海外生活 & 道楽生活

いつの間にか3周年。そして2万件。海外とか言っておきながら最近はもっぱら日本だけ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

テンプル

にぎやかなロンドンの中で静まり返って
独特の雰囲気がある テンプル地区 
元々はテンプル騎士団のイギリスにおける本拠地
「テンプル・チャーチ」に端を発するイギリスの四大法学院の1つ
(弁護士や学生達が生活をともにしながら学ぶ法律家養成機関)
イギリス法曹界の中心がこの地区にある。
四大法学院のうち二つの 「インナー・テンプル」、「ミドル・テンプル」がここにある
そういったことからもここがいかにすごいところかわかる
(ちなみに他の二つは「リンカーズイン」と「グレイズイン」
近くにはロイヤルコートオブジャスティス(裁判所)

ロンドンにありながら その地区だけは柵や塀で囲まれ世界観が異なってる
観光客も入っていいはずなのだが 観光客の数もまばらで
自分も入っちゃいけないところに入っちゃったような感じがした
場所によっては門衛がいるところもあり(そこは一般人入れない)
おっかなびっくり歩いていたところが写真のMiddle Temple Lane という通り
この先の右側がミドルテンプルだったかな

元々はKnights Templar(テンプル騎士団)のイギリスの本拠地だったということだけど
そもそもテンプル騎士団って何なのだろうか?(氣志團でないことは確かだ(笑))

聖地奪回の十字軍の活動の中、
誕生したのが騎士修道会(構成員たちが武器を持って戦闘にも従事するタイプの修道会)
テンプル騎士団はその中でももっとも有名なもの。
創設は1096年の第1回十字軍の終了後であり、
エルサレムへの巡礼に向かう人々を保護するために設立された。
テンプル騎士団の最大の特徴は、構成員が修道士であると同時に戦士であったということにある。
(日本で言う比叡山の宝蔵院みたいなものかね ちと違うか 要は戦うお坊さん
またテンプル騎士団が王族や貴族たちの財産を預かる中で独自の金融システムを発達させ、
国際銀行の元祖ともいうべき役割を果たしていたことである。
活動目的が聖地守護と軍事活動であっても実際はほとんどの会員は軍事活動そのものより、
それを支援するための兵站および経済的基盤の構築にあたった。
もともと騎士達はこの世の栄華を捨てる証に個人の私有財産を会に寄贈してたので経済的基盤が強い
さらにテンプル騎士団は巡礼者の預金証を作成し、
彼らの資産を預かるサービス(つまり銀行)を編み出した。
こうしたことと莫大な寄進によってヨーロッパ全体に広大な荘園を所有し(最盛期にはキプロス島全島)
フランスでは裏の財界といわれ 国王にすら財政援助をするまでになった。
聖地がイスラム教徒の手に奪い返されて本来の目的を失った後も活動し続けたが、
1300年代初頭にフランス王フィリップ4世の陰謀によって壊滅させられ、禁止となった。

そのイギリスの本拠地がテンプルチャーチ
ロンドン大火のあと、セントホールの設計者 クリストファーレンによって補修が行われた
第1次世界大戦で被害を受けたけど、まぁ残ってる。

現在は教会として通常のミサを行ったりして開放してるので もちろん観光客でも見学はできる
自分が到着したときにちょうど昼休みに入るところだったので1時間待ちで入りました。
独特のドーム型の内部には9人騎士(&1つの棺)が眠っている。
ちょっと怖い というかなんと言うか 独特の雰囲気
ダヴィンチコードでこの教会もその舞台になっていた

テンプルに入る通りの中央には{{「テンプル・バー・メモリアル}}}というモニュメントあるんだけど、
これはシティとウエストエンドとの境界線。
シティってのも複雑で(以前ちょっと紹介したのを参照して)
イギリスであってもイギリスの統治とはちょっと違う支配を受けてたそういった場所
国王はシティに入る際には、シティの長の許可が要る
国王がシティに入るときはいまもここで式典が行なわれる。
でもすぐ近くにバッキンガムがあるからめんどくさいだろうなぁ

フリートSt.を挟んだ北側には威厳を感じさせるゴシック建築の王立裁判所が建つ。
ここはイングランドとウェールズの最高法廷で、おもに民事を扱っている。
中央ホールにはモザイク模様の床が70mも続き、中央口の横には、法衣などが展示されている・・・
そうです 入ったことないんで分かりませんが

長くなっちゃった


追記
テンプル騎士団が解散された後、
彼らはかの秘密結社フリーメイソンの基盤になったという説もある
フリーメイソンはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教、仏教、ヒンズー教なんでもいいから
宗教心をもち、世界平和のために活躍する人にしか入会権がない
ジョージワシントンやリンカーン、日本では 坂本竜馬、吉田茂などが名を連ねている

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事