へのへの先生仮免中

神経変性疾患を中心とした科学も多少
やふーブログが終わってしまう。
さて膨大な時間をかけて書いてきた日記をどこかで継続するか、もう終わりにしてしまうか迷うところ。
多分ブログのせいで、10%しか思ってないことが表に出てしまったり、まぁ良いことはさほどなかったな。

人生の悲劇は、人は変わらないということです。

誰の言葉だったか
ざっくり変わって、人の愚痴を笑い飛ばして、世話を焼けるだけ焼いて生きてみたかった
なかなか自分のことで精一杯で、人付き合いがうまく出来なかった感がある。

人生には生きる価値があるわ、そこに笑いがある限り

これはモンゴメリ、私まだ笑えるわ
モンゴメリはうつ病で自殺したって話もあったけど。

久しぶりに東京にいってきたが、色々刺さる話を聞いて、すこしぐったりして一週間過ごした。
人はなにかから自由になれることはない、正直悲しかった
まぁ悲しいということも生きていると言うことか。

先輩とはなしてたら研究について愚痴ってしまった。
親しい人ほど愚痴りがちなんだけど、女々しいとも言われたことがあるし(男らしくないだったか)、自制せねば。
授業や教育に面白みを感じなくはないけど、立てたいのは研究の旗ではある。
もう他に面白そうなことはほとんど見いだせなくなってしまった。
しかし、世界の流れが速すぎて、自分の立場は見失いがち。
走っているようでどこにもたどり着かないのかも知れない。

肥満と関連して、脂肪組織の免疫細胞がLAMと呼ばれる脂質対処の免疫細胞に変化するという論文を読んでた。
Iqbalという、(まちがえた、Amitでした)イスラエルのPIの論文だが、とにかく自動的に細胞ソーティング、タンパク質発現状況の網羅的解析が出来るという系を確立しており、追随しがたいトップランナーの一人だろう
テーマ的には病気に関連してできる特異的な細胞群を見出し、マーカーを明らかにする、というところか。
以前アルツハイマー病のモデルマウス等つかって特異的ミクログリア(DAM)というものが存在するんだ、ということをCellにのせていた。
以前の論文を読んでいたので、この論文はすらすら読めた、というかDAMとかなりかぶる。
ポイントとしては、肥満がきっかけとなり、血液を循環している免疫細胞が、脂肪組織に在住するようになり、分化?して脂肪の代謝を制御するようになる、これがLipid associate macrophages (LAM)である
その分化?のキーポイントが、いろいろな神経変性疾患、ナスハコラ病などのリスク、または病因として知られる
TREM2の発現誘導がキーとなっている。
実は以前のDAMという病態特異的MicrogliaもTrem2の発現をキーとしており、TREM2以外のタンパクの発現状態もかなりかぶる。
TREM2のノックアウトでは、肥満モデルがかなり強く出る、人の脂肪値とTREM2の発現量も相関する、などなかなか痒いところに手が届くお話ではあった。
うーんでも結局でもどうすればいいんだろうね、治療標的がどこにあるかわからん。
肥満ででてくるマクロファージはあるけど、その機能を抑えたらもっと肥満になってしまう、肥満を治すにはTREM2を活性化させるべき?

高脂血症、糖尿病はアルツハイマー病の危険因子で有り、脳に蓄積した脂肪、そこに端を発した慢性炎症、がマクロファージに似た免疫細胞であるミクログリアに影響する、というモデルは中々魅力的と言える。
面白いけど、少し話は合いすぎる気もするな。

神経変性疾患に関わる遺伝子が脂質代謝に関わっていた、という論文はざらにある。
共通性を見出すなら、神経ではなく、免疫機構なのかも知れない。



開く コメント(2)

夏がやってくる。
そろそろ、試験問題を考えねばならぬ
試験が終わらねば、私にも夏休みはやってこないのだ。
毎年かえなくても良いんじゃないかとも思うが、まぁ無難にやるのだ。

培養細胞使いとしては、使っている細胞がどんな背景を持ってるか気になるところ(だろうか)
こんなデータベースを見つけた
がん細胞モデルのほとんどのデータを得ることが出来る。
まぁ超有名細胞Hela細胞について探ってみた。
ちなみにHela細胞については本が出ていたりする、詳しい内容はこちら
大昔から有る細胞だが、由来患者が同定できるなど個人情報については考えさせられるお話し。
確か子孫のゲノム情報が公開されているようなものだ、ということで訴訟沙汰にもなったはず。
イメージ 1
ということでHelaを検索
イメージ 2
まぁこんな感じ、ゲノム情報、RNA-seq、メチレーション、薬剤感受性などが手に取るように・・・
といいたいところだけど、生データは確保できるものの、こいつらを扱うソフトウエアの情報を見つけなければならん。
まぁどんな背景を持った細胞かはよくわかるさいとである。

開く コメント(0)

シカゴに学会に行くことになり、ホテルの手配等やっていたが、弟子をどのホテルに押し込めば良いのか皆目見当が付かず。
本人に任せたら、かなりコスト高の部屋をとっていたが、金が出るんかいな。
Pricelineで安く済ませろっていったらいやジャーとのたまう、別に危険なサイトでも無いのだが。
うーん彼女と部屋をシェアしてくれる人を探すべか・・・

アラジン実写版を見に行った。
なんというかディズニーなアラビアの偏見を垣間見ているきはしたが、ほっこりはした。
予定調和は美しく、A whole new worldははたまた美しく、それを許せないことがあろうか。
結構露出度が高く、最初ジャスミンの胸に目が行って困ったが、終わってみればウイルスミスのおっぱいしか覚えていない、まぁそんな映画
どうあっても目が奪われる様な俳優もいるもんだ。

さてブログを継続的に書くにはテーマが必要な気がする。
勉強もかねてデータベースの紹介でもしてみるか。
ということでCell markerというサイトを紹介
論文データを参考にして作られたデータベース。
自分の興味のある遺伝子が、ある種類の細胞特異的な発現形式をしめしているか?もしくは、興味ある細胞において特異的に発現しているタンパク質が視覚的にわかりやすくなる、らしい
まぁ永遠の憧れ?LRRK2行ってみましょう
イメージ 1
胎児期腎臓・骨髄・脳あたりにLRRK2が特異的に発現するマーカーとしての報告が存在することがわかる。
さらに詳細検索をかけると
イメージ 2
腎臓の中でも白血球のひとつ、Monocyte(単球)によく発現するタンパク質としてのデータがあることがわかった
まぁ言われている文献情報とそれほどずれる話ではないな。
Humanでは情報が少ないかも知れないので、Mouseにして調べてみる。
イメージ 3
骨髄中のNeutrophil(好中球),これも白血球
Spiral ganglionってなんだっけ?蝸牛の神経?
はてはて、蝸牛と言えば体のバランスをとる場所、末梢性めまいの原因となる場所。
LRRK2のノックアウトあたりでメニエール病になったりしたら面白いのかもしれん。
とおもったけど、そういえば蝸牛型のメニエールってめまいではなく、耳鳴りか難聴のみだったっけ。
神経の病気と言うよりは、リンパ液のバランスを主因とする、免疫の病気と考えられているようね。
では難聴とLRRK2の関連性はあるだろうか?
データベース的にはHearing lossの危険領域と重なるような記述があるが、根拠論文は見いだせず。
面白かったのはパーキンソン病はかなり難聴が多そうな記述であった。
うむうむ、何かを見いだしたような気分になるのがデータベースサーチの面白いところ。
神経プラスアルファ、リンパ管も関わってる蝸牛ってのはLRRK2の影響をモロかぶりだったりして。
LRRK2モデルあたりで(ノックアウトか、変異ノックインかわからんが)、加齢依存性難聴が出てくるかとか結構面白いテーマかも知れない(もう出ているかも知れないけど)
嗅覚はアルツハイマー病で早期に影響が出てくることが知られており、診断マーカーとしての開発も行われているが、聴覚はパーキンソン病診断のターゲットとなり得るだろうか?
まぁ単に減る伝達物質がアルツハイマー病はアセチルコリン、パーキンソン病はドパミンで、それぞれを反映しているだけかも知れない。
妄想が膨らむからデータベースサーチは面白い。

開く コメント(0)

梅雨は苦手というか低気圧が苦手
朝から頭痛でへこんでいる。
頭を抱えながら書類は書き上げつつあるものの、書いてみると自分に都合の良いことばかり書き連ねている様な気分になる。
さらに言えば、自分が頑張っていると思っていることは、それほど評価されないというのはままあることだ。
お手本のない所で戦うのは中々難しいものがある。
まぁ正しい教育業績や研究業績の書き方の本とか有るわけ無いか。
経験積んでおけば、いつか後輩とかの昇進に手を貸せるのかなぁとか思うが、まぁ頼られないか。
後輩らが追いかけたくなるような背中かと言えば、そうでもない気がする
迷いの多い人生である、といっても、みんながみんな東大の教授になるわけでも無し。

冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた、というなんともいえ無い今風の題のファンタジーをつらつら読んでいた。
なろう系?らしく、名前で若干損している気がしたが、割と硬派で面白い。
主人公が40代で(まぁこれも結構最近はやりの設定といえないこともない)、養いごを心配しながら田舎でスローライフを送ってる姿が、結構等身大なのかもしれない。
とかく最近のファンタジーは設定は面白いんだけど、作者のフェチズム?が特殊すぎて、胸焼けする場合が多いが、結構その点は安心してのんびり主人公の右往左往を楽しめる感じが良い、題名かえれば良いのに。
読んでいくと意外に壮大になっていく、さて、うまく物語の決着は付くだろうか。

Takaraのゲノム改変キットのキャンペーン(16万円→1万円)に応募したら、見事に当選してしまったどうしよう(おい)、まぁ買ってみたけど。
メンバー三人の零細で働いている事もあり、ゲノム改変までやってるとデスマーチの予感はある
アイデアはあるというかやらなければいけないことも結構目白押しではあるのだが・・・
最近のはやりはリコンビナントのCas9をエレクトロポレーションで放り込むという感じらしく、やってみるかーと重い、ThermoFisherのNEONのデモの約束を取り付けた。
10年前くらいに試したときは焦げ臭い匂いになったが、さてどのくらい改良されているのだろうか。





開く コメント(0)

なんか階段の手すりをすべってついーっと階段を降りるっていうのを上手にやったら女の子に好かれるというよくわからない夢を見た、授業で天空の城ラピュタを出した反動だろうか(やめろや)、なんかの暗示だろうか。
とりあえず今年の冬はスキーに行って、何らかのアバンチュールがあるのか試そうと思った、まぁやらんとおおもうが。

そろそろテニュアの期間が終わるので、継続のための申請書を書いている。
今時分は、いきなりパーマネントに勤められると言うことも少なく、初回は期限がある場合が多いはず。
これが延長にならなかったら中々詰むなぁと思う
退学(!?)が決まり去りゆくへのへの、しかし学生たちがへのへの残留を目指して嘆願書を募るのであった・・・まで想像した、ははは、さて書くか。
書類は少しずつ進める、中々書くこと、集める物は多い、科研費の決定通知書?そんな物あったっけ・・・さすがにKakenのHPでもみた方がいいんじゃね?
教育業績、研究業績・・・教育の業績って何だろうなぁ、生徒に人気があるだけでもだめな気がするし
ていうかあるのか?人気、にっこり、結構落としてるしなぁ。
とりあえず出席と平均点は向上傾向にあるのでそれをアピールするかなぁ。
研究の抱負、かけるが、教育の抱負、うーん勉強してくださいって気持ちで一杯だけど。
まぁ最近学生が勉強しないのは単に自分の授業の売り込みが足りないと言う気はした
今期は徹底的に教科を学ぶおいしさと面白さを初回1回ほとんどを使ってアピールした
結局苦行になってると勉強って全然面白くないから、できるイメージ、使ってみるイメージをポジティブに思い浮かべてほしい所ではある
おかげで今期結構尺が崩れている、むずい、授業は未だにむずい、多分ずっとむずい
まぁでも結構面白くなってきた、完璧で無いから、色々やってみようと思う物では無いだろうか。

そういえば、院生に対する授業も有って、先週は計6時間授業をやったことになる。
全然平気、しゃべればしゃべるほど強くなる気がする。
今年度はアルツハイマー病がなぜ薬が作れない病気なのか90分力説し、次の90分はデータベースを使っていかに研究を膨らませるかという講義にしてみた。
偉そうな話を聞かせてもあまり役に立たん、後半ではもう少し実践で役立つ知識を提供したく思った、まぁ去年よりはまとまっていたので、好評。

学生と教育って面白いのって話をした、参るなぁ、ブラックな話しかできないよ、と。
本人的には助教くらいで(強気やな)、ずっと研究していたいそうな。
若い頃は同じようなこと考えていたなぁと思い、まぁ今はそれでいいんじゃねと答えておいた。
僕もお金と暇があるなら全部実験にかけたい病人ではある。
それに近そうな、T大の後輩たちがうらやましい気持ちがあるような、無いような。
まぁでも、結局大学の先生は面白いなぁと思ったので、最近は授業でも弟子との会話でも、大学の先生って面白いところが多いんだよと言うことにはしている。

Chemstationをみていたら、化学探偵Mrキュリーの8巻がでているという特集。
興味があるんだけど、作者が実は昔の会社の同僚、本屋でたがめすがめつしながら、中々購入に踏み切れない。
なんか自分と似た人が出てきたら、自分がモデルじゃね?とか言っちゃいそうな怖さがある。
でも人気がある作家さんなので、皆さん読んであげてくださいませ。

抗コリン薬と認知症のリスクというような話が。
また難しいことになってくるな。
抗コリン薬はアセチルコリン受容体の拮抗作用のある薬の総称で、一番有名なのはアトロピン。
でもアトロピンは色々使いにくいので、アトロピン代替薬というのが使われる。
体液(胃酸とか、鼻水とか色々)の分泌の抑制、吐き気の抑制いろいろな効能から、特に風邪薬や、アレルギー薬として汎用される。
アルツハイマー病ではコリン産生神経が選択的に死んでいくのと何らかの相関があるのか?認知症リスクが上昇するというお話は昔から有った、10年間のうち3年間分使ったら1.5倍という数字をどれだけ重く見るかだけど。
ただ年をとると、抗コリン薬の服用率が上がるのは確かで上記のような使用頻度も頻発しているらしい。
論文としてはすでにあったようだが、今回の仕事としては、deprescribingと書いてあるので、処方を減らす方向で、認知症が減るか?という、方向性を持った疫学調査を行って、その相関性を示したようだ。
なかなか抗コリン薬を使ってはいけないと言うことになるとQOLは下がりそうな気はするが、そこは脳に行きにくいものを使う、他の薬物を使う等工夫が必要なのかもしれない。





開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事