気ままな旅スケッチ

見る旅、撮る旅、感動の旅、気ままに更新しています。

関東

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
平昌オリンピックで羽生、宇野のメダル獲得で沸いた日、秩父にある尾ノ内渓谷の氷柱を撮影してきました。(尾ノ内百景〜冷っけい〜氷柱)

メダル獲得を見届けて、自宅のある東京西部から一般道で飯能を経由して、R299をひたすら車で飛ばして2時間半、何とかライトアップに間に合いました。途中雲行きが怪しくなり、尾ノ内渓谷に着いたときは辺りは真っ暗、驚いたことに雪がかなり舞ってきました。

尚、ライトアップはシーズン5回の土曜日(1/20・27、2/3・10・17)のみで、この日は今シーズン最後のライトアップでした。


尾ノ内渓谷の氷柱は人工的に作られたものだそうですが、秩父の厳しい冬の寒さがなければ作れないものです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ライトアップされた氷柱は、確かに美しく幻想的でした。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


吊り橋からまじかに見る氷柱がよく紹介されていますが、雪がかなり降っていたため、地面は滑り、吊り橋を渡ることもできませんでした。(禁止)
イメージ 7


刻々と変化する七色のライトアップも綺麗ですが、やはりブルーのライトアップが氷柱らしい冷たさが際立って一番美しいと思いました。
イメージ 8

2017.2.17 撮影

訪問有難うございました。



吾妻山は、神奈川県二宮町にある標高136m、JR東海道線二宮駅からほど近く、山というより小高い丘と言った感じですが、山頂からは早咲きの菜の花と富士山とのコラボが撮れる人気のスポットです。

この日は暖かくて春を思わせるポカポカ陽気で、急な階段を昇った先の山頂に向かう山道の傍らでは小ぶりながら可憐な水仙が沢山咲いていました。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

普通の日本水仙のほかにも、八重の水仙や純白の水仙も咲いていました。
イメージ 2

イメージ 5


吾妻山の山頂では黄色い菜の花が見頃でしたが、残念ながら曇っていて富士山を望むことはできませんでした。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


晴れていれば、こんな富士山と菜の花のコラボが見えるはずでした。(2009年撮影)
イメージ 9

2018.1.19 撮影

訪問有難うございました。



埼玉県秩父市にある広大な公園「秩父ミューズパーク」には、約500本、3.5kmのイチョウ並木があります。

秋の気持ちの良い陽気に誘われて、見頃を迎えたイチョウ並木(11/1現在)を散策してきました。黄色いトンネルとなった並木道は、古代ローマを模した建造物ともマッチして、芸術の香りが漂う美しい並木道でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 6

イメージ 10


イメージ 9

どこまでも続く美しいイチョウ並木道ですが、着いた時間が遅かったこともあり、中間地点で引き返しました。
イメージ 7

(パルテノン)
イメージ 8

(ミューズの泉)
イメージ 4


イメージ 5

2017.11.1 撮影

訪問有難うございました。





紅葉の照葉峡

照葉峡(てりはきょう)は、水上温泉から藤原ダムや奈良俣ダムを通り、尾瀬(鳩待峠)へ抜ける県道沿いにあります。関東の奥入瀬とも呼ばれ、俳人「水原秋櫻子」は日本一の紅葉と称賛しました。

約5kmに渡り、清流や大小の滝のある渓谷沿いの紅葉が美しいところですが、遊歩道と駐車場がないのが残念で、車窓から紅葉や渓流が見えても、あれよあれよという間に通り過ぎてしまいます。

交通の妨げにならないよう、何回か路肩にクルマを止めて撮影しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 8

2017.10.26 撮影

訪問有難うございました。


利根川上流、群馬県みなかみ町藤原地区(藤原郷)には、構造の違う巨大なダムが4つあり、ダムマニアからはダムの聖地と呼ばれています。また、ダムによって堰き止められたダム湖周辺は紅葉の名所でもあります。

ダムマニアでもなかったのですが、解説を読みながらダムを目の当たりにして、その違いを実感しながら紅葉も満喫することができました。

藤原ダム(重力式コンクリートダム*)
*日本で一番多い形式でコンクリートの重さで水圧を支える構造
*頑丈な岩盤のところに造られる
イメージ 1

藤原湖。4つのダムでは一番下流にあり、159戸が湖底に沈んだ。
イメージ 2

イメージ 3

須田貝ダム(重力式コンクリートダム) 注)見学できません。
イメージ 4

須田貝ダムによってできた洞元湖上流の紅葉が綺麗でした。
イメージ 5

八木沢ダム(アーチ式コンクリートダム**)
**上から見ると上流側に膨らんだアーチ状になっている、水圧を両岸の岩盤と下の岩盤に伝える仕組みのダム
**岩盤がかなり丈夫である必要があるが、コンクリートの量は重力式ダムの3割程度で済む
イメージ 6

まるで外国のような雰囲気でした。
イメージ 7

ダム湖は奥利根湖と呼ばれます。
イメージ 8

奈良俣ダム(ロックフィルダム***)
***岩などを積み上げ、中心部に遮水壁を造るダム
***ダムの基礎面積が広く、水圧やダムの加重が分散されるため、基礎地盤の条件があまり良くない所でも造ることができる
イメージ 9

岩石を積み上げた堰堤が延々と続く。
イメージ 10

手前は積み上げられた岩石。
イメージ 11

満々と水を蓄えた、ならまた湖の青い湖面と紅葉が美しい。
イメージ 12

奈良俣ダムは、堤堆積国内第2位の巨大ロックフィルダムで、大量の岩石が積み上げられて造られていることがよくわかります。
イメージ 13


2017.10.26 撮影

訪問有難うございました。






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事