晴登雨作な日々♪

ゆっくり、じっくり。おだやかにまいりましょう。

全体表示

[ リスト ]


2019年2月18日(月)

今週が、お仕事的に今月のヤマ場となる、ちょいと緊張感あふれる月曜日。

『マスカレード・ホテル』 東野圭吾 〔集英社文庫〕 読了。

イメージ 1

以下、(勝手な)感想。

久しぶりの東野圭吾作品。

東野作品を出版順に読んでみよう!作戦を展開している私的には、
次読むべきは53作品目の『幻夜』ではありますが、
文庫版で800頁弱ある同作の圧倒ぶりと、今まさに本作が映画化されていることに後押しされ、
76作品目の本作を、かなり順番繰り上げての読了です。

いやはや。
面白くて、あっという間の読了。

本作での犯罪の「在り方」については、まぁいろいろな考え方もあるかもしれません。

しかし!
ホテルという舞台設定とそれを背景とした様々な人々の描写が、サスペンス的な躍動感ある物語の流れとも融合し、なんとも心地のよいエンタメ作品だと感じました。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事