調査隊,オランダを行く

mozaiekのオランダ日記*2006年、オランダ王国ユトレヒト市から帰国しました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

英語教育について−#3

「英語教育について」と題するこのシリーズ,最初のエントリから既に半月以上が経ってしまいました。その間に,私は「英語」に関わることとして,地域の「ハロウィーンの雰囲気を楽しむ会」を体験し,また,子どもは「ネイティブの指導」を謳い文句にしている某英会話スクールに通うようになりました。
それらの経験や,そこで知り合った人からもたらされる情報が,私の英語教育に関する考えを刻々と変えていくため,このエントリをシリーズ最終回にしようとしても,なかなか整然とした構図を頭に描けず,よいタイミングを得られずにいたのですが,私の場合,文章にしてしまわないと頭の整理がつかずに長いこと逡巡してしまう癖があるのと,こう書くと先に「逃げ」を打つようで不本意なのですが,私は専門家ではないので,ただ自分の体験を通して考えたことを書けるだけだ,という思いもあり,まとまらないものはまとまらないまま記録しておくことにも益があるだろうと考えました。
重ねて強調しておきますが,私は言語学や教育学について,書籍を読んだりはしますが,何らかの学問的な立場にあるわけではありません。ただ,このエントリにより,ここをご訪問くださる方の中に英語教育について私以上に知識や経験をお持ちの方が多数いらっしゃるので,前々回(英語をコミュニケーションツールとするのに,何故学校以外で学ぶ必要があるのか),前回(小学校における英語教育について)と同様に,私が皆様の有意義なアドバイスをお受けしたいと考えたことと,また英語教育についての意見を求めてここにたどり着いた方にとって,この場所でなされた発言が何らかの示唆となることを希望するものです。

  ※    ※    ※

上に書いたとおり,私の子どもは,オランダから帰国後に英会話スクールに通い始めたことで,2通りの外国語との関わりを体験している。
2通りのうちのもう一つは,オランダに滞在した4歳半から6歳半までの2年間で,現地校へ通いながら生活に直結した年齢相応のオランダ語を習得したことだ。家庭では日本語を使用していたとは言え,親である私達も,彼がオランダ語の環境に早く馴染めるようにと,自宅でも彼が暗誦するオランダ語やオランダ語の歌を聞いたり,理解が難しい単語の意味を教えたりしていた。だけど,それらには彼を勇気づける以上の意味は殆どなく,やはり彼自身の「コミュニケーションしたい」という強い欲求こそが,オランダ語の習得を後押ししたのだと思う。それで,前回の記事の最後に,言葉の習得には社会環境が大いに関係するというようなことを書いた。だから,言語の習得で最も手っ取り早いのは,その言語を使わなければ生活できない環境に入り込むことである。語学留学などが奨励されるのはそういった理由だ。
だが,それが子どもである場合には,二つの大きな問題が横たわる。

一つは社会化(ソーシャライゼーション*下記)の問題。
子どもに外国語を習得させるためにこの方法を選択した場合,子どもを本来彼の所属すべき社会集団から分断してしまう危険性を伴うことになる。なぜ危険なのか,その理由は,社会環境は,言語の習得だけではなく社会化の役割を持っているからだ。子どもにとって,学校(幼稚園や保育所を含む)という場は,家庭の次に主要な社会性を身に付ける場所である。ところが,早い時期に子どもを準拠集団とは異なる環境に置くと,外国語の習得はおろか,必要な社会化ができない(または混乱が生じる)ために,本来その子が獲得すべきであった準拠集団の価値観や生活習慣等(母語の確立を含む)が身に付かず,民族的アイデンティティに混乱が生じてしまう恐れがある。このことは,子どもがその時期に外国で生活することになる者にとっても,必ずつきまとう問題であり,国内でも,日本に居住していながら幼児期からインターナショナルスクールへ通学させたため日本語(母語)が確立できないでいる子どもや,地域にうまく溶け込めずに不登校となってしまった結果セミリンガルになってしまった南米移民の子どもの事例が,しばしば新聞等で報道されている。

もう一つの問題は,同じ言語を使用していても単語が内包する意味が異なるために,言葉の持つセンスにズレが生じること。センスのズレとはどういうことか。例えばこういう単語により,うまく説明できる。
 日本語の

は,オランダ語では,
rijk (主権国家の権力の及ぶ領域(=範囲))
staat (国家組織)
natie (先祖や言葉などを共有する人々の集まりとしてのくに,国民)
land (領土)
など,それぞれの側面により別の言葉で表現される。したがって,Wikipediaの「」の項にリンクされたオランダ語は現在のところ,ない。
 (同様に,英語の life は,日本語では,より細分化された意味により構成される。)
以上のような違いがあるのは言葉が歴史を体現しているから。領土と権力の及ぶ範囲と民族がほとんど一致している日本では,国という言葉は無意識に極めて広い意味を込めて使用される。ところが,境界線が西に東にと移動し,フランスの一部となったり神聖ローマ帝国の一部となったオランダの人達にとって,日本人が発する「国(例えば英語で"in my country"という場合)」は,曖昧模糊としており,場合によっては誤解される恐れもあるのでは,と考える。
母語として獲得した言葉には,そういった背景が自然と組み込まれているので,同国人同士での会話では暗黙の了解事項であるはずだが,異なる環境で言葉を獲得した場合は,国籍と言葉のセンスにギャップが生じるので注意が必要だ。

極端な話では,私の知人に多言語の環境(両親がドイツ人とフランス人で,オランダで生活しながら英語のインターナショナルスクールに通うような感じ)で育った人がいるが,天才的に語学に長けてはいたのだが,思春期に心を病んでしまった。因果関係をここで細かに説明することはできないが,監護する者が余程気をつけてバランスを保たなければならないのだ,と思った例だ。これはあまりに特別な話で,普通に在外生活を送っておられる方を脅すつもりは全くない(もし,そう思われたら,それは真に申し訳ないと思う)が,私にとってはバイリンガル(マルチリンガル)って何だろうか?と考える契機となり,子どもを多言語の環境に置くことについて,それなりの覚悟を持って臨むことができた。
私の子どもについて幸運だったのは,渡蘭前の3年と半年ほどの間,彼は保育所に通い,日本式の社会(集団)生活を体験していたことだ。この体験は,彼にとって二つの意味で有益だった。一つは,親から離れる訓練ができていたこと。もう一つは,欧州の習慣を,自分の生活習慣とは異なる「欧州のもの」として受け入れることができたことだ。それに加えて,外国語の習得に関しては,最初の1年間通った学校がオランダ語教育を目的して設置された小学校/taalschool だったので,彼と同様にオランダ語を習得中の「外国人同志」と一緒に頑張れた。しかしながら,この2年間という短期間の滞在でさえ,私達と彼との間に言葉のセンスにズレを生じさせることとなった。私達が「オレンジ」という時,彼の頭には果物のオレンジ/sinaasappel とは別の言葉「オレンジ/oranje」のイメージを同時に思い浮かべるだろう。英語のオレンジ/orange は日本の蜜柑を指すかもしれないが,オランダ語では"mandarijn(マンダライン)”という全く異なる単語が割り当てられる(厳密には,オランダ語と同様,英語でも"mandarin(マンダリン)"と呼ばれる)。そして,後者の"oranje(オランィエ)"は,オレンジ色の他,オランダ王室やオランダのサッカー・ナショナルチームを指すこともあり,こうして言葉に対し経験の少ない彼が,頭の中である言葉を解釈するため,慣れ親しんだ別の言語に変換中に,その言葉の持つ複数の意味で混乱をきたしたとき,彼が次の言葉を発するタイミングは普通の人より遅れる(彼にとっては,「別のことを考えていた」と表現される)。同様に,「川」や「海」,「山」といった言葉のイメージも,オランダで生活したことにより随分変わってしまったようだ。ただ,私の子どもの場合は在外生活が2年間と比較的短かったので,今後日本での生活がそれを上回るようになり,日常生活で使用しないオランダ語を忘れていくにつれ,思考経路の遠回りは修正されて,語感のズレは次第に小さくなると予想される。
ちなみに,私の子どもは,渡蘭前にひらがなの読み書きとカタカナの読みの学習は終わっていた。カタカナの書きと1年生で学習する漢字を在蘭中に自宅で学習したのだが,漢字については,歩留まり率があまりよいとは言えず,確実に覚えるまでには相当の反復練習を要した。同時に,小学校ではアルファベットの読み書きを学習していたが,こちらは短期間の割にはかなり上達したように思う。一方,帰国後は,日常生活に日本語(漢字)が溢れているので,まだ学校で学習していない漢字も自然に覚えることができるようだ。そして,オランダ語の単語は加速度的に忘れている。言葉とはそういうものだ。それでいい,と思うのだが,時々刺激を与えてみようかとも思っている。(これは完全なる私の好奇心から)。

   ※   ※   ※

あと少し続くのですが,投稿文字数制限のため,ここで一旦投稿します(最終回にならなかった…汗)。続きは近日中に。


* 社会化(socialization) 
個人が他者との相互行為を通して,諸資質を獲得し,その社会(集団)に適合的な行動のパターンを発達させる過程。つまり人間形成の過程。
(ネット上によいリソースがなかったので,社会学小辞典の同項から,私が用いた意義にあたる部分を引用した。)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事