黒マグロ周遊記

体脂肪率24%、脂付いてます。チャリンコオヤジの反原発ブログ

食料危機、住民感情…運用開始「駆け付け警護」に三重苦 ケータイ投稿記事

【日刊ゲンダイより】 食料危機、住民感情…運用開始「駆け付け警護」に三重苦 (2016/12/14) 陸上自衛隊の南スーダンPKO派遣部隊の「駆け付け警護」の運用が開始されたが、現地の治安状況は国連が「前例のない危険レベル」と警告するほど悪化している。 多民族国家の南スーダンでは、最大民族ディンカ人が主体の政府軍が少数民族を迫害。これに対抗して10余りの少数民族が反政府組織をつくり、戦闘員は計10万人以上に上る。 食料危機も治安悪化に拍車をかけている。7月に首都ジュバで政府軍と反政府軍が大規模な戦闘を行って以降、全土に戦闘が拡大。収穫期に農作業ができなかったため、人口の約3割にあたる約360万人が深刻な食料不足に陥っている。 現地住民の各国のPKO部隊への反感も膨れ上がっている。反政府軍は各PKO部隊を上回る威力の武すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

【転載の続き】  ウラン濃縮工場では昨年、低レベル放射性廃棄物が入ったドラム缶を、本来の廃棄施設ではない場所に約8年間保管する不祥事が発覚。これを受け、原燃は今年6月、全社的な品質保証体制を強化するため同本部を設置した。【酒造唯】 【転載終了】

虚偽報告の体質は、改められず。 【毎日新聞より転載】 原燃:虚偽報告の疑い 施設の安全確認作業で 2016年12月14日  原子力規制委員会は14日の定例会で、ウラン濃縮工場(青森県)などを運営する日本原燃に対し、施設の安全確認作業に虚偽報告の疑いがあるとして、原子炉等規制法に基づき、来年1月末までに原因や対策を報告するよう命じた。  原燃は、ウラ ...すべて表示すべて表示

【転載の続き】 陸上部で機体の破片のような物を確認した住民もいるという。  本紙記者によると、機体の周辺には懐中電灯を光らせている米兵ら4人の姿が見えた。機体の10メートル以内に米兵1人、100メートル離れた所にほかの米兵3人が歩き回っていた。周辺では、パラシュートとみられる物も確認された。 【転載終了】 本土のマスコミは『不時着水』と、誤魔化そうと ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事