環境問題を読み解くhechikoのブログ

環境問題を単に「読む」だけでなく、考察を加えて「解き」ます。

全体表示

[ リスト ]

Q.温室効果でもっとも影響が大きいのは水蒸気であり、二酸化炭素が占める割合はほんのわずかなものでしかない。にもかかわらず二酸化炭素が温暖化にもっとも関与していると宣伝しているのは実情とはかけ離れているのでは?

A.「地球が温暖であること」と「地球が温暖化していること」を混同しないようにしよう。確かに、「温室効果でもっとも影響が大きいのは水蒸気であり、二酸化炭素が占める割合はほんのわずかなものでしかない」というのは正しい。ただ、これは地球が温暖であることの原因が水蒸気にあるということであって、地球が温暖化していることの原因が水蒸気にあるということを意味しているわけではない。一方、二酸化炭素によって温暖化するという説は、地球が温暖化していることの原因が二酸化炭素にあるということであって、地球が温暖であることの原因が二酸化炭素にあるということを言っているわけではない。
「地球が温暖であるのが水蒸気のおかげであることと、地球が温暖化するのが二酸化炭素のせいであることは互いに矛盾しません。我々が今問題にしているのは地球が温暖化することだから、二酸化炭素に注目するのは当然のことだね。

ちなみに、水蒸気が温暖化にどう関わっているのかについては、まだはっきりとはわかっていないようだ。水蒸気が増えれば温室効果によって気温が上昇する一方、雲ができることによって気温が下降すると考えられている。総合的に見てどちらの方向に転ぶのかはどうも微妙なところらしい。
なお、人間の経済活動で排出される水蒸気は、自然現象によって排出される水蒸気と比較すると無視しうる程度であり、大気中濃度への変動効果も無視しうる。また大気中に存在している時間もCO2と比べると短いので、規制の対象にはなっていない。

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

ただ単に温室効果ガスを二酸化炭素に代表させているだけであって、二酸化炭素のみが温暖化に寄与していると主張しているわけではないことはご理解下さい。まあ、次回からはもうちょっと配慮した書き方にします。 他の気体やエーロゾルについては、いずれ書こうかと思います。

2005/11/25(金) 午前 11:40 [ hec*i*o ] 返信する

顔アイコン

水蒸気は「地球を温暖化する」効果があると思うのですが・・・。 雲は水が主要な成分です。また水蒸気は雲になり、雨になり、海になりますので、カウントは難しいです。 けれど水蒸気は、太陽の光を吸収し、大気を温暖化します。 だから水蒸気は、二酸化炭素と同じ温室効果ガスという側面を持ってます。 削除

2005/11/26(土) 午前 6:24 [ オオクボ ] 返信する

顔アイコン

水蒸気が「地球を温暖化する」効果があることは否定していません。ただ水蒸気の人為的な直接の発生量は無視しうるし、間接的に増えるとしても、もともとの原因は人為的な放射強制力の増加にあるので、地球が温暖化する原因は人為的な温室効果ガスの排出にある、ということを言っているわけです。

2005/11/26(土) 午前 10:14 [ hec*i*o ] 返信する

顔アイコン

水蒸気が人為的(直接的+間接的)発生量は数値的にどの程度の量で、どれ位の温室効果があるとされている所からのサマリーとなりますでしょうか? 二酸化炭素・メタン・一酸化炭素・代替フロンとの比較として知りたいとおもい探しています。

水蒸気の自然発生量とその増加量推移はどの程度で、どれ位の温室効果があるといわれているのでしょうか? 二酸化炭素・メタン・一酸化炭素・代替フロンとの比較として数値的な所を知りたいです。

また それらは何処で確認できますでしょうか? 教えて下さい。宜しくお願いします。 memo「ko*******pass」 削除

2008/1/1(火) 午後 7:28 [ ゆう ] 返信する

顔アイコン

かなり昔の記事ですが、これを読んでいる人に。

「温室効果ガスの中で二酸化炭素が温暖化にもっとも関与している」
これが真実なのは疑いようがありません。
しかし。
実はこの文章、
「地球が温暖化する原因は人為的な温室効果ガスの排出にある」
このことが真実だということの証明にはなっていません。
この文章にはある種詐欺とも言える言葉のロジックが含まれています。
ここでは「温室効果ガスの中で今一番増加してるのは何か」ということに対して、「二酸化炭素だ」といっているだけです。
そもそも温室効果ガスの増加自体がどのくらい温室効果があるのかについて全く触れていません。

ひとりよがりな論理のすり替えや、意味の通らない事を言って惑わすだけの理論には十分注意するべきですね。 削除

2008/3/8(土) 午前 5:12 [ みい ] 返信する

顔アイコン

二酸化炭素に注目すると、こんな風に言うこともできる。

-----

ちなみに、二酸化炭素が温暖化にどう関わっているのかについては、まだはっきりとはわかっていないようだ。気温が上がれば海水に溶けている二酸化炭素が放出され、二酸化炭素濃度が高くなると考えられている。総合的に見て、二酸化炭素増加が温暖化の原因なのか温暖化が二酸化炭素増加の原因なのかどちらなのかは、どうも微妙なところらしい。

なお、人間の経済活動で排出される二酸化炭素は、自然現象によって排出される二酸化炭素と比較すると無視しうる程度であり、大気中濃度への変動効果も無視しうる。

-----

CO2排出規制を主張する人に限って、温室効果の原理とか地球の熱収支とかについてはぜんぜん不勉強だったりするんだよね。それとも、「不都合な真実」だから言わないだけ?

思うんだが、このエントリは「トンデモ」にカテゴリした方がいいんじゃない? 削除

2008/4/8(火) 午後 11:55 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

過去に天然ガスからCO2を取り除く研究をしていた者です。
恐らく、普通の人よりはCO2に関して詳しいです。

難しい話をしてもしょうがないので、結論から。
二酸化炭素は温室効果ガスであるが、現在言われている温暖化への寄与度は限りなくゼロに近いです。具体的には、年平均0.1度の上昇があるかないかです。

問.日本の研究者はなぜウソをいうのか?
答え1:温暖化対策の研究をしている研究機関はたくさんあるが、
温暖化の原因を研究している機関がほとんどないから。もっというと、温暖化対策の研究は国から補助金がたくさん出るから。(二酸化炭素による温暖化を否定して利益を得る人がいないから) 削除

2008/5/10(土) 午後 9:09 [ CO2専門生 ] 返信する

顔アイコン

年平均0.1度なら、10年で1度、50年で5度で相当な温度上昇なのでは 削除

2008/9/2(火) 午前 8:40 [ ] 返信する

顔アイコン

ついでに言うと、最も二酸化炭素を排出しているのは「人」ではなくて「海」なんだけれどね。そして水蒸気を排出しているのも「海」が主な原因。
あと、水蒸気の出る量は、「太陽」の活動によって変化するので実質は「太陽」によって地球は現在温暖化していると言えると思うのだがな。

2009/2/21(土) 午後 3:09 [ juner ] 返信する

顔アイコン

最近太陽の黒点が少ないのも関係あるのかな? 削除

2009/6/21(日) 午後 2:28 [ ,,,jpo ] 返信する

顔アイコン

あなたの答えは推測にしか過ぎない。全く科学的ではない。
以下の動画を見る事を薦める。皆様の疑問が解明されます。
http://www.youtube.com/watch?v=P--pmZpwYEY 削除

2009/10/17(土) 午後 10:44 [ 通りすがり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事