ここから本文です
今日の新宿の顔
隠居暮らしの与太雑記

書庫全体表示

愕きの表情


イメージ 1


        地下通路を歩いていると見慣れた人とすれ違う。

        相手も気付いた様で互いに振り向く。


        4年半ほど前に この地下通路で拙生が歩行器を

        使い 歩行練習に励んでいた頃 地下通路の見回

        りで巡回していた警備員の方。


        挨拶が終わると往時の見ていた状況を語り出す、

        歩行器に摑まり 10歩ほど歩くと止まり 休憩し

        ては歩き出すの連続で距離的にも僅かで介助す

        る奥様も大変でしたね!

        身体もやせ細り顔色も悪く今は太り顔も艶々し

        見違えてしまいましたよと愕きの表情!奥様も

        さぞや お喜びのことでしょうと話される。


        地下通路でのリハビリは半年間で終わりにした

        が お会いする度に 温かい励ましの言葉を 度々

        頂く!


        彼は 拙生と同世代と 思っていたが お若い様で

        来年まで務めるとのこと。

        彼の言葉で此処まで回復したと言うのは少々言

        い過ぎかな〜

            -------------------------------------------------------------------



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事