全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
この内、半腱様筋は、膝部で下腿の内旋筋として作用し、
下腿を内旋させます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大腿は大腰筋、梨状筋、大臀筋(これに加え内転勤群)の作用で外旋しているので、膝部で唯一、下腿の外旋筋として作用する大腿二頭筋の内、長頭部が大腿部の外旋で弛緩し、膝部での下腿の外旋力が弱まる為、膝部は内旋して行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
(おそらくこれは大腿が外転、外旋した際の自動補正機能、ただし
膝関節が屈曲している事が前提、膝関節が完全に進展している場合、
内外の側副靭帯が緊張し関節を固定するので、内外の回旋は起こりません。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この腰椎の前湾の消失、腰椎の直立には広背筋も関与します。
広背筋は、胸腰筋膜を介して腰椎の棘突起に付着部を持つ為、
緊張を増せば腰椎を後上方へ引上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広背筋の緊張は、腰椎に異常が生じた場合だけではなく、
肩関節の内旋筋と作用する為、肩関節の周囲に炎症等が起り、
肩関節外旋に作用する棘下筋、小円筋、三角筋肩甲棘部の
緊張が増せば牽引され緊張し、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同様に腰椎を後上方へ引き上げるので、この作用で腰椎の前湾が減弱する場合があります。
(特に上部腰椎が後方へ牽かれ、触ると上部腰椎が後部に突出たように触知されます。)
 
また、僧帽筋、大・小菱形筋及び肩甲舌骨筋も肩甲骨、鎖骨を介して
広背筋と牽き合う関係になるので、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これらの筋肉の緊張も広背筋を緊張させ、
結果的に腰椎の直立に関与する事になり、その後の筋緊張の連鎖を助長します。
(僧帽筋、菱形筋は頚部、背部の障害で緊張を増します。また、逆に言えば
腰椎の異常により広背筋が緊張し、これらの頚肩部の筋緊張に影響を与える
場合があります。)
 
  
  

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

腰椎直立を補助する為、骨盤が回旋、後傾しますが、これは骨盤前部(恥骨部)を腹筋(腹直筋、腹斜筋)が上方へ牽引し、大腿二頭筋、半腱・半膜様筋等の大腿後部の筋肉が坐骨を下方に牽く事で行われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大腿二頭筋、半腱・半膜様筋の緊張は膝関節を屈曲させ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腹筋の牽引による骨盤前部(恥骨部、上前腸骨棘、下前腸骨棘)の上昇により、
大腿直筋、縫工筋、大腿筋膜張筋、恥骨筋・大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋の大腿内転筋群、及び薄筋が上方に牽かれ緊張を増し、これらの筋肉は股関節を屈曲させます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この内、大腿内転筋群は大腿部を外旋させます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             ただし、大内転筋の内、内転筋結節に付着する部位は、
             大腿を内旋するように作用します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大腿が外旋すると、大腿の内旋筋として作用する大腿筋膜張筋が牽引され
緊張を増し、この筋肉は大腿部を外転させます。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

また、縫工筋、薄筋の緊張は膝部で下腿を内旋させ、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大腿筋膜張筋による大腿の外転により、半腱様筋が牽引され緊張するので、
この筋も下腿を内旋させます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一方、膝部で下腿を外旋させる大腿二頭筋の長頭部は、
大腿内転筋群による大腿部の外旋で弛緩し、下腿の外旋力が減じるので
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この筋肉のバランスの変化で、膝部で下腿は内旋して行きます。
 
膝部で下腿が内旋すると、下腿の外旋筋として働く大腿筋膜張筋は牽引され
更に緊張を増し、大腿の外転が助長されます。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下腿の内旋筋が、縫工筋、薄筋、半膜様筋、半腱様筋、膝窩筋の5筋肉なのに対して、
下腿の外旋筋は大腿二頭筋の1筋肉だけで、大腿筋膜張筋はあくまで補助的に
下腿の外旋に作用します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この為、大腿の内旋筋である大腿筋膜張筋は大腿の外旋により緊張を増しますが、
下腿を外旋させる作用は弱く、むしろ縫工筋、薄筋、半膜様筋、半腱様筋の
筋緊張の増強により牽引され、さらに緊張を増し、大腿の外転筋としてのみ
作用します。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

胸部の場合、
脊椎周囲組織の変性に伴う脊髄、神経根の圧迫回避の為の胸椎の前屈は、
腹直筋、外腹斜筋など腹部の筋肉が緊張を増し胸郭を下方に牽く事で行われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さらに胸椎が前屈して後方部分の距離が伸びると、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胸椎横突起の先端より下位の肋骨に向かって走行する肋骨挙筋が引き伸ばされ緊張し、肋骨を引き上げ胸郭全体が上昇するので
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腹直筋、外腹斜筋は上に牽き上げられさらに緊張を増します。
(上部肋骨は主に前方部が上昇し腹直筋を牽き上げ、
  下部胸椎は主に側方部が上昇し外腹斜筋を牽き上げます。)
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

緊張した腹直筋、外腹斜筋は、骨盤前部を上に引き上げ、
大腿内転筋群及び薄筋、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大腿直筋、大腿筋膜張筋、縫工筋を牽引し、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これを緊張させ、このこれらの筋肉の緊張は、股関節を屈曲させます。
 
この股関節の屈曲は、股関節の伸展筋として作用する大腿二頭筋、
半腱・半膜様筋の緊張につながり、この筋肉が膝関節を屈曲させます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事