Angie's Sense of Wonder☆

☆映画公開前のドラマ『おっさんずラブ』をabemaTVで観ています♪

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


『夢枕に立つ友人』


五年前、幼稚園時代からの幼馴染やった親友が肺炎で死んでしもた。


そいつはよく冗談交じりに、「死んだらお前のお前の枕元に

絶対に立ってやるからな」て言うてた。


俺の方も、「虚弱なお前よりも、無茶して事故死しそうな俺様の方が

絶対に早死にするやろから、こっちが先手取るやろな」なんて言うてた。


そいつが死んでから二週間も経ってなかった思うんやけど、ショックから立ち直れず、

他の連れたちとも殆ど会わんとアパートにひとりで居てた。


夜になりロフトで寝ていると、小さな地震のような振動で目が覚めた。


俺はそういった振動で目を覚ますことが多かったので、また地震でも

来たかな思て、下にある電光表示の時計を見ようと顔をロフトから出した。


すると死んだNが腕組みして見上げてる。


洒落っ気のない奴で、いつものワイシャツと茶系のスラックス姿で、

不敵な笑みを向けていた。


怖いとかびっくりなんてことよりも、生前に言うてたことをほんまに

やりやがったいう気持ちの方が先に立ち、頭の中で『やられた!』思た。


そしたら、それをまるで見透かしたように、「まっ、そういうことや」と

はっきり言うてロフト下の通路から玄関に向かって消えて行ってしもた。


遊びに行ったりしても、別れ際は「じゃっ」の一言だけで手も振らず

振り返りもせえへん、あいつらしいプレーンな別れかたそのままやった。


あいつの姿が消えた後も、嬉しいやら先を越されたことが悔しいやらで、

妙な気分で泣いてしもたわ。


あの野郎、今度墓参り行ったら、柄杓やのうてバケツで水かけたる(笑)。



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事