脱力日記

お笑い・サッカー・漫画・古武術・マジックなど

全体表示

[ リスト ]

本屋で「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」(宮崎隆司著・コスミック社)

という本を見つけて、買いました。


戦術に関して豊富な知識と実戦経験を持つイタリア人監督が、VSウズベキスタン戦や、VSオーストラリア戦、

VSオランダ戦、VSガーナ戦など、岡田ジャパンの試合を見て、

このプレイは、誰が、どういうミスをしており、どうすればよかったのかを

具体的に守備のセオリーに沿って指摘し、わかりやすく解説しています。

もちろん、日本代表に敬意を払いつつ。

ホームでのウズベキスタン戦の失点場面には、合計7つのミスが立て続けに起こっていたのを、

ひとつずつ全部指摘しちゃうんだよ・・・すげ〜!



この本を読んでから、得点シーンをスローで再生したら、

あっ、このシーンでは、ここにポジションをとらないから駄目なんだ、

とちょっとだけわかるようになりました。



東アジア選手権の日本ー韓国戦の韓国の3点目のシーンです。


後半25分,韓国の左サイドで,15番のキム・ゴギョンにボールがわたりドリブル開始。

日本の稲本と内田2人が15番につめます。

15番は,2人に囲まれながら,フリーの韓国の11番に折り返し,

11番は,ワンタッチで15番にまた、折り返し,

15番はゴール前の7番キム・ジェソンにパス。

7番は,ゴール前で,ボールを持ち直す余裕があり,2タッチでシュート!ゴール!


11番はフリーでボールを受けたのですが,その時,日本の12番岩政は,棒立ちでした。

ディアゴナーレといって,内田の斜め後ろにポジションを取るという守備のセオリーを守り,

スペースを消しておけば,結果として,15番と11番のパスコースを切ることもできたのに。

それも、そこに立っているだけでよかったんですよ!

11番のワンタッチパスで,内田,岩政,中澤3人が置き去りにされ,

あとには,ゴール前で韓国の15番,7番と,長友という1−2の状況になって,

ゴールネットを揺らされてしまいました・・・

置き去りにされた3人は,同時に3人手を挙げて,オフサイドのアピールをしてましたが,

内田は、11番がパスを出した瞬間、オフサイドの位置にいました・・・



岡田監督の指導力のなさが、この本でよくわかりました。

試合を重ねても、同じ初歩的な守備のセオリーのミスを何回も繰り返しているからです。

場面によっては、イタリアの監督に

「私の経験上、プロのレベルでこのようなシーンを見たことがない」と言われています・・・

ま、選手たちに、この守備のセオリーが身についていないまま、日本代表まできた、

ということもありますが・・・

イタリアでは、この守備のセオリーをU−12で教えられるとも・・・

でも、岡田監督の年俸は1億円以上なのだから、その年俸に見合った仕事をしないと・・・


そういう守備のセオリーを知らずに、「目標はワールドカップのベスト4で、世界を驚かす」ことって・・・

セオリーを知らないのに、その目標を公言してしまうということに、世界は驚いてしまうよ・・・

セオリーをふまえて、それを打ち破る方法論を持った上でないと・・・

このままじゃ、間違いなくグループリーグで3連敗するわ・・・悲しい・・・

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事