愛媛を歩こう!国民平和大行進

核兵器のない世界をめざして、一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!
核兵器禁止条約の署名・批准を求める
「意見書」上島町、愛南町で採択

 9月12日上島町、9月13日愛南町の議会で「核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書」の提出が決まりました。

 これで愛媛県内では、砥部町とあわせて3自治体で意見書が提出されることになりました。

 上島町の理由では、「わが国は『唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界の実現』のために役割を果たす必要があるので、日本政府および国に対して、『核兵器禁止条約』に署名・批准することを強く要請することを求めるため、関係先に意見書を提出します。」としています。



核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書

 昨年7月7日の国連会議において、人類史上初めて核兵器の使用や威嚇などを違法化した核兵器禁止条約が122カ国の賛成により採択された。核兵器禁止条約は、核抑止の概念も否定し、核兵器廃絶に向け、核兵器を一律に禁止する非常に厳格な内容となっている。
 しかし、日本政府は唯一の戦争被爆国として、核保有国と非保有国の橋渡し役をするとする一方で、核兵器禁止条約については、現実的な核軍縮につながらないとし、一貫して反対の立場をとり続け、とりわけ北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威を前に、アメリカの抑止力に依存せざるをえないという立場を強調している。唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶を強く訴えてきた日本政府が、なぜ、核兵器禁止条約を批准しないのか、被爆者をはじめとした多くの国民から不満の声が上がるのも当然である。
 こうした中、日本の被爆者とも連携し、核兵器禁止条約の採択に貢献した国際NGO、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が昨年、ノーベル平和賞を受賞した。このことは、核兵器廃絶に向けた国際的な合意を強く後押しするものである。
 日本政府は、自ら明言したとおり、核兵器保有国と非保有国の橋渡し役として、核兵器廃絶に向けた国際社会の歩みを前に進めていくべきであり、北朝鮮に核兵器開発の放棄を迫るうえでも、核兵器禁止条約に一日も早く署名し、批准すべきである。 
 よって、日本政府及び国においては、次の措置を講ずるよう強く求める。

1 唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約を一日も早く署名・批准すること。
2 それまでの間は、オブザーバーとして、締約国会議及び検討会議に参加すること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成30年 9月13日 愛南町議会議員

この記事に

開く コメント(0)

8/9海外へのお手紙

千羽鶴とともに海外へ
千羽鶴を海外へ送るつどいでの「お手紙」


To ourfriends who love peace 
 
 73th summer coming, we have passedsince the atomic bombs dropped in Hiroshima and Nagasaki in August 1945.
 More over in the world, there are 14,000 shotsunclear bombs, they threaten the human beings to live. The atomic bombsdestroyed the two cities in a moment, deprived the lives of 210,000 peoplewithin the year. That was the worst tragedy through the human history, stillnow 160,000 people have been suffering. By nuclear tests and accident ofnuclear plants also extends seriously radioactivity from every corner of theworld.
The people who desire no the nuclearweapons are over average 80 hope the rising generations will have never a hellof life during thire life. Must not become A-bomb victims of you, your familyand all the people. From last year, we A-bomb victims started to ask signaturecampaign all over the world that wanted to conclude a treaty of no the nuclearweapons. We make a stream of no the nuclear weapons with these signatures and“We human being never coexist with the nuclear weapons.” “No more A-bombvictims.”
In July-7th, we adopted no thenuclear weapons treaty was elected by an over 122 countries whelming majorityat treaty of no the nuclear weapons meeting of UN. The treaty says the preambleto the treaty cleared in humane, this is the only way to defend by the nuclearweapons devastations. And the things make an epoch in the first articleprohibited all the nuclear weapons “development, experiment, production,manufacture, acquisition, possession, preservation” “use and intimidation ofuse” “transfer” “establishment, dispositions” in control area.
We, The Great Peace March of Ehime JapanCouncil against Atomic & Hydrogen Bombs, have done the peace march for 58years hoping the world peace and abolition of nuclear weapons as a bombednation with the constitution of renunciation of war. This year, too, we visitedall the cities in Ehime and over 500 citizens including the A-bombed victimstook part in the peace march. At the same time the action of sending thesepaper cranes as peace messengers to foreign countries is organized and 150,000paper cranes are gathered.
One thousand cranes represent long life. Itis said the cranes live a thousand years and the turtles ten thousand years.There is a child statue of A-bomb victim in Hiroshima Peace Park.Sadako Sasaki was 2 years and 8 months old when the A-bomb was dropped. Shecontinued folding a thousand paper cranes. She died of acute leukemia at theage of 12. Cranes are full of our resolution not to bring about A-bomb victimagain.
We will send them to your group. We havesent 4,288,000 cranes to 84 groups in 31 countries. We wish you to make use ofthem for your peace activities of anti-nuclear, anti-war anti-nuclear plantfrom the glass roots movement. We look forward to hearing your activity.
No more Hiroshima!No more Nagasaki! No more Hibakusya!
 
2018 The committeeof The Great Peace March of Ehime Council
Against Atomic& Hydrogen Bombs,
The Chair
 
-------------------------------------------------------------------

 平和を愛する仲間のみなさんへ                  

 
 1945年8月、広島・長崎に原爆が投下されてから73年目の夏を迎えました。
今なお世界には、1万4千発以上の核兵器が存在し、人類の生存を脅かしています。原爆は、一瞬のうちに2つの都市を破壊し、21万人の尊い命を奪いました。人類史上例のない非人道的な被害をもたらし、現在も16万人の被爆者が苦しみ続けています。また、核実験や原発事故によって世界各地に深刻な放射能被害が広がっています。
平均年令80才をこえた被爆者は、後世の人々が生き地獄を体験しないように、生きている間になんとしても核兵器のない世界を実現したいと切望しています。あなたとあなたの家族、全ての人々を絶対に被爆者にしてはなりません。2016年より被爆者はすみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求める国際署名がスタートしました。この署名含めて、「人類と核兵器は絶対に共存できない」「ふたたび被爆者をつくるな」という市民社会の運動が、核兵器廃絶を求める流れを作り出しています。
2017年7月7日には、核兵器禁止条約を交渉する国連会議で、核兵器禁止条約を122カ国の圧倒的多数で採択しました。条約は、その前文で核兵器の非人道性を告発し、核兵器による惨害を防ぐ唯一の確実な道として、核兵器の廃絶の必要性を明確にしました。その上で、第一条において核兵器の「開発、実験、生産、製造、取得、保有、貯蔵」、「使用と使用の威嚇」、「譲渡」、支配地域での「設置や配備」を含むすべての行為を禁止した画期的なものです。

私たち原水爆禁止国民平和大行進愛媛県実行委員会は、被爆国であり、戦争放棄の憲法をもつ日本国民として、世界の平和と核兵器廃絶を願い、58年間平和行進を続けています。今年も全自治体を訪問し、被爆者をはじめ500人をこえる県民が行進しました。同時に「『平和の使者』千羽鶴を海外へ送る運動」にとりくみ、今年も15万羽の折り鶴がよせられています。

千羽鶴は、日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われ、長命の象徴です。広島平和公園には「原爆の子の像」があります。2歳8ヶ月で被爆した佐々木貞子さんは、急性白血病になり、「生きたい」という願いを込めて鶴を折り続けましたが、12歳で亡くなりました。折り鶴には、「再び被爆者をつくらない」という決意が込められています。

この千羽鶴を今年は貴団体へお送りします。これまで、世界31カ国 84団体へ、428万 8千羽を送っています。みなさんの草の根からの反核平和運動に、この折り鶴を役立てていただくことを心から希望します。みなさんの平和運動の様子などお知らせいただければ幸いです。
  ノ一モア・ヒロシマ!ノ一モア・ナガサキ!ノ一モア・ヒバクシャ!
         2018年原水爆禁止国民平和大行進愛媛県実行委員会
                      実行委員長

この記事に

開く コメント(0)

世界31カ国86団体へ累計448万8千羽を海外へ
8月9日(木)
千羽鶴を海外へ送るつどい


 8月9日、『平和の使者千羽鶴を海外へ送るつどい』が松山市で開催され20人が参加しました。

 県原爆被害者の会の久保さん(故人)がよびかけてはじまり、平和行進県実行委員会が主催する、今年で28年目になる運動です。

イメージ 1


 自治労連やコープえひめなどから寄せられた約20万羽の折鶴に手紙を入れて箱詰めし、3ヵ国の3団体=フィリピン「平和女性パートナーズ」、イギリス「ヨークシャー核軍縮運動」、アメリカ「首都圏ヒロシマ・ナガサキ平和委員会」に送りました。これまでに世界31ヵ国86団体へ累計4488千羽になりました。

 つどいでは、広島で被爆された藤村敏夫さん(87)の体験談を聞きました。

イメージ 2

 「広島駅の第一機関区で働いていたところ突然の閃光と爆風と熱風。吹き飛ばされて倒れ、外を見たら家が一軒残らず倒壊しあちこちから『助けてくれ』『足がはさまれた』と悲鳴が上がっていた」ことなど、73年前に目にした光景を話され、「戦争だけはいかん」と強く話されました。

 その後、コープえひめから『ピースアクションリレー』『ピースセミナー』の実施、新婦人から『被爆体験記を声に出して読み合わせる会』の開催など平和活動報告がありました。長崎原爆投下時刻112分には、梱包発送作業の手を止め「黙祷」しました。

この記事に

開く コメント(0)

7月6日(金)からの日程中止
西日本豪雨による警報・被害・災害発生にともない

イメージ 1
(西予市野村町 7/10)

 7月6日(金)愛南町・宇和島市での要請、7月7日(土)「ピースウェーブ2018」核兵器禁止条約1周年ヒバクシャ国際署名行動、7月8日(日)愛南町行進・愛媛と高知県境での引き継ぎ終結集会について、二次被害を発生させない、参加者の安全確保等の観点から実行委員会は日程を中止する判断を行いました。

 5日から降り続く雨によって、6日から記録的な大雨となり、7日、8日と愛媛県では南予地方、西予市野村町、大洲市、宇和島市吉田町などで肱川などの氾濫で家屋をはじめインフラなど地域に大きな被害が出ており、死者も発生する状況となっています。
 愛媛県以外でも広島県や岡山県、高知県などで甚大な被害が発生しており、12府県126人の死者、行方不明者が出ている状況となっています。

 自治体も災害復旧対応に尽力し、各地から職員やボランティアが支援に入っていると伺っています。

 被災されたみなさんにお見舞い申し上げるとともに、同じ愛媛県の者として災害からの復旧復興に協力していきたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

署名にも全職員で協力する」
7月5日(木)
松野町、鬼北町で要請

 7月5日、松野町と鬼北町で要請しました。

イメージ 3

 松野町では、総務課長・議長さんに対応いただきました。

 参加者が要請書に基づいて、平和行政について要請。原爆被害者の会作成のDVDの活用、被爆者への対応などを要請しました。

イメージ 2

 通し行進者の五十嵐さんから「60年間を歩くことで訴えてきた。核兵器禁止条約が国連で採択されることでやっと光が見えてきた。核兵器がなくなるまでこの運動は続いていく。行政も未来を守るために今後も積極的な協力をお願いしたい」と訴えました。

イメージ 1

 町からは「庁舎が建て替え中なので今後パネルを購入し掲示を考えている」「兵器がない国が一番。エネルギー政策が転換されて、原発がなくなることが望ましいと思う」「日本が被爆国であることを忘れず、教育資料をもって今後も教育していきたい」「署名にも全職員で協力する」「議会でも勉強会を設けていきたい」とのコメントがありました。


 鬼北町では、兵頭町長が出席、議長さんなどに対応いただきました。

 こちらからの要請書に基づいての訴え、五十嵐さんのあいさつの後、兵頭町長からコメントがありました。
 「伊方の原発がある、北朝鮮のミサイルが四国上を通ることに恐怖を感じる。市町の首長9名で福島を訪ねた。平和を守ることは国だけの仕事ではないと感じた。市町村単位で行っていく必要性を感じる」

 また、行進については「2つの団体が一緒に活動していくことはできないのか。目標は同じであり、ともに活動できれば良いのに」「エネルギーは火力、その他のバイオマスについて検討中。今以上に原発が増えることはない」「地域を守るために山林保護に税金を使って、行わなければならない。自然のものでのエネルギーの循環を考えている」「パネルの購入も考える」などのコメントがありました。

イメージ 4

 参加者から、DVD「未来への伝言〜愛媛の被爆者は語る」を利用していただきたいと要望しました。

 鬼北町庁舎横にある被爆石を使った平和の石とともに記念撮影を行いました。

イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事