環境問題を読み解くhechikoのブログ

環境問題を単に「読む」だけでなく、考察を加えて「解き」ます。

全体表示

[ リスト ]

皆さんはEMってご存じだろうか。聞いたことがない、という人のために少しEMの成り立ちとその使われ方について書こう。
EMとは、Effective Microorganismsあるいは有用微生物群のことで、琉球大学農学部の比嘉照夫教授が提唱したもので、善玉菌のうち 酸素を好む好気性菌と酸素を嫌う嫌気性菌の混合物とされている。もともとは農業用に開発されたものだが、最近になって河川の浄化やゴミ処理などの環境分野や、医療分野、果てはセラミックに焼き込んで電子レンジに入れ、食品の波動を高波動に変え、おいしさを倍加させるというよくわからないものにまで応用されている。最近は自治体レベルでも結構利用されているらしい。
今回はそんなEMについて評価してみようと思う。


EMという言葉、その概念


EMは、Effective Microorganismsあるいは有用微生物群のことを指しているようだ。しかし、専門的な学術用語としては、EMという言葉が使われることはない。まず、何に対して有用なのか非常に曖昧だということが言える。また、土壌微生物学などの分野では微生物群集という言葉は使われるが、それは自然状態にある微生物相、つまりどんな微生物がどんな割合で存在するかを見ているものであって、その微生物相全体が有用かどうか、という目的で語られるわけではない。ましてや、その微生物相がそのまま商品として販売されるということはない。
要するに、EMとは学術用語なんかではなく、商品名なのだ。というわけで、今後はEMを商品として考えることにする。

EMの科学的根拠


EMはもともと農業技術から発展したものなので、まずは農業技術としてのEMについて、その科学的根拠と有効性について見てみよう。
まずは有用微生物群とはいったいなんであるのかを考えてみる。
EMは、乳酸菌群、酵母群、光合成細菌群、発酵系の糸状菌群、グラム陽性の放線菌群などから構成されているらしい。
ここでポイントとなるのは「有用」の意味である。
確かに乳酸菌や酵母菌は腸の働きを整えたり、発酵食品を作ってくれたりと、人間にとって有用な働きをするという意味では「有用」な微生物群であるといえる。
しかし、それが農業においても有用であるという保証はない。
たとえば、酵母が果物に付いて繁殖すれば、そこで発酵を起こし、売り物にならなくなる。
そう考えると、微生物を単純に善玉、悪玉と二分するという論法はナンセンスであることがわかる。
むろん、農業に対して有用な微生物というものは存在するであろう。
しかし、それがどのようなものであるか、どのような環境で有用なのか、どのように使えば有用なのかはいまだ不明で、明確に言える段階ではない。
そもそも、土壌中には80種どころではない、桁違いに多用な、いわゆる微生物生態系というものがあり、その中の特定の種をもって有用であると言うことがいかに怪しいものであるかは、実際の自然生態系に当てはめて考えてみれば想像がつくだろう。
また、微生物「群」、つまりシステムとしての有用性も疑問である。
EM中に特定の微生物群の存在が確認され、EMの効果が確認されたとしても、ただちに特定の微生物群が有用であるとはいえない。
なぜならば、対照実験が行われておらず、その効果が特定の微生物群によるものかどうかが定かではないからだ。
他の要因に引っ張られている可能性もある(これについては後述)。
また、特定の微生物群がどのような効果を及ぼすのか、そのメカニズムの解明が全くといっていいほど進んでいない。
要するに、現在のEMの研究成果、実証試験などは、いわゆる「○○を飲んだら癌が治った!」という体験談と本質的に変わらないのだ。
また、EMの特徴である「抗酸化作用」についても意味不明である。
腐敗=酸化=悪、醗酵=抗酸化(還元)=善と説明しているところもあるが、腐敗も醗酵も本質的には変わらない。
以上のことから、「EM」の科学的根拠がかなりあやふやであることがうかがえる。

EMの有効性


では、実際のEMの有効性について検証してみよう。
結果から言うと、有効性はある条件の下では確かにある、といえる。
有機農業をしていた農家がEMを用いたところ、今までどおりの収量が得られた、との報告がある。
しかしながら、これには裏がある。
第一に、前年までは施肥をしていたということ。
有機質肥料は効果が数年持続するものもあるので、施肥を止めても前年までの施肥の効果が持続している可能性が高い。
実際、EMを継続すると地力が消耗し、生育不足になる例が多い。
第二に、EMそれ自体に有機質肥料としての性格があること。
正確に言うと、EMを増殖させる培地としてのEMボカシが有機質肥料そのものである。
EMボカシは米ヌカ、油カス、魚カスおよび蜂蜜からなるが、このうち米ヌカ、油カス、魚カスは実際に有機質肥料としての効果がある。
以上のことから、EMが有用微生物群として肥料に代わるだけの機能を有しているかどうか疑問が残る。
次に、EMの謳い文句の一つである「自然環境の保全」であるが、これも確かにEM農法においてはそれに対する効果は認められる。
しかしながら、それは化学肥料や農薬を施用しないことによるものであり、EM自体に自然環境の保全作用があるというわけではないと考えられる。




以上、EMの科学的根拠およびEMの有効性についての見解である。
EMにはそれなりの効果はあるが、文字通りのEMとしての効果があるのかどうかはわからない。
結局、そこそこ効果がある有機質肥料に怪しげな科学的根拠を付加したところ、多肥、多農薬型農業からの脱皮を目指した農家が飛びついた、というのが現在のEMブーム(とまでいえるかどうかはわからないが)の真相ではなかろうか。
化学肥料多投入型現在農業へのアンチテーゼとしての取り組みに対しては共感できる部分も少なくないが、その科学的手法に対しては非常に疑問である。
さらに、建築、医学などへの応用に至っては、ほとんど便乗商法であるとしか思えない。
一応誤解のないよう言っておくと、商品としてのEMに効果がない、と言っているわけではない。ここで言っているのは、商品としてのEMには、宣伝されているような科学的根拠に乏しく、微生物の有用性が明らかになっているとはとても言えないということなのだ。

使う側にとって本来最も重要なのは有効性であってそのメカニズムではない。しかしながら、一般消費者は「○○が効く」という一見科学的そうな説明に弱く、それが本当に有効かどうかも確認せずに信じてしまう傾向にある。
そこにつけこんだのがEMのやり口なのではないか、と私は見ている。
EMを有効活用するためではなく、単にEMにポジティブな印象を与えるためだけに偽の科学的説明が存在する。そのあたりに私はEMのうさんくささを感じている。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

fffffffffffffffff 削除

2012/10/18(木) 午後 1:54 [ gf ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事