ここから本文です
R-MANの波乗りウィークエンド EAST&WEST
春夏秋冬・四季を通じた波乗り日記☆EAST編

書庫全体表示

記事検索
検索

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

期待はずれ『巴』

台風スウェルが届くかと思いきや、まったくのフラットです。

イメージ 1

内海からずっとチェックしての平砂浦『巴』は、物足りない脛サイズですが人は疎らで波は余っていました。

イメージ 2

引きいっぱいで、パドルアウトしつつもスケッグがリーフに当たりそうです。
サイズは小さくとも、リーフらしいソリッドな波です。

イメージ 3

体力が落ちたのが、レギュラーの波を12〜3本こなすともうへとへとです。

イメージ 4

お気に入りのTシャツも、だいぶくたびれてきました。

イメージ 5

「平砂浦 梅雨の晴れ間の よき波乗り」

こんな日もあるさと、ゆったりとサーフィンを楽しみました。

この記事に

理不尽な事が多くあり、やりきれない気持ちも多々あります。

イメージ 1

前を向く事より、足元を見据えます。


イメージ 2

サイドオンのギリギリのコンディションでしたが、わりに楽しく遊べます。

イメージ 3

気がつけば、この板も10年使っています。

イメージ 4


「梅雨入りまえ ホームポイント 五月晴れ」


この記事に


昨日のゴルフは散々でしたが、日曜日の今日は気を取り直して海へ向かいました。

イメージ 2

最近のポイントガイドには載っていませんが、ここは大好きなロケーションです。

イメージ 3

エメラルドグリーンの海面でテイクオフすると、小波でもテンションが上がります。

イメージ 4

少ない人数での波のシェアもノーストレスです。

イメージ 5

穏やかな空気の中、春らしいサーフィンを楽しめました。

イメージ 6

「穏やかな 陽射しの中の 春サーフィン」


イメージ 1

3799円で購入したシャワーは、充電式とシガーライター・USBの3WAYで意外と使い勝手は良さそうです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B079K6XDBK/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

この記事に

連日の南風で迷いましたが、久しぶりに鴨川を目指すことにしました。

イメージ 1

以前と異なり、『待崎川河口』は駐車場には入れなくなっています。サイドオフですこし波面はザワついていますが、人も少ないので遊べそうです。

イメージ 2

椰子の木が南国ムードを醸し出します。鴨川は温暖で、半月状の湾を持つので北東〜南西までかわす素敵なエリアです。

イメージ 3

オンに振れてきたので1時間ほどで波乗りを終えました。その後、鴨川の名鮮魚店泉さんでアカハタを手に入れ、久留里の銘酒『福祝』のあてで楽しみました。

「アカハタを まるまま焼いて 舌鼓」

今日は3ミリジャージフルでの今シーズン初エントリーでした。例年よりも少し遅めです。

イメージ 4


この記事に

East End『波崎』南風

南風が強く吹く予想のゴールデンウィーク最終日は、混雑を避けて何年かぶりの『波崎』へやってきました。

イメージ 1

千葉との県境で銚子の隣町の波崎は、日本の東端に限りなく近いポイントです。
(鹿嶋方面から南下するとシーサイド道路の危険な私有地はまだ存在しているようなので、不用意に近づかないようにしましょう。70年代ホラー映画のような羽目に陥るようです。)

イメージ 2

ストレートの南風を交わしますが、砂浜が広いので海までたどり着くのに少し苦労します。

イメージ 3

典型的なビーチブレイクですが、形の良い速い波が割れています。

イメージ 4

人も少なく、嬉しいコンディションです。園芸用の200円のゴム手袋が、この時期の鹿島灘のサーフィンにぴったりのクローブになります(笑)

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

レフト・ライトともに、久しぶりの満足のいくサーフィンを楽しめました。

イメージ 9


「この季節 夏の便りの 南風」
水温はまだまだ冷たいですが、気温は28度まで上がりました。


イメージ 10



その後、ゴールデンウィークの黄昏に千葉の銘酒『福祝』を楽しむため、鮃・つぶ貝・そして煮付け用のきんきを銚子の常陸屋さんで手に入れました。

イメージ 11

今気づきましたが、このブログも10年続いていたようです。。

この記事に

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事