愛媛を歩こう!国民平和大行進

核兵器のない世界をめざして、一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!
 2017年3月に「核兵器禁止条約」の交渉会議が行われるにあたって、日本が演説まで行ったうえで「不参加」という事態について、県内の被爆者でつくる『愛媛県原爆被害者の会』の松浦事務局長にコメントをいただきました。




2017年4月14日

核兵器禁止の交渉会議日本政府の不参加に被爆者は怒っている


愛媛県原爆被害者の会

事務局長松浦 秀人


 3月27日から国連で核兵器禁止条約の交渉会議が開催された。史上初めて核兵器禁止が各国政府の外交交渉のテーマとされ、しかも早ければ7月にも条約案文の策定まで進む見通しとなった。核兵器の廃絶を訴え続けてきた私たち被爆者にとって非常に嬉しいニュースである。世界が核廃絶へと大きな一歩を踏み出そうとしているのだ。

 ところが同時に、「日本政府は不参加」の情報も飛び込んで来た。日本政府は、機会ある都度「唯一の戦争被爆国」と言い募り、核兵器の廃絶に熱心であるかの態度をこれまで表明して来た。にもかかわらず、核保有国の不参加などを理由に、わざわざ国連総会の会議場に登壇し不参加を表明した。許しがたい不誠実な態度であり、私たち被爆者は怒っている。被爆者だけでなく、また国内だけでなく、日本政府には厳しい批判の声が寄せられていると聞く。


 こうした状況を見るとき、地雷禁止条約やクラスター爆弾禁止条約の制定の歴史を、私は連想する。これら兵器の禁止条約も、保有国などの執拗な抵抗があり、一時は成立が危ぶまれた局面もあった。にもかかわらず、そうした妨害をはねのけて禁止されることとなった。


 核兵器の非人道性、残虐性は際立っているばかりか、地球を壊滅さかねないほどの威力を有している。そうした兵器は禁止・廃絶以外に人類が生き残る道はない。アメリカなどの核保有国とその同盟国の妨害を乗り越え、禁止条約は成立するに違いないと確信している。
 

この記事に

開く コメント(0)

2017平和行進愛媛ニュースができました。

イメージ 1

イメージ 2



この記事に

開く コメント(0)

2017年国民平和大行進の全国日程がきまりました。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

2016海外への手紙

イメージ 1



To our friends wholove peace

This coming summer we will have passed 71 years since the atomic bombs weredropped on Hiroshima and Nagasaki in August 1945.
At this time in the world there are 15,000 nuclear bombs that threaten thelives of human beings. The atomic bombs destroyed the cities in moments, andtook the lives of 210,000 people within the year. This was one of the worsttragedies in human history, and to this day 180,000 people continue to sufferas victims of the atomic bombs. Harmful radioactivity is also spread to allcorners of the world due to nuclear testing and nuclear plant meltdowns.
“We humans can never coexist with nuclear weapons” “No more atomic bombvictims”, the citizens movement for the abolition of nuclear weaponry hasspread, and is about to change the world. At the 70th General Assembly of theUN Disarmament Conference in December 2015, the highest number so far of 140countries backed the decision requested by the Comprehensive NuclearDisarmament Treaty carried forward by the Anti-Alliance Movement that wegathered.

On the 27th of May 2016, President Obamamade the first Official American Presidential visit to the bombed city of Hiroshima.People over the age of 80, the average age of those who have been affecteddirectly by the atomic bombs, sincerely hope that no one else will have toexperience the hell of nuclear weaponry in their lives again. Not you, yourfamily, nor anyone else should be a victim of an atomic bomb.
From this year, we, the victims of the atomic bomb, are going to start asignature campaign all over the world to ensure a nuclear disarmament treaty.We intend to change international politics with these signatures and thehundreds of millions of opinions of people around the world.
We, The Council of the Great Peace March of Ehime Japan against Atomic andHydrogen Bombs, as a nation that has experienced the travesty of atomic bombs,with the Constitution of Renunciation of War, have taken part in the peacemarch for 59 years hoping for world peace and the abolition of nuclear weapons.This year, we also visited all the cities in the Ehime Prefecture and over 700citizens including victims of the atomic bombs took part in the Peace March. Atthe same time, we have organized the collection and sending of 150,000 papercranes as” messengers of peace “to foreign countries.
In traditional Japanese culture, 1000 cranes represent long life. It is saidthat cranes live for a thousand years, and turtles for ten thousand. There is astatue of a child who was a victim of the atomic bomb in Hiroshima Peace Park.Sadako Sasaki was 2 years and 8 months when the atomic bomb was dropped. Whileill years later, filled with the desire to live, she went on to fold 1000 papercranes. She died of acute leukemia at the age of 12. Cranes are a symbol of ourresolution to prevent further suffering due to atomic bombs.
We will send these cranes to your group. We have sent 3,988,000 cranes to 78groups in 31 countries. We hope that your anti-nuclear grass roots movementswill make use of them. We look forward to hearing about your activities.
No more Hiroshima! No more Nagasaki! No more nuclear bomb victims!



2016The Council of The Great Peace March of Ehime

Against Atomic & Hydrogen Bombs,
The Chair


イメージ 2



 平和を愛する仲間のみなさんへ
 

 1945年8月、広島・長崎に原爆が投下されてから71年目の夏を迎えました。

 今なお世界には、1万5千発以上の核兵器が存在し、人類の生存を脅かしています。原爆は、一瞬のうちに2つの都市を破壊し、21万人の尊い命を奪いました。人類史上例のない非人道的な被害をもたらし、現在も18万人の被爆者が苦しみ続けています。また、核実験や原発事故によって世界各地に深刻な放射能被害が広がっています。

 
 いま、「人類と核兵器は絶対に共存できない」「ふたたび被爆者をつくるな」という市民社会の運動は、世界中に響き渡り、核兵器廃絶を求める流れが世界を変えようとしています。

 2015年12月の第70回国連軍縮総会は、これまで非同盟運動が進めてきた包括的核兵器禁止条約を求める決議がこれまでで最高の140カ国の支持を集めました。


 そして、オバマ・アメリカ大統領が、5月27日、現職の大統領として初めて、被爆地広島を訪問しました。

 平均年令80才をこえた被爆者は、後世の人々が生き地獄を体験しないように、生きている間になんとしても核兵器のない世界を実現したいと切望しています。あなたとあなたの家族、全ての人々を絶対に被爆者にしてはなりません。今年より被爆者はすみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求める国際署名がスタートします。この署名を、核兵器廃絶を求める何億という世界の世論にして、国際政治を動かしていきましょう。


 私たち原水爆禁止国民平和大行進愛媛県実行委員会は、被爆国であり、戦争放棄の憲法をもつ日本国民として、世界の平和と核兵器廃絶を願い、59年間平和行進を続けています。今年も全自治体を訪問し、被爆者をはじめ700人をこえる県民が行進しました。同時に「『平和の使者』千羽鶴を海外へ送る運動」にとりくみ、今年も15万羽の折り鶴がよせられています。

 千羽鶴は、日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われ、長命の象徴です。広島平和公園には「原爆の子の像」があります。2歳8ヶ月で被爆した佐々木貞子さんは、急性白血病になり、「生きたい」という願いを込めて鶴を折り続けましたが、12歳で亡くなりました。折り鶴には、「再び被爆者をつくらない」という決意が込められています。

 この千羽鶴を今年は貴団体へお送りします。これまで、世界31カ国78団体へ、398万8千羽を送っています。みなさんの草の根からの反核平和運動に、この折り鶴を役立てていただくことを心から希望します。みなさんの平和運動の様子などお知らせいただければ幸いです。


 ノ一モア・ヒロシマ!ノ一モア・ナガサキ!ノ一モア・ヒバクシャ!

 2016年原水爆禁止国民平和大行進愛媛県実行委員会

この記事に

開く コメント(0)

“平和の使者”千羽鶴を海外へ送ります
8月9日(火)千羽鶴を海外へ送るつどい

イメージ 1

 8/9(火)、今年で27回目となる「“平和の使者”千羽鶴を海外へ送るつどい」が松山市で行われ、19人が参加しました。

イメージ 3 コープえひめや自治労連など平和行進の参加団体から集まった、約15万羽の折り鶴を箱詰めし、フィンランドとスウェーデンの3団体へ送りました。
 昨年までに送ったものとの合計では、31カ国81団体413万8千羽になります。

 つどいでは、松山市在住の新土居エミ子さん(89)が、広島で被爆した体験を話されました。

イメージ 2「教会で清掃中に強い閃光と爆風で飛ばされ、梁や桁が足元すれすれに落ちてきた。ギリギリのところで無傷で助かったが、その後に広島入りした弟妹も自分も発癌し、子どもや孫への被爆の影響をずっと心配しつづけた。核兵器はあってはならないもの。原爆の怖さを1人でも多くの若い人に語り伝えたい」と話されました。
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事