へのへのもへじのおもちゃ箱

見知らぬ地の鉄道模型で、今日を忘れるためのブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日入手した、なごでんさんのサウンドデコーダ R6nを試しました。
今回はSLの音を入れて楽しみます。
プログラムは、MECYさんの作品(MP3V5_SL102)を使いました。
イメージ 1
いろいろと組み替えて楽しむために、今回はKATOの旧型客車をご指名、イメージ 3
スピーカはいくつか試して、aitendoのエンクロージャ付きを使いました。
イメージ 2
デコーダ、スピーカー、コンデンサの取り付けを並べてこんな感じに収納されます。
イメージ 4
SLは分解して、モータの端子に別の小型デコーダ(D&H社)をはんだ付けします。このデコーダPD-05Aはかなり小さいですね。

イメージ 5
こんな感じに、キャブ屋根の裏に収まります。


最後に試走、Nゲージでも十分な音量ですね。音質もなかなかです。ちなみに客車は窓なしで再組立てしています。後は汽笛があればなぁ〜

※サウンドデコーダについての補足説明※
今回使わせていただきましたR6nについては、名古屋電鉄さんのホームページを参照願います。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/nagoden/
また、プログラム(arduinoのスケッチ)は、MECYさんが製作されたものに書き換えています。
http://end-trail.jugem.jp/?eid=88
に記事があり、ダウンロードが可能です。
R6nはSDカードがないタイプなので、mp3の再生はできません。
mp3が再生できるデコーダはもちろん汽笛を鳴らせます。
ご興味があれば、「デジタル鉄道模型フォーラム」
http://desktopstation.net/bb/index.php
で問い合わせ頂ければ幸いです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事