ここから本文です
国際山岳ガイド 山下ブログ
ガイド記録や思いつくまま

上高地周辺アイス

中千丈沢以外はアプローチ遠いです。
しかし穂高のアルペン的な雰囲気がいい感じ。

イメージ 1
先週からの降雪で穂高が美しい。

イメージ 2
最近の冷え込みで氷結アップか。

イメージ 3
北アルプスの山をバックにしての登攀は気持ちいい。

イメージ 4
周りも岩壁なので爽快。
が急に天気悪化し、風強くなり寒い〜。

イメージ 5
大正池に流氷〜、じゃないです。
家から日帰りで行けるなんて、いいとこ住んでますわ!

おまけ
イメージ 6
2236峰南面下部の氷柱。
2018年3月のだけど、今年は繋がってなかった気がしたが。

この記事に

谷川岳東尾根

イメージ 1
一ノ倉沢を巻く劇場(滝沢スラブ、烏帽子奥壁、衝立、コップ)
を見るとピリッと身が引き締まる。

イメージ 2
左方ルンゼ、状態いいです。珍しく誰もいなかった。
前日の降雪で中間稜悪そうだもんね。日が当たるとスノーシャワーも。
ここだけWI3を4P登って下降するのはアルパインルートとして勿体無い。
このルートは左方ルンゼが終わった後の一ノ沢二ノ沢中間稜が核心だから。

イメージ 3
この、うねる雪稜は、剣岳八ツ峰下半上半と共に
日本を代表する雪稜だと思います

イメージ 4
昨年より積雪多いんですが。
今年は3月16日での入山禁止は勿体無い。

イメージ 5
右シーラカンス?左がピラニアかなあ。

イメージ 6
BDのアックス スイフト
色とBDらしい丈夫なところが気に入ってます。美しい。
ガイドにベストなアックス。

この記事に

2019年3月第1週の八ヶ岳

先週ですが。

イメージ 1
降雪続き膝〜腰ラッセル。
トレースがあると一般ルートと思って人が入ってくるのが八ヶ岳のあるある。

イメージ 2
八ヶ岳から見る北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳はいつも素晴らしい。

イメージ 3
搬送訓練。中身は卵。
ツエルト搬送では要救助者は10分も耐えられないです。

この記事に

気温上がり冬終わりじゃん、と思ったら意外と遅べました。
結構充実した週でした。

イメージ 1
白馬岳主稜。北アルプスも雪少ない。
もう代掻き馬が見えます。

イメージ 2
岩根アイス講習は無事登れてよかった。
初冬の八ヶ岳かと思ったら湿雪30cm降り、
赤岳登頂も重い雪かけ分けながら。

イメージ 3
刃渡り沢行ったらめっちゃ氷結いいじゃん。

イメージ 4
いつもより氷結いいかも。

イメージ 5
最初から最後まで氷が露出して繋がってた。

イメージ 6
尾白川林道の途中にある甲斐駒石。
昔は看板があったんですが。

この記事に

能取岬と層雲峡へ行ってきました。雷電海岸は事情により中止。
自宅に戻ってきたら気温高く近場のアイスは終了間近〜。
北海道安定した氷結。
来年も企画しますので、ご予約お待ちしてます。

イメージ 1
今年は流氷来てたー。
この知床半島の山並みの景色は素晴らしい。
網走来る前は-20度以下だって。地元の人も初めてと言ってました。

イメージ 2
流氷には乗ってはいけません。
我々はつい興奮してしまいました。

イメージ 3
今年氷結悪いが、これらはトポ以外の氷。

イメージ 4
名物の氷瀑。上をオジロワシが舞います。

イメージ 5
これも無名の氷柱。

毎日アイスクライミングと食を満喫。
その後楽しい電車の旅で旭川ー層雲峡へ。
こちらは毎朝晩バイキングと温泉で幸せ。

イメージ 6
錦糸の滝。石狩川沿は風強く寒い。

イメージ 7
寒いついでに銀河の滝も。

イメージ 8
完璧なADT

イメージ 9
2日目はショートルートへ。

イメージ 10
北海道の氷のグレードはそのままWIグレードに近い感じです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事