へのへのもへじのおもちゃ箱

見知らぬ地の鉄道模型で、今日を忘れるためのブログです。

鉄道模型

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
DesktopStationさんの新しいDCCコマンドステーション「DSair2」、先日からキットの発送が始まったようですが、事前にいただいていましたチャレンジキットを組み立てましたので、報告です。

【1】はんだ付け
まず、このチャレンジキットは現在のキットとことなり表面実装部品を含むすべてのはんだ付けを自分で行うものになっています。こちらDCC電子工作連合の方がいくつか製作方法をアップしていますので、今回は要点だけ説明します。
部品は、これくらいのボリュームです。
イメージ 1
部品表は
http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/VOM_R1c.png
ですが、部品には部品番号はついていません。
今回、マイコン部分は、左下のarduino NANOを使っていますので、それだけでもはんだ付けは減っていると思います。
まずは、表面実装部品のはんだ付けからです。このようなはんだ付けは小さいものを先に取り付けるが鉄則です。
イメージ 2
表面のICから半田付けします。半田不良にならないようにしっかり半田付けし不良がないか十分に確認したほうがよいでしょう。また、コンデンサは部品に表示がないので注意が必要です。左側の白いテープ(小さい方)が0.1μF、透明テープ(大きい方)が10μFです。
イメージ 3
前面に出るLEDは位置合わせが必要です。リセットスイッチを付けた後、ケースの壁を使って確認しましょう。
また、残りの部品をつけていきます。電解コンデンサと電源ICは、極性に注意しましょう。
イメージ 7
すべてつけ終わったら、高価なSDカードを取り付ける前に電源電圧をテスターでチェックしましょう。

【2】プログラムの書き込み
イメージ 4
チャレンジキットについてくるarduino NANOにはDSairのプログラムは入っていません。私は、組付ける前にパソコンでプログラムを書き込んで起きました(なお、DSairにはUSBコネクタの口がついていますので組み立て後に行うことも可能です)
プログラムはDeskctopDtationさんのサイト、
からダウンロードします。
イメージ 6
その中からarduino IDEで 「DSshieldFlashAir.ino」を開きます。
イメージ 5
マイコンボードでは、NANOを選択しますが、なぜか一度目はうまくいかなかったりしますので、じっくりすすめたほうがよいです。

また、ダウンロードしたファイルの「SD_WLAN」は、フォルダーごとパソコンに差し込んだFlashairのルートディレクトリにコピーします。

【3】最後の組み立てと試運転
arduino NANOとFlashairをすべて取り付けて通電します。
イメージ 8
そこで、スマホのwifiのSSIDをFlashairに切り替え、パスワード(12345678)を入れて[fttp://Flashair]にアクセスするとこのような運転画面が出ます。

イメージ 9
電源をONにしたあと、速度計をタップするとスピードが変えられます。左のファンクションキーも簡単に操作できます。

また、ポイント操作画面もあります。この画面では、複数のポイントを同時に操作することもできます。アイコンもいくつか選択可能です。
イメージ 10
これとは別にz21と同じようにレイアウト画面を表示することもできるようなので、後日チャレンジしてみようと思います。

最後に、今日はこれでDCCサウンド機の試走を行ってみました。
イメージ 11
この省スペースでできるということは、いつでもどこでも安心して飲みながら楽しめますね。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

FleishcmannのDCC機、久しぶりに動かそうとしたところ、アドレスが合っているはずが、うまく動きません。
そこで、分解修理を行います。
イメージ 1
この機関車は、4つあるバッファを抜くとボディが外れます。

イメージ 2
ボディを外しても煙が出て動かず、そこでNEM651のデコーダをダミー配線に交換、アナログで運転します。やはり煙がでて動きません。どうやら、問題はモーターのようです。

モーターを取り外します。
イメージ 3
単体でも回らず、さらに分解を続けます。

イメージ 4
ブラシ等をはずすと、コミューターの間にカーボンなどが詰まっているのが見えます。

イメージ 5
さらにばらして、ハブラシで清掃します。ハブラシはすぐ黒くなりました。この後1500番のやすりで表面をならしてから再度清掃します。モーターに戻して回転させると数秒間コミュテータから火花がでましたが、その後安定して回転するようになりました。結局、どこかのMT9モータ?と同様、コミュテータのカーボン詰まりが問題だったようです。

イメージ 6
元に戻して試運転、無事修理完了です。もちろん、低速から高速までスムーズです。

最初はデコーダかとおもったのですが、fleischmannでもこのようなトラブルがあるのですね〜お楽しみのビールは・・・これからです。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

DSdoctorを考える

タイトルに"DS"がついていますが、DesctopStationさんに断りなく書いています。

DCCって、デジタル家電同様わからなくなると行き詰まっちゃうのですよね〜
コンピュータの開発関係の方にとっては、うまく動かないトラブルはいつものこと、解決するまでトライ&エラーを繰り返すのがいつものこと(=>つまりトラブルにはまると帰れない)ですが、時間がない中で早く模型を走らせたい方にとってはとっては厄介な問題です。

そこで、何がわるいか考えずにまずは診断できるものがあると便利なのですよ、DCCってすべて同じかというと、以外と違いも多いものです。壊れたと思っても実は設定が違っているってことも多々あります。

通常は運転用コントローラの設定機能を使って確認するわけですが、なにせわかりにくい。大手メーカーの商品でも操作に癖があったり、運転はできても他メーカーの設定変更はできなかったり、課題は様々です。

その中で、
https://desktopstation.net/wiki/doku.php/cv_read_writer
は、運転機能は最小限ですが、設定変更においては非常に互換性が高いものになっていると思います。たぶん、pageモードとかdirectモードとかそのあたりいろいろと改良されたのでしょうね。手持ち(Nゲージだけすが)でアクセスできない車両はないです。

ただ、やはり「プログラマ」の作りで、メニューから何をやるのか選んでいく操作になっています。なれればこのほうが便利ではありますが、初心者にとっては迷いもあるでしょうね。

これを、トラブルシューティング専用に、質問形式でYES(ENTER),NO(ESC)でこたえていけば原因がわかる道具にできるのでは、と妄想しています。

たとえば、
"シャリョウヲノセテクダサイ"
"   ノセタラ<ENTER>"
で<ENTER>を押すと
"オウトウガアリマセン   "
" モウイチド<ENTER>"
・・・・

う〜ん、カタカナはかえってわかりにくいかもしれません。
やっぱり英語でいいですね、

"Please set the"
"model  <Enter>"

"Start communicat"
"ion?      <Enter>"

"No responce,  "
"Retry? <Enter>"

"Comm. is success"
"Read ADRS?<Ent"

"ADRS is       "
"03(Short ADRS)"

"Turn on the he"
"ad light?<ENTR"

こんなかんじでしょうかね?
これをメモっておけば、友人にも聞けるでしょう。
あとはコントローラの診断でしょうか?こちらはかなり厄介な気がします。

追記:
DS Blueboxですが、「在庫切れで廃止製品となります」とのこと、ぜひDSdoctorで復活を!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

FleischmannのDCCセットについているMultiMAUSですが、以外とわかりにくく、以前は自分もかなり迷いましたので、ここでいくつかまとめます。
まずは、ドイツ語から英語表示の切り替え方法です。デフォルトのままだと何が何だかわかりません(いちょう、ドイツ語は習ったことがあったのですが・・・)。


運転画面から↑(シフトキー)を押しながら<MENU>キー、
表示が"EINST"となります。
そこで、→キーで"BEDIE"を出して<OK>、
→で"SPRACHE"を出して<OK>、
→で"ENGLISH"をだして<OK>、これで切り替わります。

また、DCC車両を同じレールに乗せる場合は、ロコアドレス(DCCアドレス)を別に設定しないと個別運転ができません。
手持ちの機関車 RE4/4をアドレス44にしたときの手順です。CV1に44を書き込みます。


このようにCV1に44を書き込みますが、ロングアドレスで44を書いてもエラーもでないのに動きませんでした。ロングアドレスは100以上(もしくは128以上)のルールがあるのですね。

さらに、MultiMAUSは機関車名の登録が可能ですので、「RE44」という名前でさきほどのアドレス44を登録しました。これで運転画面上で←,→キーで車両の選択ができます。


これでこんな感じでギャップなしで2列車の交互運転が可能です。(ただし、スプリングポイントが必要です)。

このようにちょっと設定は面倒ですが、運転するときは名前(最大5文字)で選択できるのでなかなか便利ですね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

青いSL

今日はホビセンのDCCイベントに行きたかったのですが用事があって断念、その代わりにこちらを更新です。

日本では青いSLはなかったかと思いますが、おしゃれなヨーロッパではいくつか走っていたようです。ようやく手に入れたのがこのBR03です。
イメージ 1
BR03は、あの有名なBR01の軸重を20tから18tに下げて主幹線以外でも使えるように改良した機関車とのこと、BR01よりボイラーがスマートです。日本でいえばC55,57といったところでしょうか。

青塗装といっても、煙室周りは焼けるためか黒塗装となってよいアクセントになっていると思います。
イメージ 6
また、ヴィッテデフが犬の耳のように傾いて取り付けられています。トンネルでも狭いところがあるのでしょうか?

これ以外の青いSLも比較してみます。名機と言われるS3/6は全体が青いですね。
ボイラーバンドはBR03はクールな銀ですが、こちらはゴージャスな金色です。
イメージ 2
でもとんがった煙室扉は黒いです。

次は、BR01流線形のオリエント色です。
イメージ 3
残念ながら、テンダーにオリエントエクスプレスの銘板がないまま発売されてしまいましたが・・・DCCサウンドでたのしみ倍増です。

あとは、イギリスにわたってあの有名なSL
イメージ 4
世界最速とされるmallard号です。初めてのdapol製、でもこれ先台車の中心が固定されていて、Fleischmannの急カーブは曲がれないのです。早く改造せねば〜

あと一番有名で忘れちゃいけないのはこちらですね(笑)
イメージ 5
ということで、ヘッダーの背景画面も緑のSLから青いSLに入れ替えました。これで残暑の中、少し涼しく感じていただければよいのですが・・・

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事