へのへのもへじのおもちゃ箱

見知らぬ地の鉄道模型で、今日を忘れるためのブログです。

鉄道模型

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

TEE Lemano & Glenfiddich

ようやく、本日より実質的に夏季休暇になりました。少し前に調達したイタリアのTEEをご紹介です。
イメージ 2
Pi.R.A.T.A.の製品です。
FLASHMANさんのブログ
によると「Gran Conforto」という客車のようです。
これと手持ちのRe4/4Ⅱを組み合わせてTEE LEMANOが完成です。
(写真はMärklinfan Clubからの借用です)
イメージ 3

所用をすませて今日は、ウイスキーをちびじびやりながら飲酒運転です。
イメージ 1
class401ice1さんのブログで拝見したグレンフィディリックを手に入れていつもの小樽で買ったおちょこでちびちびやりなら試走です。

イメージ 5
機関車とのバランスもばっちりです。

イメージ 4
よく見ると、窓上に「TRANS EUROP EXPRESS」の文字が、誇らしげに見えます。


ちょっと動画がぼけてしまいましたね。サウンド聞きながら走らせているとあっという間に時間が過ぎます。後ろから「そろそろ片づけたら」の声で現実に引き戻されます。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

こんばんは、
最近いろいろと立て込んでおりましたが、なんとかブログも再開できそうです。

まずは、先日訪問した「旭が丘線」からご紹介します。
こちらは、仙台の一番町(いわゆる東北一の夜の街ね!)で、先日まで営業していた鉄道バー「北斗七星」のオーナーさんの貸しレイアウトです。一番町は閉店したもののこちらの貸しレで月一「北斗七星の日」として夜の開店もあるようですが、今回は都合が合わず昼の訪問となりました。

とりあえず全景を、と思ったのですが一枚では入りきれませんでした。
イメージ 1

イメージ 2
レイアウトはこんな感じで、実用性も重視した構成ですね。

イメージ 3
今回もちこんだ車両はこちら、TEE色の車両たちです。後ろは、同行いただいたこるとれーんさんのキハ82白鳥編成とDD51、まあ実車は並ぶことのない組み合わせですね。

イメージ 4
DCCサウンド車両もいくつか走らせました。いつもボリューム絞ってたのですが、このときはHIボリュームでした。

イメージ 5
今回運転に使ったのは、このDSair(Desktop station製)、
タバコより小さいこのサイズ(ACアダプタ除く)で持ち運びも便利です。操作はスマホやタブレット上のブラウザで行いますので機種を選びませんし、専用アプリのインストールも不要です。今回CV値の変更機能(ただし書き込みのみで読み出しは不可)がついたことで、基本操作はすべて可能になりました。DCCを始めるときの最適な一台かと思います。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

またまた、新製品のコメントです。
でも写真もなしです。

先日、小田急GSEの発売に踊りましたが、
続けて残り少ない神奈川大手私鉄物である相鉄9000系がマイクロエースより発表になったようですね!
でもよく見ると

グループカラー・青・オレンジ時代!相鉄9000系
●A6246 相鉄9000系・新塗装・シングルアームパンタ 基本6両セット 
●A6247 相鉄9000系・新塗装・シングルアームパンタ 増結4両セット 

横浜ネイビーブルー塗装!新世代の9000系
●A6248 相鉄9000系・リニューアル・菱形パンタ 基本6両セット
●A6249 相鉄9000系・リニューアル・菱形パンタ 増結4両セット

ん?

赤帯がないじゃないですか・・・

まあ、すでに「鉄コレで販売したでしょ」と言われればそれまでですが、2種類選ぶなら、人気があるオリジナルの赤帯じゃないですかぁ?

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今回、ロクハンから発売になったDCCデコーダを紹介します。

まずは、商品全体はこちら、
イメージ 1
両方ともケーブルで配線するタイプです。室内灯付きの左のタイプは、Zゲージのみならず、Nゲージ新幹線まで使えるサイズなのです。

KATOのDCCフレンドリー製品はありますが、一部の車両にとどまるようです。その中で、Nゲージで使える国内ブランドはいいですね。

今回、ロクハンさんのご厚意でZゲージキハ52を合わせて提供いただきましたので、取り付けてみます。ちょっともったいないですがLED3つ分をカットして、各パーツにはんだ付けします。
イメージ 2
配線は他社DCCと合わせた標準カラーです。モータはオレンジ、グレーです。ライトは白と黄色です。一般の方で一番難しいのはこの「はんだ付け」だと思います。ケーブルが細いのでそれに合うワイヤストリッパー、またはんだごても先が細い電子部品用が必須です。さらに、作業中にこてをボディにあてないよう細心の注意が必要です。

集電板からの給電だけは、バネを使います。先の細いピンセットが必要です。
イメージ 4
このバネで基板とデコーダがきっちり固定されます。

ライトユニットは、DC運転時用の集電板バネをカットしてデコーダに接続しますが、以下黄色部分のプラをカッターでカットしておくとボディがスムーズにはまります。
イメージ 3
ボディを嵌めて試運転、無事動作しました。ただ、白色ボディのせいかちょっと室内灯が透ける気がします。
イメージ 5
横から見るとこんな感じ、Zゲージでもモータドライバ、室内灯付きでほぼシースルー構造なのは素晴らしいと思います。

最後に小型汎用タイプも紹介します。右側のDZ126IN(digitrax)とより細めです。
イメージ 6
配線の並びはNEM651とは異なりますが、価格はDZ126INの2/3位なので採用しやすいですね。

こちらも普通に使えましたが、もともとZゲージ(コアレスモータ)に合わせた設計のようですので、モータードライブ(PWM)周波数が高めのようです。Nゲージ等では、整備状態やモーターによっては、微速が出しにくい場合もあるかもしれません。

また、こちらのブログにも紹介があるので参考になると思います。


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

TOMIX GSE発売!

ひさしぶりの更新です。
このところ、N-Gage Informationに小田急ロマンスカーGSEの写真がでていて気になっていましたが、予想通り? TOMIXから発売予告がでましたね1

実は、ちょうど先日乗車しました。
イメージ 1
つやのあるオレンジ色です。
TOMIXがどこまで再現できるか楽しみです。

室内はこんなかんじ、
イメージ 2
窓が高く大きく、また網棚がないので、広々としています。

展望室はこんなかんじ、
イメージ 3
これまでのロマンスカーで一番広々としているかもしれません。

発売は年末とのこと、いまから楽しみです。

また、おまけで、VSEの8号車(天窓があるところ)の写真です。
イメージ 4
他の車両より短いのですが、空が見えるととプレミアム感がありました。

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事