鳥取総合診療セミナー

Hospital General Medicine - Tottori Seminar

全体表示

[ リスト ]

プライマリケアに携わる医師は、地域住民が抱えている健康上の様々な問題に適切に対応することが求められます。そのためには、常に自らの知識や技術を見直し、common disease の標準的診療や critical・curable な疾患を適切に診断できる能力を磨き続ける努力が必要です。
ある講演会でお話を伺う機会を得た藤田芳郎先生(中部ろうさい病院副院長)の「私は、生涯一研修医のつもりで勉強しています」というお言葉は、私にとって非常に衝撃的でした。
プライマリケア医が学び続けるべき領域は、初期研修医が学ばなくてはならない広範な領域と重なるものだと思います。そこで、平成25年夏、鳥取市立病院と連携して、研修医・医学生と共に学ぶセミナーを開催することとしました。臨床医学教育に情熱をお持ちの講師を招聘して、年2〜3回の開催を行っています。
素晴らしい内容のご指導を頂いても、それを記録に残さないでいると、記憶が薄らいでしまうのではと考え、ご指導いただいた内容をまとめ、(講演していただいた先生のご許可をいただいて、)ホームページ・本ブログに掲載していこうと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事