道楽おっさんの日々

プラモやら遊びやらグチやら(当ブログはリンクフリーです)
なんとか上下のグリップエンドと後部の押しボタン部分の部品も出力できたので、
一応全体形状が出せました♪
イメージ 1

手に持つとこんなくらいのボリュームです
イメージ 2

スグに出してこれた1/1ガン関係との比較はコレくらい…
けっこうブットイ銃になっちゃいましたw
イメージ 3

取りあえず中にポンプを仕込んで組み直してみましたよ
接着してないので水は入れられませんがw
イメージ 4
慣れると案外持ちやすい銃かもしれません
銃口が手首関節のまっすぐ延長線なので、反動で銃身がブレたりしなさそうですし
(その分、反動はストレートに手首に来るんですけどw)

これで取りあえず切りのいいトコまで進んだので、
しばらくしっかり日光に当ててレジンを完全に硬化させきってから表面処理や塗装などの工程ですかね〜

この記事に

開く コメント(22)[NEW]

(2019/2/11 15:00 画像2枚追加)

この三連休中にデータ世界から現実世界に引っ張り出してこようと思って頑張ってます♪

3Dプリンタの出力はしばらくぶりだったので、小さめで簡単そうなマズル部分のパーツを出してみました
一発目から上手く出てくれたので、設定も問題なさそうです
イメージ 1

水鉄砲のノズル固定用の穴あけ部分の成型も、ちゃんとキレイに出来てます♪
イメージ 2

ガンガン行こうぜ♪
勢いに乗って銃身部分のパーツも出していきました
今回は複製するとか考えなくて良いので、テーパー円筒形状でイッパツ出力にしました
この方がきれいに出てくれますしね
イメージ 3
UVマスクとして機能しているモノクロ液晶のピクセルによる表面のギザギザは仕方ないですが、
そのギザギザ分だけパーツが「太る」ので、
円筒嵌め合いの精度が、いわゆる「締まり嵌め」になってしまうようで、そのままでは組めませんでした…
まぁオスメスともに表面のザラザラを消す程度にヤスリかけてやれば

ごらんの通り、茶筒並みのキュッポン精度で組み合いましたよ
イメージ 4

水鉄砲のノズルはめ込み部分も同じ理由で穴が少し狭くなっちゃってましたが、少しコリコリして合わせました
イメージ 5


グリップ部分はポンプの組み込みの為と3Dプリンタの出力サイズ限界の都合で分割に
チョットめんどくさくなってきたので左右パーツをいっぺんに出力しました(×2回)
イメージ 6

コレを切り離してプリンタのレジン液を接着剤代わりにして合体させます
なんせ、パーツ自身と全く同じ素材ですし、
作業も早いしダイソーのレジンよりも圧倒的に安いし(そもそも買ってくる必要ないしw)
イメージ 7

で、現状ココまでパーツが揃いました
なんとか今日中にパーツの出力は終えたいなぁ…
イメージ 8

あと残ってる部品はトリガーボタンとグリップエンドの突起部、それから銃身根元のシマシマ部分です
で、なんで銃身から順番にやってないのかという理由が…
このシマシマパーツだけ、何度やっても途中で成型不良起こしちゃったんですよね〜
どうやら断面積がいきなり極端に変わるときに、面積が狭い側の引き剥がし力が足りなくて
硬化したての新しい層がパーツから剥がれて、マスク側に残っちゃうみたいです
イメージ 9
なので3Dデータの方を修正して、ただいまリベンジ中です

それが上手くいけば、ボタンやグリップエンドをまとめて出力して…深夜にはパーツが揃うかなぁ
パーツが揃えば、いよいよ手が動かせます♪

(2019/2/11 15:00 画像2枚追加)
うまくいってなかったシマシマパーツも無事出力できたので、仮に組み合わせてみました♪
グリップ部分は、まだ接着じゃなくて透明ビニルテープ止めですがw
イメージ 10

資料に用いた画像の100%表示と比較です
もくろみ通り、手が小さいワタシにはやや大きめのサイズになりました
あとは上下のグリップエンドと押しボタンのみ!出力完了が今夜遅くになりそうなので、
そのままプリンタ内に放置しといて明日の帰宅後に取り出しの予定です♪
イメージ 11

この記事に

開く コメント(20)

実質的には一つ前の記事からスタートしましたが、
その後、どうにかこうにか?実際に組立可能そうなモデルに調整できたと思います♪

内部構造はこんな感じです
ダイソーで買える3個入り水鉄砲のポンプとノズルと給水孔キャップをそのまま流用♪
チューブは、長さが足りないので外形3.2mmのチューブを別途用意しました
イメージ 1

外見はこんな感じです
ポンプの押しボタンはやむを得ず露出してますが、
給水孔は上側グリップのとんがった部分を外してからキャップを開ける構成にしているので
普段は内部に隠れています
イメージ 2

パーツ構成はこんな感じ
対称形のパーツを繰り返し使用する事によって、万が一の量産(笑)にも即応可能♪
イメージ 3
また、ポンプや給水キャップ用の穴は実は塞がってて、所定の寸法の円形に薄く整形してます
水鉄砲ギミック無しで組みたい場合は、そのままパーツを無加工で使用するって寸法ですね

イメージ 4

これから順次パーツを出力してみますが、試作1号でイッパツOKといきたい物ですw

この記事に

開く コメント(20)

1月後半は、こまごまと入手物が有りました

ついつい後回しにしてるうちに、いよいよ店頭在庫も少なくなってきたINFINITY版グレートマジンガー、
先日の大阪モデフェスで明石小五郎氏からゆずっていただいた、忍者キャプター(Bセット)の相方になるAセット
1パックで充分なのですが、2パック抱き合わせでヤフオクに出ててポチったら獲れちゃいましたw
もし欲しい方がおられたら、1パックは譲渡可能ですよ〜
イメージ 1
あとは、ダイソーで買ってきた3挺入りの水鉄砲とコミック2冊でした

(2019/2/2 画像追加)
貼り忘れてたw
先日、明石さんからいただいた『Bセット』との並べ画像です
ごらんのとおり、火忍がダブりとなってABで全員揃う構成です
昔のシュリンク品だからか?全部がどこかしら箱ツブレが有りますねw
イメージ 10

<プラモ作業について>
ここ1週間は、戦車の作業はネタ降臨を待ってて中断中です
替わりに、しばらく放置してた戦闘ヘリ・バイソンの工作に着手しました
イメージ 2
取りあえずは各部の突出部を引き込み式にしてみて、
ブルーノアの収納スペースに収まるようにイジってみようと思ってます

ん〜で。
先日の「戦士の銃水鉄砲」とか、TACガンとか、
手元に有る作業途中の「守兄さんのコスモガン」とかを見てるうちについムラムラっとしちゃってW

こいつをね、作ってみようかな?なんて思い立ちまして♪
イメージ 3
当時のアニメ画面上では終始片手で扱ってましたが、両手持ちで使うのが正式なのかもしれませんね
いわゆるサブマシンガンや機関けん銃的な武器なのかもしれません

ネット上で探すと、それなりに知名度が有るガジェットだけに、複数の立体物の写真が見つかりました
イメージ 6
左はウェーブのガレキ、右は個人の方の作品
写真の角度にもよるかもしれませんが、個人の方の作品の方がやや太めで設定画に近いように思います

自分の手を基準に、「外人サイズ」の手だろうって事で、少〜しだけ大きく
(写真では画面が奥なので小さめに見えてますがw)モニタに映して、
画面から直に採寸してw
イメージ 4



3D-CADで、こんな感じにヒネってみました
純粋に好み優先でグリップ周辺や付け根の機関部?のラインは角ばった感じにしてみました
イメージ 5

手元の3Dプリンタで出力する為、出力可能な大きさの範囲でパーツ分けして、
レジンを節約するためにシェル化して内部を空洞に…
イメージ 7

断面図はこんな感じです
イメージ 8
で、この画を見てたら「…こら、水鉄砲化やな、やっぱし♪」となりまして
冒頭の買い物一式の中にダイソー水鉄砲が含まれることになりましたとさ♪

イメージ 9

これからの作業は、
買ってきた水鉄砲のポンプ部分を取り出して採寸し、このモデルに組み込めるように固定部を加えてやって、
あとは、給水口やら何やかやの細々した形状のすり合わせを行って、問題なさそうなら出力ですね♪
慌てて進めてミスるとレジン代がツライので、波動エンジンの始動よろしくイッパツで決めなくてはなりません…
あわてず、急いで、正確に
を胸に刻んでボチボチ進めます〜

この記事に

開く コメント(24)

この1週間の進捗ですw

日・月の2日かけて、シャシーの組付けを進めました
前回も書きましたが、「そこ、何も別パーツにせんでもw」ていうところもあって、
多少気を使いながらも無事完了♪
ただ、ここには一つ「わな」が仕掛けられていましたw
イメージ 7
左右合わせて16個有る小さい転輪… 普通、こういうのって予めまとめて整形・組立て接着しといて、
シャシーの組立に合わせて所定の箇所に組み込んで…って流れっですやん?

2連車輪になってる転輪は左右2パーツ構成なんですが、中心部のピン長さが1mmほど長くて、
そのまま組み立てたらシャシーの組み込み部分の幅(実測6.5mm)に対して転輪の左右幅が7.5mmにw
幸い、こんなこともあろうかと注意深く一手順ごと進めていたおかげで、すぐ気づけたので、
ピンを1mm切り詰めてイナフでしたが、タミヤの戦車プラモ作ってる時みたいにガンガンやってたら…
一旦接着した転輪を、ピンを全部切り飛ばしてバラシて車軸植え直し(x16個)になってたところでした
くわばらくわばら、桑原正平w
イメージ 1

月曜日の作業後半からはキャタピラに♪
板にヒンジパーツを接着し、隣と組み合わせてからヒンジの相方をハメて接着(x36個)で片側分です
イメージ 2

ここにも転輪の時ほどではないモノの注意すべき箇所が…
車体後部のスプロケットホイールと前方のアイドラーホイールの厚みは実測で約3mmですので
キャタピラ中央部のヒンジの隙間はそれ以上を維持しないとハマらなくなります
イメージ 3

ココね♪
素直にバカチョンで組上げると3mm無かったりします
今回はハメ合わせてから溶剤セメントを流し込んで、タミヤの3mm角棒で押し広げながらのムニュ接着で
隙間幅を確保しました
厳密にいえば塗装膜のクリアランス無いんですけど、
別に床の上でジャコジャコ走らせて遊ぶわけでもないし、まぁいいやw
イメージ 4


で、水・木の二日間でもう片側も組んで、現状ココまで来ました(金曜日は飲み会でお休みw)
イメージ 5

裏側♪
イメージ 6

で、この期に及んで「仕上げについてはノープラン」だったりしますw
着手前、というかキットを買った時には「優勝トロフィー」にするつもりだったんですが…
「作っちゃお〜ゼ!」の〆切までにはまだ2か月もあるし、しばらく寝かせて神様のご神託を待つことにしますw

この記事に

開く コメント(18)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事