へのへのもへじのおもちゃ箱

見知らぬ地の鉄道模型で、今日を忘れるためのブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

DCCSelectorの製作

今回製作中のミニレイアウトはポイント制御にDCCを利用しますが、車両はDCCおよびアナログ車両に対応します。さらにリバーサーを含めて以下の切り替え機能を実現することにしました。
イメージ 1
車両アドレス999を割り振り、
 F1 = レールにメインDCCもしくはサブ入力(DCCもしくはアナログ)
      のどちらかを流す
 F5,F6 = CH5,6出力の制御(レールブロックA用)
 F7,F8 = CH7,8出力の制御(レールブロックB用)
としています。

なお、リバースがある場合はアナログでもデジタルでもレール極性を反転しないと、車両内部で短絡が発生するので極性を合わせる必要があるため、2つのフィーダをつけて、最終的にはレールブロック切り替えを自動化する予定です。

基板は、半田面に6か所のパターンカット、4本の追加配線が入ります。
イメージ 3
表側は、特に加工はありませんが、スイッチ関係は取り付けずに、リバーサー用のセンサ入力に利用する予定です。
イメージ 2
試作品の動作は無事確認しました。

今回は2入力、2出力の切替器としましたが、3入力2出力の切替器なども製作可能ですね!



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事