晴登雨作な日々♪

ゆっくり、じっくり。おだやかにまいりましょう。

全体表示

[ リスト ]

何かと準備を進めてきた10月最後の週末。
念願のソロキャンデビューです!!!

場所は、千葉県君津市にある、亀山湖オートキャンプ場

初のソロキャンプということもあり、もともとは、利用経験のある森のまきばACを狙っていたのですが、10月最後のお天気良さげな週末とあって、かなりの混雑が見込まれるとの情報あり。

せっかくのソロキャンプということで、のんびりゆったりしたいなぁと思っていたこともあり、いろいろ調べていたらこの亀山湖ACを発見。
問い合わせてみたところそれほど混雑もしていないようでしたので、即決いたしました!!

さてさていよいよの当日。

イメージ 1

チェックインが13時〜ということもあり、比較的のんびりな準備。
ソロキャンプだけあって、荷物も少なく、お手軽感がいっぱいです。
もちろん、先般導入したソロキャンプ用のテントとタープの省スペースぶりが際立っています♪

準備完了し、いざ出陣

館山自動車道を南下し、木更津JCTで圏央道に乗り換え、木更津東ICで降りて下道をトコトコ。
私の大好きな田園風景の中、美味しい空気をたっぷりいただいて、亀山湖方面へ。

イメージ 2

いろいろ下調べしていましたが、キャンプ場近辺での道のりは多少難易度高めかなぁと思います。

国道465号線を南下し、亀山湖あたりに着いたかなぁという段階で、標識に注意しつつ、ゆっくり前進。

何本か橋を渡ってようやく見つけた亀山湖ACの看板です。

ここを右折





ちょいと進むと...

イメージ 3

分かれ道登場。

左に見える看板によるとこのまま直進するようです。

かなり細い道になりますが、ここはご指示通りに進んでいきます










しばらく進むと細くて長い橋を渡り、林道っぽい道を数分走ります。
ん?大丈夫かな?無事にたどり着けるかな?などと不安になりかけたタイミングで...

おっ、ようやく見えてきました。
キャンプ場入口。

イメージ 4

けっこう道狭いですが、慎重に坂を上って到着しました。

亀山湖オートキャンプ場^^

イメージ 5

さっそく受付を済ませます。
↓のような手作り感あふれる場内図をいただきました。

特段の場所指定はなかったので、ぐるっと場内を回り、良い場所探し。
この日は他に10組くらいいらっしゃっていたでしょうか?
今回は静かにのんびりがテーマなので、周りの方との距離感なども考慮して場所を決めました。

イメージ 6

よし、ここに(^_-)

イメージ 7

天気も良くて気持ち良し
最近改めて気づいたのですが、ワタクシ、やっぱり木が好きだなぁと
山もそうだし、帆船づくりもそうだし。
木や森に触れているのがなによりのいやしです♪

とまぁ、マイナスイオンに囲まれた幸せをかみしめつつ、いよいよ懸案のテント&タープ設営です。

この日のために新調したテントとタープ。
そして、この日のために積み重ねてきたイメージトレーニング。
いろいろと思いを巡らせてきたおかげか、はたまた、新調した道具たちの便利さが功を奏したのか、1時間もたたない感じで設営完了です(^^ゞ

イメージ 8

一番時間がかかったのは位置決めでした。
ヘキサタープは初めてだったこともあり、サイトとテントとタープと駐車位置、それぞれの心地よい位置関係を考えるのに多少試行錯誤しました。

タープが思ったよりも綺麗にピンッと張れたのが、我ながら大満足

イメージ 9

先日導入したランタン用のフックも、さっそく活用しています。















あらかた設営終わったところで、お楽しみのひとときを開始です。

まずは、いつもの炭火名人で炭おこし

イメージ 13

この道具。ようやく上手に使えるようになってきました。

炭の準備も整ったところで、いよいよアウトドア料理+昼間っから外でお酒の極楽タイムです♪

今回はソロということもあり、シンプルさを追求。
粗挽きソーセージとマッシュルーム、ベーコンをサッと炒めます。
これまた先般導入したローテーブルも、手ごろな広さ&高さで大活躍です。

イメージ 10

いざ、いただきます♪

イメージ 11

移動&設営等の一仕事終わった後の、アウトドア料理&ビールは格別です♪

秋の空気を感じながらのんびりゆったりの時間を満喫。
That's ソロキャンプ!的な静かな時間です^^

と、のんびりしていたらすっかり夕方に。
このままの流れで夕食に突入します。

こちらもソロキャンらしく、シンプルに(^_-)b
ご覧の通りのいろいろ七輪焼です。

イメージ 12

メニューはいたってシンプル。
厚切りにしたベーコン、ししゃも、スーパーのお総菜コーナーとかにある焼き鳥各種。
う〜〜ん、シンプル^^
これを、ビール&ウィスキーとともにちびりちびり。

よい時間になったところで、待ちに待った焚火を開始

イメージ 14

焚火&炭火を見ていると心が洗われるような気がします。

いろいろなことをとても素直に感じつつ、いろいろなことを許せる感覚。
心地よい酔いにつつまれつつ、静かな森のなかで、ひとり心静かにただよう至福の時間。

かれこれ3〜4時間は焚火とともに時間を過ごしていたでしょうか・・・

念願のソロキャンプ。
来て良かった



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事