暮らしにHERBを ! 横浜・魔女達夢ハーブスクール

ハーブを楽しみたい方、ハーブの資格を取りたい方、丁寧に指導します。

ハーブ教室

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

ご案内

イメージ 1

  魔女達夢(マジョラム)ハーブスクール

   NPOジャパン ハーブソサエイィーが認定した ハーブインストラクター養成の教室です。

   
   初級コース 現在開講しているクラスは もう半年過ぎていますので入れません。
            来春4月 開講の予定です。

   中級コース JHSの認定校で初級コースを修了された方は受講できます。
           15講座 月1回 1年で修了します。
           9月12日 金曜日 10時から 12時

   上級コース JHS認定校で中級コースを修了された方は受講できます。
           15講座 月1,2回 1年コース
         随時 入会できます。

   お楽しみコース インストラクターにはならないけど、
          ハーブを身近に感じて生活をされたい方、歓迎します。
          お料理、リース、染色など、楽しいプログラムを予定しています。
          10月開講の予定。お問合せください。
             

  場所     横浜市金沢区能見台3丁目
         (京浜急行 横浜駅から20分 能見台駅下車 徒歩15分 バス5分)
   
  駐車可能・幼時同伴可能

  お問合せはこのブログのコメント欄でお願いします。

   yahooブログ以外の方はこちらにご連絡ください。
   http://hana-no-uta.blog.so-net.ne.jp/
                              ご連絡、お待ちしています。

開く トラックバック(20)

イメージ 1

 横浜支部会員の方々と ハンギングバスケットを作りました。

 何も こんなに熱くなってから作らにくてもよさそうなものですガーーー。

 プラスチックの容器ではなく、涼しげなワイヤーの籠の容器にしました。

 フレンチタイム、ペチュナア、ブラックミント、斑入りの蔦を使用しました。

 ぶら下げておくところは あまり日差しのきつい場所ではないほうがいいでしょうね。

開く トラックバック(1)

7月の初級コース

イメージ 1

イメージ 2

 暑くなってきましたね。
 4月5月6月と多忙でしたので、7月になって、なんだか、のんびりとしています。
 ついつい、ブログの更新をサボってしまいました。

 更新できなかった理由はもう一つあります。
 私が管理しているもう一つのブログ「ハーブで彩る衣・食・住 NPO・JHS横浜支部」が
 なんと読者登録200名を越え、1日のアクセスが900〜1000の日が続き、対応に追われていました。
 
 記事の内容 こちらのブログとほとんど同じ、
 私からコメントはしない、
 つけていた頂いたコメントには必ず返事をする
 この姿勢も同じなんですが、yafooブログでは通用しないってことですね。

 グチはさておき、教室のお話です。
 暑くなりましたから、「藍染」ができるようになりました。気温と太陽光が必要なんです。
 生徒さんはそれぞれいいデザインに染め上げましたよ。

 写真のケーキは 生徒さんの一人が、梅酒の梅を入れて作ったオリジナルケーキを持ってきてくださ 
 り、みんなでおいしくいただきました。

上級コース

イメージ 1

 6月18日、今日は魔女達夢ハーブスクール上級コースのお勉強の日でした。
 前半は「テーブルコーディネーター」について、長内由華子先生の講義
 後半は 各自の研究発表を行いました。

 自分が中級コースの講義を受け持ったとして、講義で使うレジメをつくり、実習は何をするか、
 などを発表していただきました。一人持ち時間15分です。

 既に、講師活動をしている人、アシスタントの経験のある日とは、さすがに、上がりもせず
 なんなくこなしました。経験の浅い生徒は、仲間内での発表でも、ドキドキしたようです。
 人前で上らずにお話できるようになるには、経験を積んでもらうしかありませんね。

 今日は上級コース15講座の最後の日でしたので、皆さんに手作りの魔女達夢ハーブスクール上級コース の修了証書を差し上げました。

 写真のテーブルフラワーは ラベンダー(ドーム) スープセロリの花 ヤグルマギク
 ペパーミントです。
 

イメージ 1

            庭の「ヨーロピアーナ」です。
 

 魔女達夢ハーブスクールから、今年もハーブインストラクターを受験する人たちがいます。
 初級も、中級も、なんと、上級も--です。

 5月連休明けに問題が送られてきます。約1ヶ月、自宅で勉強して、解答を提出します。
 問題は ○×、三択、などですが、難しいのは文章題です。ここで、実力が試されるのです。

 初級は エルブ・ド・プロバンスの説明と、それを使ったオリジナル料理
 中級は 何かを染めて、染めたもので作品を作る。
 上級は 文学作品を読み、その世界に思いを馳せ、オリジナル作品を作る(栽培、料理、クラフト、なん     でもいいのですが--)

 21日は上級クラス、22日は中級クラスでしたが、予定の講義より、試験問題の相談に時間がかかりまし た。
 魔女達夢ハーブスクールの生徒さんの有利な点は、講師であるmajoramuが審査をするセクションの委員 長の経験 がある、と言う事です。試験問題の編集もしていました。
 どんな解答をすると、減点され、どんな解答が評価されるか、わかっていますからね。

 でも、受験生の立場では「先生に恥をかかせられない」とものすごいプレッシャーなんだそうです。
 合格することは勿論で、高得点で合格しないといけない、と思っているようです。
 うれしいような、なんとも複雑な心境ですよ。ぎりぎりでも合格は合格だ、と言ってあげてます。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事