道楽おっさんの日々

プラモやら遊びやらグチやら(当ブログはリンクフリーです)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今年の静岡ホビーショーのレポ記事を書こうと思います
まず最初は自分事の諸々から

自宅のあるN県から、いったんO阪府北部のサークルメンバーをピックアップしに移動中、
数秒前まで並んで走っていたどっかのオニイチャンがパトにとっ捕まってたりとキモを冷やしつつ、
事故も渋滞も雨も無く、無事静岡に到着してセッティング♪
イメージ 1

例年どおり、半分弱のスぺースがF1作品です…が、
本来ウチは「クルマ系サークル」として登録されていますので、それ以外の方が多いのは実はムニャムニャw
イメージ 4

真ん中あたりがキャラ物エリアで…
イメージ 3

その隣が看板替わりともいえる「GM系」です
毎年数種づつ増え続けていますが、「公式デザイン有りのUC世界GM」括りの下でも未だにネタは尽きません
イメージ 2

kmasaさん、とめぞうさんとご挨拶してたり、昼飯に行ったりしてる間に
一時入れ違いになりかけた骸骨丸さんとも無事お会いできました♪
今回はザクと新作のリーオーも持ってきてくれたので「アオシマ時空」はさらに充実しましたw
お客さんにもウケが良くって「リーオー、新作ですよね?」なんて訊かれたりしました
他人のふんどしで相撲とるワタシw
イメージ 5

こちらは新作にも程がある、前夜に完成したという骸骨丸さん渾身のフル可動1/35スコタコ
ザックまで可動になってて、パラシュートザックが付いたマンマでの降着ポーズやらレンズの可動やら、
あげくターンピックまで可動という
「頭オカシイ(褒め)という言葉がぴったりの超絶作品でした♪
いじるのが怖すぎて自分では起立姿勢に戻せなかったよママン…
イメージ 6


その後、イリコさん、まぁちゃんさんにも無事お会いできました♪
その時に頂いた、自作の某宇宙人の複製がコチラ
イメージ 7
ホルスタイン星人(仮称)改め、怪人ホルスタイン男です
バリエーションのホルスタイン女をどなたか作ってくださいw

マットアローの展示用ターンテーブルに乗せておいたので、
こんなアングルでこの子らの写真撮って帰った人の何割かは、こんな状況になってるはずw
イメージ 14
土曜日の夜は骸骨丸さんに誘っていただいて、
イリコさん、くろたけさんともご一緒させてもらって静岡駅前でプチ飲み♪
こういうのは初めての事で、メッチャ楽しかったですが、なにせ前夜から一睡もしてなくってw
ノリが悪いと思われたかもしれませんが、あれでも例年のあの時間帯に比べればかなりマシな方なのですw
あの場に居た皆様、なにとぞご容赦くだされましw

例年なら定宿は静岡駅のすぐ近くなんですが、今年はなんか部屋が取れなくって・・・
少し離れた登呂遺跡の近くの宿でしたが、路線バスですぐだったので、移動はラクチンでした♪
風呂入って、部屋に戻ると即撃沈でしたが、非情な体内時計様に、翌朝は5時に起こされてしまいましたよ…


2日目には、久し振りのかさたなさんと、ごんちゃっく師匠に初のお目通りがかないましたよ♪
初日に引き続き、スゲェ状況が展開されています
ブライガーは下手クソに変形させちゃったせいでよく見ると少し曲がってますが、ご愛敬って事でヨロシクです
イメージ 8


こちらはウチのサークルのメンバー、琴野なりゆき氏の新作「1/4800 怪獣戦艦キングジョーグ」
電飾ビカビカで強力な観客誘因効果を発揮してくれていました
子供達には「ウルトラマンの敵」という認識が圧倒的な様でしたが…
違うんだよ、「アンドロメロスの敵」か、せめて「セブンの敵」なんだよw
イメージ 15
(こいつ、マクロス並みの巨体なんですね)

渋滞を避けようと、時間つぶしがてらに、
以前より気になっていたものの、実は行ったことが無かった「さわやか」で夕食をとりました
イメージ 9

250gゲンコツハンバーグ
丸くまとめた形で炭火で焼いて、最後に店員さんが目の前で切り開いてジューっとやってくれます
運が良ければカワイイおねぇちゃん店員に当たる様ですが、今回は若いお兄ちゃんでしたw
イメージ 16


今回の頂き物と現地購入品たち
イメージ 10

骸骨丸さんからいただいたお菓子と、轟雷ちゃん限定カラーキット、さらに「あのヨーヨー」
ヨーヨーは、意外にもちゃんと使えるしっかりしたものでした♪
ブラックマントの他のメンバーにまで頂いちゃって、ありがとございました♪
みんな、こういうの大好物ですので(^ ^)
イメージ 11

こちらはイリコ・キューピーさんから
ホルスタイン星人改め・ホルスタイン男の出来の良さよ♪
イメージ 12


こちらは「模型探偵団」の明石小五郎さまから頂いた物たち
モータボート用の船外機モーターと幌馬車の木製キット…メッチャ古そうです
日本製の木製キットをアメリカ向けに輸出していたのはプラモデルというモノが出る前でしょうから
昭和30年代とか下手したら昭和20年代後半あたりの品かもしれません
イメージ 17

こちらはフリマで買った品々
「まぁ、飛びつくほど安くもないけど、高くはないし」ってトコですね
イメージ 13

開く コメント(30)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事