国立へら会(くにたちへらかい)

野釣りを中心に活動するへらぶな釣りの会の記録です。

例会結果

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年6月22日(土)、精進湖・初狩荘にて9名の参加で第7回例会が開催されました。

関東・甲信越も梅雨入りし、雨が心配でしたが、日々に天気予報が変更され、もしかしたら曇りになりそうな予報に変わっていました。

水曜日は50キロ超の釣果が出ているようで、前日試釣の情報でも、どこでも、どのタナでも釣れるような情報ばかりでした。

当日は、あかいけも湖畔荘も金風荘も例会はないようで、閑散としていましたが、なぜか初狩荘で日研の山梨地区の団体トーナメント戦があるとのことで、初狩荘からの出舟は30杯以上になるようでした。

減水した浜からは一斉出船はできませんので、日研さんは中の湖側の水路から、当会は藤蔵の鼻側の水路から出舟することになりました。

5時になり、チャイムと共に一斉に出舟しましたが、中央ロープを目指す人たちが多く、日研の方達は、天神・村浜・小割に行く方も多いようでした。

当会は、激戦を制して橋本氏が中央ロープの突端を押さえ、佐々木氏、大久保氏、和正氏、深澤氏と他会と交互に入ったようで、バンクが懸念される状況でした。

大割ロープには福島会長と広報子が入りましたが、当初は3人で、このロープは適当な間隔での入釣となりました。

【中央ロープ】
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


【大割ロープ】
イメージ 4


【天神ロープ(当会はいません)】
イメージ 5


広瀬氏は、前日にダイワの生井沢氏が取材で高釣果を出したホテル下を確保し、鹿島氏は、中の湖に勝負を掛けました。

竿は、総じて短めの竿で釣る方が多いようでしたが、各自準備を整えてスタートすると、前日までとは様変わりの食い渋りで、浮きはなかなか動かず、水面下に与太ベラの姿も見えてきません。

ホテル下の広瀬氏は、ギルの猛攻に遭い、早々に中の湖に移動し、さらに大割ロープに移動しての釣りとなったようです。

この日は、どのロープに入ってもなかなかアタリがもらえない状況で、浮きが立つと、トップの付け根で長く止めるようにはなるものの、トップが入りだすとその後はすんなりとなじみ切ってしまい、アタリは滅多に出さない渋さで、何かを変えるとアタリが出ることはあるものの、その状態が続くことはなく、すぐにシーンとしてしまうような釣況でした。

結局、渋い中で、手を換え、品を変えてポツポツ拾い釣りができた会友が上位に来る結果になりました。

当日の入賞者は以下の通りです。

1位 橋 本氏 16.6kg 29枚  中央ロープ・本湖寄り突端
2位 福 島氏 12.2圈。隠極隋 ‖膤筌蹇璽廖γ羆
3位 広 瀬氏 11.2圈。横伊隋 |罎慮丐預膤筌蹇璽
4位 佐々木氏 11.2圈。横伊隋 |羆ロープ・突端寄り
5位 鹿 島氏  8.7圈。隠核隋 |罎慮
6位 大久保氏  7.8圈。隠核隋 |羆ロープ・中央
大型 深 澤氏 40.2cm      中央ロープ

【優勝者のタックル等】
竿:15尺 タナ:チョウチン
道糸:0.8号 ハリス:0.4号 上45センチ 下60センチ 針:上改良ヤラズ6号 下関東スレ6号
浮き:舟水ソリッドムクトップ17番
両ダンゴ:粘麩0.5+凄麩2+マッハ1+ダンゴの夏0.5+水1.2

【第2位のタックル等】
竿:9尺 タナ:チョウチン
道糸:1号 ハリス:0.5号 上30センチ 下45センチ 針:上下6号
浮き:忠相PCムクトップ・ボディ9センチ
両ダンゴ:パウダーベイトへら2+ガッテン2+魔法の粉2匙+水1

【第3位のタックル等】
竿:17尺 24尺 タナ:底(ドボン)
道糸:1号 ハリス:上0.5号10センチ 下0.4号45センチ 針:上6号 下4号
浮き:かちどき
バラケ:段バラ3+ペレ底1+水1
クワセ:オカメ

なぜ、前日までと様変わりの釣況になるのか、人災なのか、あるいは天候の影響なのか、釣りは難しいですね。

開く コメント(0)

2019年6月6日(木)、年に一度の平日例会が、今年も千代田湖・白山荘にて開催されました。

出席は12名。

梅雨入りが間近に迫りましたが、雨の心配はなく、晴れの天気予報でした。

白山ワンドの奥の睡蓮の群生地には何かがバシャバシャとはたいており、白山ワンド内のあちこちでもじりが見られます。

【出舟前・睡蓮の中で、何かがはたいている】
イメージ 1


当日の千代田湖での例会は当会だけだったようで、どこにでも入れる状況だったのですが、白山ロープのもじりのある場所に舟を付ける会友もおりました。

5時に出舟になると、島裏に向かう会友が多く、大沼中央ロープに鹿島氏、渡辺氏、橋本氏が、大沼第3ロープに広瀬氏が、大沼第2ロープに福島会長、広報子が付けました。

【大沼中央ロープ】
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


【新ロープ・禁止区域寄り】
イメージ 5


他の会友は、白山ロープのほか、新ロープ、千和中央ロープに付けたようでした。

思い思いの釣り場で支度を整えてスタートすると、白山ロープはギルの猛攻があるとか、4,5日前までは大量のへらが居たはずの丸山ワンド内からはへらが移動していたようで、大沼第2、第3ロープの底釣りはまったくアタリが出ないなど、想定外の渋い展開となりました。

白山ロープでギルの猛攻を受けた田中氏は千和中央ロープに移動し、大沼第3ロープでノーアタリに苦しんだ広瀬氏は、長躯針原ロープに移動しました。同じくノーアタリに苦しんだ福島会長は堰堤ロープに活路を求めて移動し、同じく第2ロープでノーアタリの広報子はこの場所に撃沈覚悟で留まることとしました。

結果的には、へらの居場所を探りあてた広瀬氏に凱歌が上がることとなりました。

なお、渋い状況ではありましたが、粘っていればいつかはへらが回ってくる状況だったようで、デコの会友はおりませんでした。

当日の入賞者は、以下の通りです。

1位 広 瀬氏 11.0kg 13枚  針原ロープ・カーブミラー前
2位 岩 佐氏  9.8圈 。庫隋 ’鮖灰蹇璽廖η魎篩
3位 渡 辺氏  8.7圈 。綱隋 ‖臂唾羆ロープ・堰堤寄り
4位 田 中氏  6.2圈 。桂隋 \蚣唾羆ロープ・千和前
5位 佐々木氏  6.2圈 。極隋 /轡蹇璽廖Χ愡澡莪茣鵑
6位 鹿 島氏  5.3圈 。極隋 ‖臂唾羆ロープ・堰堤寄り
大型 深 澤氏 40.0cm 

【優勝者のタックル等】
竿:21尺 タナ:底(ドボン)
道糸:1号 ハリス:上0.6号10センチ 下0.5号45センチ 針:上7号 下4号
浮き:かちどき
バラケ:底バラ2+サナギパワー1+ペレ道1+水1.2
クワセ:オカメ

【第2位のタックル等】
竿:10尺 8尺 タナ:チョウチン
道糸:1号 ハリス:上0.6号40センチ 下0.5号60センチ 針:上ヤラズ8号 下5号
浮き:和田作・ボディ6センチ
バラケ:新B+凄麩+マッハを混ぜたものを5+水1に、粒戦100cc+細粒50cc+へらスイミー50cc+水200ccを混ぜたもの
クワセ:インスタントウドン、ヒゲトロ

【第3位のタックル等】
竿:17尺 14尺 タナ:チョウチン
道糸:1号 ハリス:上0.6号10センチ 下0.4号70センチ 針:上ゴスケ13号 下コム4号
浮き:セット用・ボディ9センチ
バラケ:段バラ2+新B2+サナギパワー1+水1
クワセ:オカメ、力玉

優勝の広瀬氏は、へらの居る場所を求めて移動を繰り返し、岩佐氏、渡辺氏は、竿を換えてタナを探りながらの釣りだったようです。

開く コメント(0)

2019年5月11日(土)、鮎川湖(堰堤桟橋)にて、第5回例会が開催されました。

当日の天気は晴れ。暖かい一日でした。

当日の鮎川湖では、3組の例会があり、2組はボート例会で、ボートは30杯以上出るようです。

桟橋での例会は当会だけですが、一時にボートが出た後の桟橋は、へらも警戒心を高めているようでした。

参加者は11名。

6時前に入場となり、前年成績の逆順で入場し、ボート桟橋側から埋まって行きます。


1番に岩佐氏、2番に和正氏、3番に小川氏、1席空けて5番に広瀬氏、6番に広報子、7番に橋本氏、1席空けて9番に鹿島氏、1席空けて11番に福島会長、13番に佐々木氏、15番に大久保氏、17番に深澤氏と並びました。

【桟橋に横一列に並んでの例会】
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


広瀬氏が21尺のドボンでスタートする以外は、各会員、短い竿でスタートするようでした。

イメージ 5


準備ができた会員から順次、競技を開始しますが、13尺チョウチン両ダンゴの広報子、21尺ドボンの広瀬氏が最初から順調に枚数を伸ばすものの、短竿の会員は、へらは寄るものの、喰いアタリを出さず、大苦戦でのスタートとなりました。

2時間を過ぎると、ポツポツと絞るのは21尺の広瀬氏だけとなり、他は、なかなかアタリを出さない我慢の釣りの継続となりました。

渋いながらもポツリポツリの拾い釣りはできるようになり、竿を換えたり、浮きを換えたり、タナを変えたり、エサを変えたりと、何らかの変化を与えると、変えた当座は食ってきて、2枚も釣るとまたアタリが出なくなるの繰り返しのような状況が続きました。

午後になると、底のへらが上ずり気味になったのか、広瀬氏の釣果が伸びなくなり、他のメンバーがじわじわと追い上げる展開となりました。

結局、そのまま例会は終了し、枚数では広瀬氏が逃げ切ったものの、重量では福島会長が9枚差を逆転しての優勝となりました。

当日の入賞者は以下の通りです。


1位 福 島氏  16.9kg  40枚 桟橋11番
2位 広 瀬氏  16.2kg  49枚 桟橋5番
3位 金 子氏  15.5kg   48枚 桟橋6番
4位 岩 佐氏  11.8kg   31枚 桟橋1番
5位 佐々木氏   9.6kg  29枚 桟橋13番
6位 大久保氏   5.8kg   20枚 桟橋15番

【優勝者のタックル等】
竿:7尺 タナ:カッツケからチョウチン
道糸:1号 ハリス 0.5号 上10、30センチ 下30〜50センチ 針:上下6号
浮き:パイプトップ・オモリ負荷0.45グラム
両ダンゴ:ペレ軽3+ダンゴの夏1+浅ダナ一本1+水1.2

【第2位のタックル等】
竿ː21尺 タナ:底(ドボン)
道糸:0.8号 ハリス:上0.5号10センチ 下0.4号50センチ 針:上7号 下3号
浮き:かちどき
バラケ:粒戦1+底バラ3+ペレ底1+水1.2
クワセ:オカメ

【第3位のタックル等】
9時まで…竿:13尺 タナ:チョウチン
道糸:0.8号 ハリス:0.4号 上40センチ 下60センチ 針:上下サスケ7号 浮き:自作カヤ・ボディ9センチ・グラスムクトップ21センチ・カーボン足9センチ・オモリ負荷1.85グラム
両ダンゴ:粘麩0.5+水1+凄麩3+マッハ1
9時半から15時…竿:9尺 タナ:チョウチン
道糸:0.8号 ハリス:上0.5号10センチ 下0.4号60センチ 針:上バラサ6号 下サスケ7号
浮き:自作カヤ・ボディ7センチ・グラスムクトップ17センチ・カーボン足9センチ・オモリ負荷1.11グラム
バラケ:粒戦1+トロスイミー1+細粒0.5+サナギパワー1+水2+凄麩2+セットアップ1
クワセːα21を1+水1強

今回は、数釣りを想定して、フラシを多めに準備した会友が多かったと思いますが、思いがけない食い渋りで、会話だけが弾んだ一日でした。

開く コメント(0)

2019年度第4回例会は、4月20日(土)に精進湖・あかいけで開催されました。

今年度最初の野釣り例会で、平成最後の例会となりますが、今年の精進湖も放流べらが釣れておらず、地ベラ釣りの難しい釣りを強いられているようで、ややおっかなびっくりでの例会となりました。

当日の参加は10名、当会以外にもう1組例会がありましたが、総勢20数名の出舟で、それほどの混雑感はありませんでした。

当日の天気予報は晴れで、暖かくなるとのことで、赤池大橋の朝の気温は4℃とずいぶん暖かい朝でした。

6時に出舟となり、全体では浮島ロープ、黒岩ロープ、葉山ロープ、コタツロープ、端山下新ロープと上手く分散し、当会会友は、葉山ロープに岩佐氏、深沢氏が、コタツロープに鹿島氏、橋本氏、広瀬氏、小川氏、大久保氏、広報子、佐々木氏が、端山下新ロープに福島氏がそれぞれ釣り座を確保し、コタツロープが多かったものの、分散しての例会開始となりました。

コタツロープでは、底釣りで開始する人が多かったものの、バランスの底釣りではまったく浮きが動かず、かろうじて広瀬氏がオカメドボンでポツポツと拾った程度でした。

一方、宙釣りは、喰い渋ってはいるものの誘っているとアタリが出ることがあるようで、忘れた頃にポツリポツリと絞っています。

8時頃になるとガスが掛かりだし、富士山はおろか対岸も見えないほどの濃霧に覆われ、気温も下がり、霧雨も降り出しました。

1時間もするとガスは晴れましたが、後で聞いた話では、ガスの掛かる日は釣れないと言われているそうで、その通りの結果になりました。

結局、その後は宙のセット釣りでわずかに拾えたものの、底釣り組はアタリもないまま終了時間を迎えるような結果となりました。

当日の入賞者は次のとおりです。


1位 佐々木氏  7.2kg  11枚 コタツロープ・本湖寄り
2位 広 瀬氏  4.2kg   7枚 コタツロープ・中央寄り
3位 岩 佐氏  2.9kg    3枚 端山下新ロープ・本湖寄り
4位 深 沢氏  2.7kg    3枚 葉山ロープ・本湖寄り
5位 大久保氏  2.6kg   4枚 コタツロープ・本湖寄り
6位 小 川氏  1.5kg    2枚 コタツロープ・中央寄り
大型 広 瀬氏  35.0cm  1.0kg

【優勝者のタックル等】
竿:10尺(グルテンセット、釣果2枚) 以下は 竿13尺時のタックル
 竿:13尺 タナ:チョウチン
道糸:0.8号 ハリス 上0.5号8センチ 下0.3号73センチ(クッション入り) 針:下スッポン2、3号  浮き:自作ロングトップ・ボディ4.5センチ・足長
バラケ:粒戦1+トロスイミー0.5+セットガン1+水2.2+凄麩3+BBF1
クワセ:力玉

【第2位のタックル等】
竿ː21尺 タナ:底(ドボン)
道糸:0.8号 ハリス:上0.5号10センチ 下0.4号50センチ 針:上6号 下3号
浮き:かちどき
バラケ:底バラ3+粒戦0.51+ペレ道1+水1.2
クワセ:オカメ

【第3位のタックル等】
竿:13尺 タナ:チョウチン
道糸:1号 ハリス:0.4号 上40センチ 下40センチ(熊取式仕掛け) 針:上ヤラズ7号 下ヤラズ4号 浮き:和田作・ボディ10センチ・トップ24センチ・足6センチ
バラケ:新B+バラケG+マッハ
クワセ:オカメ風のクワセ

今年も放流べらの数釣りでの野釣り例会のスタートとならず、散々な平成最後の例会となりました。
参加の皆様、お疲れ様でした。

開く コメント(0)

2019年3月16日(土)、椎の木湖で第3回例会が開催されました。
当日の参加は9名、前日までの天気予報が雨で、雷雨もあるようなもので開催も心配されましたが、当日の天気は曇りで、一時的に雨がぱらつく時間帯はあったものの、まずまずの一日でした。

当日の例会は当会のみで、例年だとゴルフ練習場の入り口前に整列してからの入場となりますが、椎の木湖の事務所から池に降りる板敷の斜面の辺りからの入場となりました。

6時前に入場しましたが、あまりに空き過ぎていて、どこに入るか迷う状況でした。

それでもあらかじめ考えていた釣り座に向かうようで、1号桟橋の浅場
には大久保氏、深沢氏、広瀬氏が、2号桟橋の渡り桟橋際の清掃工場向きに小川氏、ゴルフ練習場向きの渡り桟橋近くに佐々木氏が、3号桟橋の清掃工場向きの渡り桟橋際から鹿島氏、福島氏が、同じくゴルフ練習場向きの渡り桟橋際から橋本氏、広報子が並んで入りました。

【1号桟橋】
イメージ 1

イメージ 2


【2号桟橋】
イメージ 3


【3号桟橋】
イメージ 4


この日は天気予報の悪さのせいか一般の入場者も極端に少なく、全体にガラガラの一日でした。

座席を確認の後、6時半頃から準備のできた会友は例会をスタートしましたが、3号桟橋の福島氏と2号桟橋の佐々木氏が向かい合う釣り座でそれぞれスタートダッシュを決め、いきなりの入れ食い状態です。

2号桟橋、3号桟橋とも朝から浮きが動き、ポツポツとは乗る状況でしたが、バラケを抜いて縦誘いで食わせる釣りをマスターしているかいないかで釣果に大きな差が付き、8時過ぎには福島氏、佐々木氏が20キロを超えて、例会としては二人の争いで、他の会友は勝負ありの状況に置き去りにされました。

午後になると1号桟橋の浅場の底釣りも食いだしたようで、3位以下は僅差の大接戦になりました。

当日の入賞者は以下のとおりです。

1位 佐々木氏  47.54kg  51枚 2号桟橋335番
2位 福 島氏  41.73kg  46枚 3号桟橋435番
3位 橋 本氏  25.41kg   28枚 3号桟橋534番
4位 広 瀬氏  24.62kg   28枚 1号桟橋120番
5位 大久保氏  23.86kg  26枚 1号桟橋109番
6位 金 子氏  22.00kg   25枚 3号桟橋533番

【優勝者のタックル等】
竿:13尺⇒11尺⇒10尺⇒9尺  タナ:チョウチン
道糸:1号 ハリス 上0.6号8センチ 下90、95センチ 針 上バラサ9号 下スッポン3号
浮き:自作ムクロングトップ・ボディ4.5センチ・足17センチ
バラケ:粒戦1+トロスイミー1+デカ粒1+特S2+セットガン1+水4+セット専用バラケ2
クワセ:感嘆供⇔篭名サナギ漬け

【第2位のタックル等】
竿ː11尺 タナ:チョウチン
道糸:0.6号 ハリス:上0.5号10センチ 下0.3号60センチ 針:上ヤラズ6号 下サスケ4号
浮き:吉田作2番・ボディ4センチ
バラケ:粒戦1+細粒0.5+セットガン1+サナギパワー1+水2+セット専用バラケ2に粒戦1を水でしめらせたものを半分加えた。調整はBBF
クワセ:サナギ感嘆20cc+水20cc

【第3位のタックル等】
竿:9尺 タナ:チョウチン
道糸:0.6号 ハリス:上0.5号8センチ 下0.3号70センチ弱 針:上改良5号 下関スレ3号
浮き:さみだれロングトップ
バラケ:粒戦1+細粒0.5+トロスイミー0.5+水1.5+マッハ1+サナギパワー0.5+セットアップ
クワセ:タピ匠ウドン

今回も昨年と同様に佐々木氏、福島氏がぶっちぎりで、残りのメンバーでのダンゴレースになりました。

バラケを抜いて縦誘いで食わせるセット釣りをマスターしていることが勝負を分けているようであり、わかってはいるけれどもできない、歯がゆい例会になりました。

開く コメント(0)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事