四季八ヶ岳山麓

自然とのふれあい、日常の感動を・・・!?

花便り

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

松島千本桜・・・

此処は眉山と並んで・・・
昔から桜の名所として親しまれてきたところ・・・
以前拙ブログで紹介した・・・
阿波三盆の『岡田製糖所』の傍にある・・・
徳島県の畜産研究所の敷地内に植えられています
研究所の性格上・・・
防疫等の観点などから、場内へは立ち入れませんでしたので・・・
今回は、道沿いに外から観賞・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
此処へは今から60年以上前の・・・
桜満開の時期に・・・
連れてきてもらったことがあるらしい・・・
『らしい』って云うのは・・・
当時、叔父(故人)と一緒に写ってる写真が残っているので・・・
来たこと自体は間違いないけど・・・
私の記憶には全くない・・・
何しろ2〜3歳の頃だから・・・
その頃は国鉄の『鍛冶屋原線』って云う路線(高徳線板野駅から分岐して、鍛冶屋原まで、7キロほどの区間を結んでいたが、1972年に廃止になった)があって、恐らく徳島からSLに牽引された列車で来た筈だけど、その記憶もない
ただ何時のことだったか・・・
汽車に乗った時に・・・
『この汽車食堂車ないの??』
って誰かに聞いたことがあったのだけは覚えてる・・・
当時私がよく見てた絵本には・・・
『食堂車』が描かれてたからネ・・・

とまあ、あれやこれやと昔の想い出(?)に浸りつつ・・・
桜を眺めたひと時でした・・・


開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

昔からの・・・

鳴門の桜の名所と云えば・・・
『妙見山』
鳴門駅を降り立つと・・・
眼の前にお城が見える・・・
あの山が妙見山・・・
丁度見頃を迎えた桜達・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
ここでは彫刻と桜のコラボも愉しめて・・・
イメージ 5
イメージ 6
夜間は此のぼんぼりに明かりが入ります・・・
イメージ 7

昔はよく此処の夜桜見に来たな・・・
などと思いつつ・・・
昔と変わらぬ姿で綺麗に咲いた桜たちを・・・
存分に堪能したひと時でした・・・


開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

日曜日は・・・

高校時代の同級生達と・・・
『お花見』の会でした・・・
場所はここ・・・
『徳島中央公園』
此処は、
阿波藩藩主蜂須賀氏の居城徳島城址の庭園です・・・
イメージ 1
桜の具合は・・・
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
満開にはもう少し間があるかなって感じでしたが・・・
中には・・・
こんな風に『阿波おどり』を愉しんでるグループもあったり・・・
(普段着でやってるので、わかるかな・・・??)
イメージ 5
この阿波踊りグループ・・・
実は飛び入りOKだったようで・・・
偶々この日別グループでお花見をしてた義兄たちも・・・
何人か飛び入りで参加したようです・・・

まあ私たちも還暦を何年か前に過ぎた・・・
こんな爺さん婆さんのグループですが・・・
イメージ 6
まあどうしても子供が何人、孫が何人って話にもなり・・・
M君の孫7人を私の5人が追いかけてる・・・
そんな話をしてたところ・・・
『爺ちゃーーーーーん』って声がかかり・・・
イメージ 7
やってきたのはS君のお孫さん二人・・・
この二人、かの阿波踊りグループに参加して踊っていた由・・・
で、S君は其れを知らなかったようで・・・
「エッお前達何でここにいるんだ・・・』
と、少々うろたえ気味・・・

まあ、そんな風に和気藹藹と・・・
10人ほどのこじんまりとしたお花見一時会も・・・
二次会の『焼鳥屋さん』になると・・・
何故か人数が増えて・・・
更には三次会のカラオケ屋さんへと定番コース・・・

午後3時から始めたお花見会でしたが・・・
結局家に辿りついたのは、日付が変わる寸前・・・
お陰で翌日は少々二日酔い気味・・・

少しは歳と身体を考えろ・・・
なんて声が何処からか聞こえてきそうだな・・・
などと思う私なのでした・・・




開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

普段は余り行かない我が家の裏庭に・・・
ふと出てみると・・・
『ユキヤナギ』の花が・・・
ひっそり咲いていました・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
この花別名を『小米花(こごめばな)』と呼ばれるそうですが・・・
散った花びらの様子が・・・
地面に小米を撒いたようにみえることからこう呼ばれてるらしい・・・


春の訪れを告げる可愛い花に・・・
暫し見惚れた・・・
そんなひと時でした・・・

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

とうとう開花宣言です・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
昨日のこと・・・
午前中は此の木の前を何度となく通っても・・・
全く気付かなかったけど・・・
暖かさに誘われてか・・・
午後になって一気に開花したみたい・・・

慌ててカメラを持ち出して・・・
そう云えばこの桜の下で・・・
亡き父母と子供たちみんなで写真撮ったのは何時だったか・・・
あの頃は父母もまだまだ元気だったし・・・
子供たちもまだ学生だったよな・・・

などと思いつつ・・・
今年も無事咲いてくれた桜の花を暫し愛でた・・・
そんなひと時でした・・・

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事