッティングをしていた。

きょうの内容は、9月21日に拉致被害者田口八重子さんの息子さん(当時1歳、現在38歳)が、ジュネーブの国連人権理事会における北朝鮮人権状況に関するパネル・ディスカッションに日本の拉致被害者家族会代表として報告したこと、横田めぐみさんの弟さんの横田拓也さんがシンポジウムで訴えを述べたことが、それぞれ御本人方から報告されました。

イメージ 1

写真が暗くて面目ない(--;;;)


なお、政府からの同行者は、石川正一郎拉致問題対策本部事務局長が出席。
耕一郎さんの報告のほか、多くの国(日本、EUを含む27の国及び地域)が拉致問題を始めとする北朝鮮の人権問題の解決を求める趣旨の発言がなされた。

耕一郎さんは、母の思い出や記憶も無いまま母親のぬくもりを奪われ過ごしてきたこと、拉致問題がいかに残酷で罪深いことなど誰にでも解りやすいように訴える文言を吟味したと話していました。また、報告後にぶらさがりインタビューを受けていたとき、北朝鮮の関係者が近くへ来て様子をうかがっていたそうです。
国連側もかなり緊張していて、文言の中に「NorthKoria」という言い方はせず他の言い回しにするように指示されたとのこと。

パネルディスカッションでは北朝鮮側の反論もあったが、近くにいた他国の女性外交官が、見るからに呆れた様子だったそう。北朝鮮は明らかに国際社会からも批難の的になっています。

拓也さんは、国連人権理事会で以前より拉致問題に関心を寄せている諸氏から、早紀江さんの息子であることもきちんと把握してくれていて、必死に救出を求めていることを改めて認識してもらえたとのこと。

とにかく、もう時間が無いのです。
一刻も早い救出のために私達国民が怒りの世論を高め政府のお尻に火をつけるしかありません。







イメージ 1

昨日、衆議院第一議員会館で行われた緊急集会に行ってきました。
早い話、この問題を遅滞させているのは外務省です。
結論から申しますと、今私たちがすべきことは、首相官邸へ
一刻も早く被害者を救出しろ!という全国民の強い要請、なかなか救出できない現状への抗議の声です。
皆さん、タイトルのみ又は短文でいいので、首相官邸に声を送ってください。

既に解っている拉致実行犯が逮捕もされずに日本でのうのうと暮らしています。工作員も野放しです。朝鮮総連に対する制裁も緩い状態です。これらを徹底的に締め上げ北に強い制裁を加えるよう、国民として強く要請しましょう。

送り先:首相官邸

はがき 〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目3−1
電話  03-3581-0101
ファクス 03-3581-3883
メール(首相官邸サイト) https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


以下、新しい歴史教科書をつくる会東京支部の池田克彦氏のレポートを転載します。

---転載ここから---
昨16日(木)衆院第一議員会館にて、家族会・救う会・拉致議連主催による 「拉致問題緊急集会」 が開催され、拉致問題担当大臣、国会議員が参加して諸々の報告・議論がありました、参加者は主催者発表によると250人とのことです。
 
主催者からの報告
 
  『拉致に関して、北朝鮮は「夏の終わりごろから秋の初めに再調査結果を出す」という約束を破ったうえ、10月7日、国連本部で各国外交官らに対し、「拉致問題は完全に解決済み」「日本が義務を果たすべき」と暴言吐いた
いまこそ期限を切って、拉致被害者に関する調査結果を出させ、さもないと制裁をかけなおすという断固たる処置を通告すべき
 


登壇者の演説の要旨
 

西岡 力氏

北朝鮮の国連における発言に対し、日本政府は何の反論もしていない
 

松原 仁衆院議員

外務省に対する不信感をはっきり表明し、「北朝鮮との交渉には外務省はずすべき」と発言。
 

中山恭子参院議員

外務省は 「北朝鮮との国交正常化が目的で、拉致問題解決は外務省の責務ではない」と考えている、と発言。
 

西村眞吾衆院議員

 「北朝鮮との交渉外務省はずして代表団を結成しろ」と発言。
 

その他の登壇者の発言も、外務省の姿勢に関して非常に厳しい評価を下し、別の代表団を結成すべきと強い意見が多かったという印象です。

---転載ここまで---






北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し、政府に毅然たる対応を求める10/16緊急集会


 北朝鮮は、「夏の終わりから秋の初めに最初の再調査結果を出す」という約束を一方的に破っただけでなく、10月7日ニューヨーク国連本部で各国外交官らに「拉致問題は完全に解決済み」「日本が義務を果たすべき」と暴言をはきました。ところが報道によると、政府は平壌に代表団を出し、墓参の事業化を行うなど、北朝鮮のペースに乗せられています。いまこそ期限を切って、それまでに制裁かけ直しや協議を白紙化するという断固たる通告をすべきです。

 北朝鮮の開き直りに抗議し、安倍政権に毅然とした対応を訴える緊急集会を開きます。
ともに怒りの声を上げましょう。


日 時 平成26年10月16日(木) 開場5時45分 開会午後6時〜7時45分 
                        ※場所柄、遅刻参加はご遠慮ください。

場 所 衆議院第一議員会館 地下1階大会議室

主 催 家族会・救う会・拉致議連

参加費 無料(先着順 事前申し込み不要)



交 通 地下鉄丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」1番出口から徒歩3分
     「溜池山王」・「永田町」駅から徒歩6分

連絡先 救う会事務局 03−3946−5780 

開く トラックバック(1)

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事