へのへのもへじのおもちゃ箱

見知らぬ地の鉄道模型で、今日を忘れるためのブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日の調整ではまだ走り出しが気に入らず、さらに調べてみました。

CV52( Load control parameter «K» slow )を変えた時の挙動(CV51は前回の1にしたままで)を確認です。
CV52=1 応答が悪い、停止からスタートが遅い
CV52=10 正常
CV52=30〜100 ラピッドスタートになる
通常使うCV54(Load control parameter „K“)の説明では、「Defines the effect of load control. The higher the value,the stronger the effect of Back EMF control.」との説明があります。

また、CV51 (Load control parameter «I» slow)ですが、
CV51=1 OK
CV51=10 OK ★
CV51=100 スピードが安定しない
でした。
CV53は「Defines the momentum (inertia) of the motor. The higher the momentum of the motor (large flywheel or bigger motor diameter), the higher this value has to be set.」とのことで、なるべく大きな値にせよとなっています。でも、あまり大きくするとスピードが不安定になります。
この調整値での走行はこのとおり、以前より満足できました。(若干ぎくしゃくしてみるのは録画の問題で、走りは非常になめらかです)



まだ、間違いがあるかもしれませんが、内部の計算式がどうなっているか、想像してました。

イメージ 1
まずは最高速度をCV53できめて、その後CV2で最小速度を決める。そして、CV51,52とも小さい値から少しづつ増やすのがよいようです。停止からラピッドスタートにならない位にCV52をセットし、あとはCV51をぎくしゃくしない程度に上げます。仕上げにCV57,CV58でサウンドを同調させるでどうでしょうか?


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事