ヘイ!セイ!ブログ

「楽天のほっぺ」というページ作ったよ♪ http://t.co/rQX0HJzj

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

じつは2年ほど前から、左上の奥の歯茎がすり減ってきて、歯がぐらつき始めました。以前から気になっていて、歯周病対策の歯磨きを使ったりしていたのですが、歯茎のすり減りはひどくなっていたようです。歯茎がすり減っていたので塩入り歯磨きをやめ、刺激の少ない歯周病対策の歯磨きにしていました。
本当は誰かと一緒に歯医者に連れて行ってほしいのですが、みんな忙しいのか連れて行ってくれず、歯茎が痛くなってもひたすら我慢するしかありません。
いつもお世話になっているホームヘルパー派遣センターにファックスしても、「訪問介護」をすすめられるだけで、歯医者には連れて行ってくれません。

一人で歯医者に行けたら、とっくに行ってますよ。一人では行けないから、どうすることもできないんですよ。自分でも情けないと思ってます。「緘黙症」の症状が軽かった41年前に家族が気がついて治療していれば、状況は変わっていたことでしょう。

今は痛みも引いていますが、左側は噛むことができず(噛むと歯が痛い)、柔らかなものしか、右側で食べることしかできません。
歯茎治療の薬(かなり高いです)をずっと塗り続けていますが、まだまだ時間がかかりそうです。

歯の治療は、入院するしかないんでしょう。みんな忙しいから、治療となったら、毎回歯科のほうへ通うとなると、負担も大きいでしょう。

親が生きていたときに、ちゃんと治療しておけばよかった…。
そう思うと、いつも気分が萎えます。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事