海外生活 & 道楽生活

いつの間にか3周年。そして2万件。海外とか言っておきながら最近はもっぱら日本だけ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全114ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

写経

おひさしブリ!

逆流性食道炎 で
毎朝えづいてから出勤しております
仕事を辞めてストレスをなくさない限り
もしくは嫁を貰うかしない限り
これ治りそうもありません。


ということで 婚活 でもしようかしら

全然関係ありませんがこの前京都に行ってきました
友達の結婚式を兼ねてですが・・・ 
(結婚したくなったのもやつのせいかもしれません)

時間が限られていたので3人で観光タクシーをチャーターして
普段はいけないようなところにいってきました。

3人ともいい歳こいた野郎です。
どこへ行っても 良縁祈願 です
イメージ 1


なんというか あまりにも 煩悩まるだしなので
反省も込めて 写経もしました。
久しぶりの写経だったけど 寒さが身に応え、
挙句、願い事はここでも 良縁成就 でした(笑)
だから いい嫁できないのかねぇ

いやあさぁ 結婚を考えると結構慎重になるもんで・・・ 





野見おっさん

以前 新宿のデパ地下で野見さんという 「おっさん」 と一緒にバイトをしていた話をしましたが、
http://blogs.yahoo.co.jp/hero_tsuka3_94/44529075.html
なんと野見さん
映画デビュー  しかも主演
それは・・・
松本人志 監督 「 さや侍 」

だいぶびっくり



イメージ 1

野見さんとは某有名お惣菜屋で一緒にバイトをしていました。

その時にダウンタウンの まっちゃんと友達とか言って
「何言ってんだこのおっさん」と思っていたら
「働くおっさん」というまっちゃんの番組を見せられ その中で主役級の仕事をしていた
そのご「働くおっさん劇場」でさらなる飛躍を遂げていた

野見おっさん

「働くおっさん」をみればわかると思いますが、何をやってもどん臭い 野見おっさん

デパートの社食で俺に 「恋愛」とはなにか 切々と語っていた 野見おっさん

元々は中華料理やで働いていた野見おっさん 正月に作ってくれた中華風漬物はちょっと塩っ辛かった

番組で 画廊で働いていただの、 雑談でホストをやっていただの語っていましたが本当なんでしょうか?

鈍臭くても 胡散臭くても なんか 憎めない おっさん
見てると なぜだか 切なくなる おっさん
まっちゃんの 「働くおっさん」のなかでは何だか 笑いものにされているようで嫌だったけど
今回主演で活躍  なんだかうれしい

Pray for Japan. Be Strong!

強く たくましい 日本

友達が 七ヶ浜にいたから ずっとニュースを見ていた。

その中で 助けられたおじいさんのセリフ

かっこよかったなぁ

動画を探してみたら あったんで UPしときます

一番最後におじいさんの一言







また 再建しましょう!



ちなみに友達は無事でした

Pray for Japan 不死鳥Japan

地震 余震 津波 停電 原発 物資不足 とネガティブな思いがどうしても出てきますが

こんなときこそ 前向きに考えなきゃね

前向きにっていっても地震や原発事故事態は肯定できませんが

困難なときに 自暴自棄にならない日本人

助け合える日本人 

自分だってつらいのに人のために働ける方々

対応が遅いだの、引き返すなんて などといわれていますが

命を捨てる覚悟を持って 作業に臨む 東電の方、自衛隊の方

ホントに誇りに思います。






読んで ぐっと来た記事があります

福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の 社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
 
男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。
 
東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
 
男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031600093




ありがとう







不死鳥Japan

いろいろなことを調べていると
今現時点で、できることで一番いいのはどうやら やはり 義援金らしいです。

ただ ニュースでもやっているように悪質な団体がボランティアをなのってお金を巻き上げているのもあるので

信用できる団体を選ぶことが大事でしょう


俺は赤十字からしました。

http://www.jrc.or.jp/



不死鳥Japan
日はまた昇る

全114ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事