ココロの琴線に…

頬をつたうのは涙じゃなくて汗です (`・ω・´)キリッ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
しまなみアイランドライド2011で
 
御世話になったMAVICの修理屋さんです。
 
あまりの熱気で携帯のレンズが曇ってます。
 
前日のイベントでこのバイクが展示されていましたが、
 
まさか本戦で御世話になると思いませんでした。
 
修理待ち時間の貸し切り撮影会です。www
 
1日で前輪が3回もパンクしました。
 
1回目は橋の繋ぎ目の段差に気付かずに
 
ノーブレーキで通過してしまいスローパンクチャーが発生、
 
次の下り坂で空気が抜けて曲がり切れず、
 
2度突っ込み掛けました。かなり危なかった。
 
2回目は小石をパンッと跳ね上げて、
 
逝ったなぁ〜という感覚がありました。
 
瀬戸田の手前で3回目、スローパンクチャーが発生。
 
これは原因不明で心当たりもない。
 
2回のチューブ交換、暑さと疲れで腹が立ち、
 
手元が粗くなってリム噛みしていたのかも知れません。
 
一番暑い時間帯に周りに何もないし、
 
大会関係者も見当たらない場所で停止。
 
手持ちのチューブとボンベの2セットを使い切り、
 
大会事務局に電話しましたが初めの担当者が大ハズレでした。
 
たらい回し状態に・・・。
 
参加コースとゼッケンを伝えても、
 
苗字、電話番号、苗字、名前、年齢、住所、また苗字・・・質問の嵐。
 
参加者登録の意味が全くないし、
 
パンク修理の依頼に年齢確認は要らない気がするが・・・。
 
停止場所を残り25km地点の瀬戸田手前辺りと言っても伝わらず。
 
交差点、銀行、JA、学校、どれを言っても判らないそうで、
 
終いに「左は海ですか?」との問いに
 
流石にキレ気味で「スタートからここまで左はほぼ海でしたけど」と答えたら、
 
20分後にかけ直すと言われたが、電話は来ず。
 
もはや何かとりつかれているのかと思いました。
 
炎天下でただ干乾びるのを待ってもしょうがないので
 
人が居るところまで自転車を押して進むことに。
 
40分ほど歩いたところでアイス屋(ジェラート)に到着。
 
イメージ 2
 
瀬戸田デコポンシャーベットで超復活!
 
ここで2度目の電話をして他の担当者に。
 
30分後にMAVIC様が到着。
 
午後は暇だったそうで・・・なら、早よ来てくれぃ。
 
PanaracerのR'AIR(チューブ)で3回もパンクするのかとか、
 
Croser(タイヤ)がペラペラで柔らかい、午前中に落車があったとか、
 
実はMAVICの社員ではないとか。
 
修理と談笑に15分ほど。
 
ついでにガタついていたコラムを閉め直してくれました。
 
あとは何よりも4回目のパンクを避けたかったので
 
残り25kmは時間ある限りの徐行運転で5時半頃にゴール。
 
途中のASで補給水売切れ+2本の手持ちボトルが空+目の前に大量の水を発見
 
=ウェアのまま夕焼けの海にダイブ
 
飲まずとも皮膚からも水分を吸収できることを体感しました。
 
サイコーに気持ち良かったです(^▽^)/
 
イメージ 3
 
↑ ピンボケしてますが、事件現場付近です(笑)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事