ペンギントコトコ

たっちゃん、1年生!ピカピカ!

全体表示

[ リスト ]

中世の流人達は、文化や思想を佐渡に伝えた。
●日蓮上人
―「立正安国論」が鎌倉幕府の怒りに触れ、文永8年(1271)に配流。在島2年5ヶ月で鎌倉に帰京した。―
●根本寺
イメージ 1

イメージ 2
――日蓮が他宗の僧と「塚原問答」を戦わせ、「開目抄」を著した三味堂の他に、慶長12年(1607)金山の山師・備前遊白が祖師堂を建立したことに始まり、山師・味方但馬が大寄進してできた寺。―
入場は有料。タイヘンキレイに管理されていた。

●本行寺
イメージ 3
―佐渡に着いた日蓮が3日3夜過ごした草庵の跡といわれ、近くに伝説の遺跡「おけやき」がある。―
松ヶ崎に寄ったときに見たっけな。

●波題目碑
イメージ 4

イメージ 5
―日蓮が赦免された文永11年(1274)の3月、佐渡を去るべく真浦で最後の夢をむすんだ。翌朝、朝日に向かって合掌すると、海上の波間に「南無妙法蓮華経」の七文字が浮かび現れ、これを「波題目」として流布される霊園。一説では、国仲より峠越えで真浦の津に着き、海岸近くの岩窟で夜を明かし、地元民の世話で船出したと伝えられる。―

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事