晴登雨作な日々♪

ゆっくり、じっくり。おだやかにまいりましょう。

キャンプ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

とうとう来ちゃった三景園2泊3日キャンプの最終日。
台風一過!
待ちに待った良い天気

わがサイトにも美しい朝日が差し込みます。

イメージ 1

ふと目を転じれば...

イメージ 2

個人的にはクモはあまり得意ではないほうですが、朝日を受けて綺麗な模様です。
デジタル一眼EOS−70Dで撮ったのですが、AFではなかなかピントが合わず、初めてのMF使用。

ひょっとして、この天気であれば!!
と、期待に胸を膨らませながら、カメラを片手に、思わず速足で移動

おおっ!ようやく出会えました!
美しい甲斐駒の全様。

イメージ 4

うろこ雲っぽく見える夏の低くて柔らかそうな雲と、甲斐駒頂上とのコラボです^^

頂上近辺。

イメージ 3

ほんの20日ほど前にあの頂上に立ったのですね...
なんとも感慨深く、改めて手を合わせたくなるようなひとときです。

三景園ならではの朝のひとときを存分に味わったところで...
ガールズたちのお目覚め。

イメージ 5

すっかり我が家の一員となったみーにゃと一緒に、おはようさん♪

そして、今日の朝食は...

予告通りのカレー。
昨夜のポトフの残りをベースに、カレールーやら各種隠し味やらを入れてちょいと煮込みます。

イメージ 6

すっかり濃厚で深い味が出て、美味です♪
朝からでも、イチローさんばりにがっつりカレーを堪能です。

そしてホットサンド。

イメージ 7

昨日からは少し成長し、今朝の具は少し工夫してみました。

ハムエッグ入れたり...
カレーを挟んでみたり...とか。

カレーは、ルーがちょいと水っぽかったみたいで、味はとてもよいのですが、具のルーが流れ出て、少々食べづらかったです。







ガールズたちは板チョコを挟んでのホットサンド。

イメージ 8

辛党のワタクシには理解不能ですが、甘いもの大好きガールズにとっては極上の逸品だそうです。

とってもよいお天気のもとでの、キャンプらしい朝食をすっかり満喫\(^o^)/

三景園はチェックアウトが11時。
のんびりゆっくり後片付けをして、撤収作業でかいた汗をシャワーで流して、いざチェックアウトです。

移動前に記念の一枚

イメージ 9

すっかり「娘さん」らしくなってきたYチャンと、
すっかり「猫娘」っぽくなってきたMリン(笑)

そして、すっかり我らの一員となったねこだんごたち。

イメージ 10

なんとも美しく・心地よい三景園ともしばしのお別れです。

「しばし」のお別れ...
実は、帰り際にさっそく予約しちゃいました(^.^)v
次回キャンプもこの三景園でお世話になることに。
今度はうちのオババを連れてくる予定なので、バンガローを利用予定です。

おかげさまで、キャンプ撤収時に必ず感じる淋しさも、次回の楽しみのおかげで半減です。

いざ出発!

ちょいと寄り道しての帰宅です。

行先は...

イメージ 11

ど定番的、白州シャトレーゼ工場!
アイスクリームなどを製造される工場見学&アイス食べ放題。
もちろんガールズは後者が目的(笑)

最初に工場見学。

イメージ 12

餡づくりやアイスづくり、パッケージの工程など、わりと短時間で見学できます。
工場内はよい香り。

そして、いよいよアイスクリームの食べ放題♪

イメージ 13

種類は6種類ほどでしたでしょうか?
餡ものあり、シャーベットものあり、カップあり、コーンものあり。

ガールズたちも大興奮♪

イメージ 14

イメージ 15


おまけにワタクシも大興奮♪♪

普段あまり甘いものは食さないワタクシですが、このときばかりはアイスを一度に2つ食べてしまいました。

アイスのおいしさと、貧乏性のおかげかな?(笑)

個人的にはタイ焼き型の餡もののアイスがとっても美味しかったように思いました。







アイスクリームをすっかり満喫し、いよいよ家路につきます。

高速乗る前に、とある目的をもって、道の駅小淵沢へ。

イメージ 16

昨日とはうってかわっての光景。
台風一過の青空に、道の駅と緑が映えます。

立ち寄りの目的はというと...

ずばり、ねこだんご!!

イメージ 17

昨日出逢ってからずぅ〜〜〜っと気になっていたねこだんご。
3匹だけでは寂しいとばかりに、道の駅小淵沢で販売していた通常サイズのねこだんごをそろえることに。

写真前方のちいさめのねこだんごのうち、「みけ」と「はち」と「さば」を新たに仲間に加えました♪
いっぱいいると可愛らしさ倍増ですね^^

そんなこんなで、念願の三景園、そして今年の短い夏休みを満喫。
このキャンプでも、いろいろ遊び、いろいろ楽しみ、いろいろ癒され、いろいろ学びました。
今回もよいキャンプでした。

次回は秋口のキャンプ。
楽しみです。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

三景園2泊3日キャンプ2日目。

台風来襲中ということもあり、当日夜や翌日のお天気が気になっていたせいか、意外にあんまり深く眠れなかったなか、やっぱりお天気が気になって、朝早く目覚めてしまったキャンプ2日目。

寝ぼけ眼をこすりながら、まず手にしたのはスマホ。
さてさて、ピンポイント天気予報はどうかな?っと...

イメージ 1


おおっ!!!
良くなってる!?\(^o^)/

なになに...
雨はお昼頃を中心に降るけれど、降水量は1mm程度。
風はというと、それなりに吹くようですが、最大で15時くらいの風速7メートル。

・・・・・・
・・・

しばしの沈黙ののち、思わずのガッツポーズ
桜木花道がジャンプシュート決めた時ぐらいのガッツポーズ!!
(って、マニアックすぎ?(笑))



ということで、目覚めもばっちり。

うん。どうやらまだ雨も降っていない様子。

イメージ 2

静かな朝。
この空気大好きです。

今朝の南アルプスはどうかな...

イメージ 3

おっ。
しっかり見えてます。
朝の甲斐駒に、なぜか手を合わせてしまうワタクシでした

ちょいとのんびり朝を過ごした後、本日の朝食です。

イメージ 4

実は、こちらも今回の初モノとなるホットサンドメーカーです!!
パンの間にハムやチーズ、キャベツなどを入れて、こんがり焼きあげます。

イメージ 5

う〜〜ん、とっても美味♪

おなかも満たされ、後片付けも終え、さてさてそろそろお出かけかなぁという頃...

イメージ 6


予報が変わってる!

どうやら15時ころに台風の影響がピークを迎えるようです。

降水量が12mm
風速が10mかぁ...

雨はなんとかなりそうかなぁとは思うものの、風速10mが気になります。

が、ここは周りの木々たちが我々のテントとタープを守ってくれるサイト。

ということで、キャンプ続行を決断です





そうこうしているうちに降り出した小雨のなか、お出かけ前に、テントとタープのペグダウンをしっかり確認。

イメージ 7

準備万端でいざ出陣です!

本日の目的地は、道の駅小淵沢にある体験工房。

イメージ 8

2日目はお天気悪そうだったから、悪天候でもインドアで楽しめる各種体験を...と考えていたのでした。

この体験工房。
14種類の体験メニューがあるそうで、場内もにぎわっていました。

イメージ 9

そんななか、

イメージ 10

我らがガールズが選んだのが、陶芸コーナーにある、「小物&箸置き」の体験です!

1個につき500円というリーゾナブルな価格設定で、所要時間は人によりけりですが、作ろうと思えば10分程度でできちゃうもの。

一方、場内にはろくろの設備などもあり、昔っから憧れているワタクシは、いつか絶対チャレンジしたい気持ちに駆られます!



ということで、製作開始。

イメージ 11


陶芸の「小物&箸置き」といっても、基本的には粘土細工と同じようなものなので、日ごろから粘土の扱いに慣れているガールズたちはお手のモノです♪

ただ、このあと窯で焼かれるので、割れ目や継ぎ目ができないように注意する必要があります。

さすがにこういうのが好きみたい。
黙々と製作。




できたっ!

イメージ 12

右のYチャンは正統派の箸置きの形で、大好きなすみっこぐらしの絵が刻まれています。
左のMリンはこれまた大好きなハート形の箸置き💛

3か月以内に窯で焼かれて配送(着払い)いただけるとのこと。
出来上がりが楽しみです♪

さてさて、おなかもすいたしお昼ご飯にしますか...
と、その前に、お土産等を物色。

ん?
なんだかすごくかわいい群れ(?)を発見!

イメージ 13

どうやら「ねこだんご」というキャラクターのようです。

手触りの良さと愛くるしい表情を目の当たりにして身動き取れず
特にMリンなんかは欲しくてたまらないご様子。
いくつか種類や大きさがあって、かく言うワタクシも、思わずどれにしようかと迷ってしまう始末。

で...

イメージ 14

買っちゃった♪
さっそく名前もついて、左から「とら吉」「みーにゃ」「くろすけ」だそうです^^
あまりにもかわいい。と
っても癒されます。

それではあらためてランチ。
キャンプ中は知らず知らずのうちにどっぷりたっぷり食べてしまう傾向があるので、お昼はすっきりとお蕎麦。

イメージ 15

道の駅小淵沢のそばの蕎麦屋の(笑)、「そばきり祥香」
駐車場のウッドチップがとっても気持ちよいです。

イメージ 16


さてさて何を食べようかな...

と思っていたところ、「湯はりそば」なるものを発見。
「≒釜揚げそば」、「ざるそばの温かい版」とのこと。

温かいと蕎麦の風味も増しそうだし、胃腸にもよさそうだしということで、湯はりそばの大盛りを注文。






待ちきれないガールズたち。

イメージ 18

が、楽しかった体験工房の余韻とともに、もうすぐ食べ物にありつけるということでご機嫌アップ中。
特に左のMリンは先ほどのねこだんごの「みーにゃ」にぞっこんです♪

きたきた。

イメージ 17

かなりシンプルな佇まい。
味も素朴でシンプルでおいしかったですよ。
あと、一人に一つ、お漬物のサービスもあり、こちらも美味♪

おなかも満たされ、午後のイベントは日帰り温泉

イメージ 19

キャンプ場近くの「むかわの湯」

ワタクシ的には先日の甲斐駒登山の際にも利用したので2回目の利用となります。
熱いお湯が苦手なワタクシとしてはとっても心地よく、かつお風呂が広く、種類も豊富でお気に入り。

先日のロマンの森共和国でも「白壁の湯」に行きましたが、ともすればシャワーばかりになってしまうキャンプでも、日帰り温泉等でのんびりゆったりお湯に浸るのもよいですね。
我らの新定番になりそうです(^.^)

お風呂あがりに気になる天気予報。

イメージ 26


うん。
変わりましたね^^

朝方の予報で台風の影響がピークになると目されていた15時の予報で、降水量が2mm、風速が4mに。

確かにお昼くらいは相応の雨が降っていたようですが、このころになるとほとんど小雨状態で風もさほど強くなく。

どうやら今回の台風9号の、北杜市近辺への影響はさほど大きくはなかったようです。







むかわの湯で、ちょいとのんびり過ごしたあとの16時ころ。
昨日もうかがったスーパーエブリでお買い物。
と、気づけば雨風ともにすっかりおさまった様子。

台風も過ぎ去ったかな?
と、無事に今日の天候を乗り切れたかが不安だったわがサイトに帰ってみると...

イメージ 20

おおっ!!
バッチリ力強く乗り切ってくれたようです

台風一過\(^o^)/
もう迷うことなくキャンプを楽しんじゃいましょう!!

キャンプならではの大宴会の開始です!!
さっそく、今日もゲットしてきた串モノを七輪で。

イメージ 21

今宵のビールは、これまた普段は飲めない「YEBISU」です
Mリンは大好きな炭酸飲料を片手にご機嫌♪

イメージ 22


一方のYチャンは、今日の一日をすっかり満喫したおかげか、みーにゃと一緒にお昼寝中。

今年小学校6年生となるYチャンは、寝るのがすっごく大好きなお嬢さん。

寝ている間に脳みそが成長するとの説もありますが、こんなときにもぐんぐん成長しているのかしらん??






一方、七輪周りはさらに盛り上がり...

イメージ 23

日本酒「七賢」に突入!
やっぱり七輪焼きには日本酒がよく合いますね♪

なーんつって盛り上がっていたら、Yチャンが充電完了して復活!!

イメージ 24


「充電完了」というよりは、単におなかが減って起きてきたのかな?

ワタクシの七輪焼きとともに、さっそくマシュマロ焼きが始まりました。

このマシュマロ焼きにもすっかり慣れてきたご様子で、七輪の炭との絶妙な距離感を体得してきた模様。












美味しく焼けたかな?

イメージ 25

おおっ!うまそう♪

で、ダッチオーブンの方はというと...

イメージ 27

じっくりゆっくり、具だくさんのポトフです。
今宵はポトフで温かいものをいただいて、残ったポトフが明日のカレーに変身する計画。

そして、ポトフにはワインです

イメージ 28

こちらも道の駅小淵沢でゲットしてきた「天空の八ヶ岳」なるワイン。
赤白あって、ご当地モノということで、気分も上がります

そんなこんなで、前日からずぅ〜〜〜っとお天気を気にしながらのキャンプ2日目となりましたが、インドアの体験工房あり、のんびりゆったり立ち寄り温泉あり、そして、夕刻には台風一過ですっきりキャンプご飯を満喫...と、またまた思い出に残るキャンプとなりました。


この台風の影響、雨雲の動きを見ると如実に表れていたようで...

イメージ 29
(引用させていただいたサイト:http://www.tenki.jp/past/2016/08/22/radar/3/22/

上の写真で赤丸をつけているあたりの北杜市をかすめるように台風の雨雲が北東に動いていたようです。
関東地方など、この台風の影響が大きかったところもあったとのこと。
やはり自然は畏怖すべき存在ですね。

登山もキャンプも、天候に大きく影響を受けるアウトドアのアクティビティ。
アウトドアならではの癒しや喜び、感動、いろんな楽しみ方がある一方、
身の安全の確保が大前提。
そして、状況見ながらしっかり判断が重要。

自然の中で寝起きして、いつもながら心身ともに癒されるとともに、
自然の大きさ・偉大さにも改めて気づかされたキャンプでした



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

待ちに待った夏休み
短いながらも土日を含めた5連休はとってもありがたい^^

そんな夏休みを満喫すべく、今日から2泊3日のキャンプ!
目指すは山梨県は北杜市にある南アルプス三景園オートキャンプ場です。

ここのところの台風情報が気にかかりつつも、甲斐駒や白州などなど、訪れるごとに好きになる北杜市での初めてのキャンプということで、とっても楽しみにしていた今回のキャンプ。

はやる気持ちを抑えつつ、出発に向けて準備完了!

イメージ 1

自宅近辺は十分な晴天
昨日のテルテル坊主が効いたかな?

8月終盤の日曜の朝ということで大きな渋滞はなさそうですが、明日以降の台風襲来に備え、少しでも多くよいお天気を味わいたくて、できるだけ早めの出発

予想どおり、目立った渋滞もなく順調な行程です。
が、途中の高速道路で、バスを含む車3台の事故に遭遇し、気持ちを引き締め、安全運転!!

そして、本日の第一の目的地である、おっぽに亭こっこに到着しました。
今日のランチはこちらで卵かけごはん
大好きな卵かけごはんの専門店ということで、とっても楽しみにしていました♪

イメージ 2

開店前の11時ちょいと前に到着し、ほぼ一番乗り。

イメージ 3

駐車場はお店の正面にもあり、数台停められますが、お店の脇を少し入ったところに比較的大きな駐車場もあるようです。

実はワタクシ、はじめはお店の前の駐車場の存在に気が付かず、こちらの駐車場に停めてしまっていました。

ここからだとほんの少しですが歩くことになるので、やはりお店の前の駐車場の方が便利ですね(^.^)b





お食事をいただける店舗に併設するかたちで、様々な食材などを販売されているようです。
開店時間の11時までしばし物色。

イメージ 4

写真奥に見えるのがレストランの部分です。

さてさて開店の11時!

1番テーブルに案内いただき、メニューを拝見。

イメージ 5

白州鶏カレーも大変魅力的ながら、ここはやはり定番の卵かけごはん!
ワタクシは「鶏汁」定食(大盛り)を注文しました。りーぞなぶるな価格設定♪

おっ、きたきた♪

イメージ 6

この日の卵は比較的小ぶりとのことで、大盛りには卵が3つついてきました。

イメージ 7


卵を割ってみるとこんな感じ。

黄身と白身が成す三層構造!
新鮮な卵のアカシですね♪

この卵、ワタクシ的には、さっぱりとした味でとってもお上品に感じられました。
ので、テーブルに備え付けの卵かけごはん専用のお醤油を気持ち多めに入れてみました。





いやはや美味♪

卵かけごはんが大好物なガールズたちも大満足

イメージ 8

そしてワタクシも大満足♪

イメージ 9

そして思わずおかわり!!!

一杯目はシンプルに卵のお味を堪能しようと白米(大盛り)をいただきましたが、二杯目は五分づき(無農薬「赤米」玄米入り)にいたしました。

こちらはこちらでごはんにも個性があって、卵とのコラボが美味♪

ちなみに、セルフのお水とかが置いてある場所にオリジナルのお漬物も置いてあり、これがまたおいしいかったです。



たっぷりいただいておなかもすっかり満たされました。
良いお時間にもなってきたので、再来を心に誓いつつ、次の目的地に向けて出発です

まずはお買い物。

道の駅白州。

イメージ 10

昨年の南アルプス天然水工場見学、先般の甲斐駒登山と、北杜市を訪れるたびにお世話になるこの道の駅。
甲斐駒をバックにしたこの建物のフォルム。
この景色が、ワタクシにとってすっかり「落ち着く風景」になりつつあるのを感じます^^

そして、併設するスーパーエブリ。

イメージ 11

こちらで買い物。

う〜〜ん、さすがは近隣にキャンプ場が多くあるスーパーです!

イメージ 12

素晴らしい!!
こういった、バーベキューに適した具材を、串を通した形で販売いただくとは!
迷うことなくニジマス2本と、アカニシ貝とイカを購入。

食材・お酒をがっつり買い込んで準備万端。
いよいよキャンプ場へ向かいます。

イメージ 13

三景園は、道の駅白州からべるが近辺を通り、さきほどのおっぽに亭こっこを通り過ぎ、フレンドパークむかわの入り口近くの交差点を南アルプス側に入ったところにあります。

左の写真は、フレンドパークむかわの近くから南アルプス側に入り、しばらく進んだ三叉路のところ。

これを右に入ってしばらく進むとたいへん美しいキャンプ場が現れます。





到着!!!
南アルプス三景園オートキャンプ場。

イメージ 14

別途ご紹介する機会もあろうかと思いますが、とっても美しいキャンプ場です。
広々としたサイト、それを取り巻く岩、木々、水、風景。
そのどれもが美しく調和されて、五感を癒してくれるようです。

そんな心地よい空気感を全身で感じながら、さっそくチェックイン。

イメージ 15

今回割り当てられたのは、B4・5というサイトで、2つのサイトが1つにまとまった広大なサイト!

イメージ 16

わがエスティマちゃんとの対比でもその広さが伝わりますでしょうか?
とにかく広い!開放的!!

と、ここでひと思案

確かにとっても広くて開放的で、とてつもなくありがたい割り当てではあります。
が、今回は台風接近中ということもあり、その風雨への備えという観点からは、風をしのぐために木々に囲まれ、雨を避けるために木々におおわれているようなサイトが良いのでは...との思いに至ります。

今回予約時はほぼ満杯と伺っていましたが、台風襲来のせいか、周りを見渡せば比較的空いている様子。
ということで、上記条件にマッチした隣のサイトに移れないかと、受付の方に相談したところ...

イメージ 17

希望が叶い、隣のB6サイトを利用させていただくことができました\(^o^)/
ありがとうございます!!!

ということで、早速設営開始

が、遊びたくてウズウズしているガールズたち。
一人では設営できないところだけガールズに手伝ってもらい、その後はワタクシ一人でのんびり設営。

一方、水着に着替えたガールズたちは敷地内のプールに繰り出し、待ちに待った水遊び

イメージ 18

水も冷たくてキレイ。気持ちいい!
ガールズを含め、ちびっ子たちの楽しそうな声が響き渡ります^^

やっぱりこういうのって楽しいよね?

イメージ 19

いい表情です

ひととおり満喫してサイトに戻ってきたころには、ようやく設営も完了。

イメージ 20

さてさて着替えてのんびりしましょう。

イメージ 21

ということで、こちらも負けじと大人のおやつタイム♪

イメージ 23

設営でひと汗かいたあとのビールは最高!
しかも、普段は飲めないプレモル「香るエール」。
ニジマスを七輪でじっくり焼き上げると、臭みもなく、とってもやわらかで至福の味です♪

そして今回のキャンプの目玉たち。

イメージ 22

すでにこのブログでもご紹介していますが、右のガソリンランタンと左の燻家。

まずは燻製にチャレンジ。

イメージ 24

燻家キットに含まれているさくらの香りのウッドチップにガスバーナーで引火。
それを燻製器的段ボールの下段に設置し、食材を上段の網の上に設置します。
今回の食材は、ベーコン、ちくわ、ホタテ。

ここいらでとっておきの...

イメージ 25

やっぱりコレですよね!
ウイスキー白州と南アルプス天然水Sparklingのハイボール♪
先般の甲斐駒七丈小屋でも堪能しましたが、今回は燻製もあり、麦を燻すウイスキーとの相性も抜群です

そんなこんなでキャンプ感盛り上がったところで今宵のメインディシュにとりかかります。

イメージ 26

我が家のキャンプのメインツールと化している、SOTOのダッチオーブン。

じっくり焼き上げたのは...

イメージ 27

鶏の骨付きもも肉と盛りだくさんの野菜たち。

イメージ 28

こんな感じの骨付きもも肉は、近くのスーパーでは普段置いていないそうで、今回のキャンプのために特注しておいたもの。

前日からつけた置いた下味のガーリック風味もよい具合にしみこみ、ダッチオーブンのおかげで柔らかく・こんがり焼けてとてもとても美味です♪

もちろん野菜たちもよい感じ。





だんだん暗くなってきたので、「気になるアイツ」の登場です!
そう、期待のホープ、ガソリンランタンです。

イメージ 29

う〜〜ん、やっぱり明るい
サイト全体を明るくやさしく包んでくれます。
ガソリンランタン、いいですね♪

そんなこんなですっかり満喫できた三景園2泊3日キャンプの初日。
おかげさまでお天気もよい感じでもってくれました


が!!
忍び寄る台風の足音

イメージ 30
(引用させていただいたサイト:http://www.tenki.jp/past/2016/08/21/chart/

とあるピンポイント天気予報によれば、台風接近のため、翌日の午後には1時間当たりの降雨量が28mmにも達する...なんてな情報もあり

場合によっては、2泊3日の予定を変更して、早めに撤収するなんてことも脳裏をよぎります。

翌日の天気予報を見て判断しようと心に決め、久々のキャンプの夜の夢の中へ


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

準備(+_+)!

この土日から短い夏休み。
夏休みと言ったら、そりゃあキャンプでしょ!!
とばかりに、明日から2泊3日でキャンプに行く予定です

待ちに待ったキャンプということで、待ち切れず、こらえきれず、またまたキャンプグッズ購入

SOTOの燻家(スモークハウス)です!!

イメージ 1

写真中央のでっかい物体がソレです。
傍らにある小さい袋は、セットには入っていない香のスモークチップです。

燻家キットの中身はこんな感じ。

イメージ 2

まんなかの段ボールが筒状の本体部分。
左のアルミホイルの皿を本体下部に設置し、その中でスモークチップを設置。
筒の上部に太い針金みたいなのを差し込んで、そこに材料をつるしたり、網をおいたりできるシロモノ。

以前から燻製にチャレンジしたいなぁと思っていたので、まずはお手軽価格の燻家で燻製デビューを企みます。

前回のロマンの森共和国以来、約1か月ぶりのキャンプ。
とっても楽しみにしてきたこのキャンプ。
否が応でも気分は盛り上がります

が...

イメージ 3
(引用させていただいたサイト:http://www.tenki.jp/past/2016/08/20/chart/

なんじゃこりゃ!!!的な3つの台風来襲中
しかも台風10号に至っては、日本列島の南を西に進むなんて、見たこともない進路をたどったりなんかして。

一昨年のグアム旅行時に台風と遭遇した悪夢がよみがえります。

が、今回は気合を入れて...

イメージ 4

テルテル坊主作戦を展開!

長女Yチャンによれば、どうやらテルテル坊主は、作った時点では顔を描かず、念願成就の際に顔を描くらしいとの情報を、製作途中に入手です。
おっと!ひとつつくっちまったぜぃ
もったいないのでそのままにして、追加で助さん格さん的に、顔を描かないバージョンを作成。

テルテル坊主のトリビア的知識も入手できた今日。
心身ともに明日の準備も万端です!

明日からの3日間。
雲一つない晴天とまでは言いません。
どうか、キャンプが楽しめるお天気でありますように


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

8月最初の土曜日。
念願のホワイトガソリンランタン購入!!
その名は「コールマン パワーハウス ツーマントルランタン 290A740J」です。

イメージ 1


キャンプ始めてからずぅ〜〜〜っと憧れていたホワイトガソリンランタン。
ちょうど1年くらい前にキャンプデビューした際、キャンピカ明野のキャンプ道具レンタルの中に含まれていたのですが、当時の私の知識・経験ではうまく扱えず。。。
あと、まだまだ小さな娘ちゃんがいるのでしばらくはLEDランタンで安全に。。。と頑張ってきたこの1年。

そんななか、先日のロマンの森共和国でのキャンプで、ご近所さんが使用されているガソリンランタンの雰囲気のある、かつ、とっても明るい光を目の当たりにし、ガソリンランタンへの想いが再燃

こりゃもう限界!とばかりに、下調べもそこそこに、アウトドアショップへとあいなりました。

購入前は、いろんなサイトとかを見て、どれがよいかと悩んでいたランタンですが...
とりあえずはコールマンの定番と言われている、ワンマントルランタン286A740Jを目当てにしていました。
が、親切・丁寧な店員さんのお話を伺い、光量の違いや初歩的なホワイトガソリンランタンの扱い方などに納得しつつ、最終的にツーマントルランタンに決定です。

わくわくしながら中身拝見

イメージ 2

おおっ!新品のランタン!!
ガラスグローブのあたりはこんな風に保護されてるんだぁと少し感動。
写真左上の黒いのは専用のケース、左下は取扱説明書とマントル×2です。

本体と一緒にアクセサリーも購入。

イメージ 3

写真上は、コールマン純正ホワイトガソリンの1リットルを2缶ほど。
このシリーズは4リットル缶もあるようですが、どれくらい必要か等について経験ないのでとりあえずこの量。
写真下は、左から、ポンプ用の専用オイル、メンテ用のレンチ、予備のマントル、給油用のじょうごです!
オイルやレンチはそれほど頻繁に使うものではないそうですが、この際一気にそろえておきました。

それと、アウトドアショップに置いてあったコールマンのメンテナンスハンドブックもゲット。

イメージ 12

ガソリン燃焼器具の基本的な構造や使い方、メンテ方法、FAQなど、写真入りでわかりやすく記載されています。
以下の点火準備等においても、かなり参考とさせていただきましたよ

ではではさっそく点火準備の開始です。
まずはマントルの取り付けから。

イメージ 4

こんな感じの可愛らしい巾着みたいなマントルをバーナーチューブの先端に取り付けます。
初体験だったので、かなりおそるおそる。

イメージ 5

なんとか2つ取り付けましたが、これで大丈夫かちと不安。

お次は、燃料の注入。
説明書などではまず燃料の注入から行うようですが、まぁこの辺は臨機応変でしょうか?

イメージ 6

専用のじょうごをランタン本体の給油口に差し込み、そこに燃料を注いでいきます。
最初はじょうごの差し込み方が甘かったせいか、少々こぼれてしまいました(汗)
が、力を込めてしっかりと差し込み、改めて注入作業。
このじょうご、スムーズに給油できるような空気穴やごみを取り除く特殊フィルターがついていてとっても注ぎやすいほか、適量になったら給油が止まってくれる構造になっており、とっても便利です(^.^)b

そして、お次はいよいよマントルのカラヤキ

初心者のワタクシとしては、この作業そのものや「マントルを灰状」にといった意味合いがチンプンカンプンでしたが、あとでしっかり納得!!
とりあえずこの段階では取扱説明書等に素直に従い、カラヤキ作業を行います。

イメージ 7

片方のマントルに火をつけたところ。
なかなかな勢いで燃えていきます。そして、2回りほど小さくなって、まさに「灰状」に。

イメージ 8

カラヤキ後の左側のマントルと、まだカラヤキを行っていない右側とを比べると、そのサイズや形状の違いが判ります。

「灰」感も伝わりますかね?











そして、両方のマントルのカラヤキが完了。

イメージ 9

う〜〜ん。なんとも、ヨボヨボ(笑)
これが煌々と光を放つとは…この時点ではあまりイメージわかず。

そしてそして、しっかりとポンピングを行った後、いよいよ点火です

胸の高まりを抑えつつ、いざ点火!

イメージ 10


が。。。なんとも弱々しい光。
マントル内で燃料がこんな風に燃えて光を放つんだぁという構造は理解・体感できたものの、この光量ではものたりず。
しばらくそのままにしておきましたが、状況変わらずいったん消火して仕切り直しです。

これまで以上に気合を入れてポンピングして!
点火直後も気合を入れて追加のポンピング!!
今度こそ!とばかりに火をいれます!!!

イメージ 11

きた!
これこれ。ワタクシが求めていたものは!!

シューッという燃料の音とともに、力強い光を放つランタン。
しっかりとあたりを照らしてくれます
また、このフォルムもかなり素敵ですね^^

眺めているだけで幸せ
この光景にしばしうっとりしつつ。
8月下旬のキャンプでのランタンデビューに想いをはせる今日この頃です

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事